NO FOOTY NO LIFE

    


【ポルトガルの反応】「別人のようだ」中島翔哉、復活のアシスト!躍動して現地サポから称賛続出!

中島翔哉

※追記しました
リーガNOSは24日に第5節が行われ、ポルトとジル・ヴィセンテが対戦した。

チャンピオンズリーグで善戦するもマンチェスター・シティに敗れ(1-3)、直近公式戦3試合勝利のないポルト(1分け2敗)。勝利を取り戻したい一戦で、中島翔哉がスタメン入り。マン・C戦で7カ月半ぶりの復帰を果たしていた日本代表MFが、今年3月7日のリオ・アヴェ戦(1-1)以来の先発出場を果たした。

すると、中島はいきなり結果を残す。41分、敵ボックス左際でパスを受けると、1トラップから鋭いクロス。エヴァニウソンの先制弾をアシストした。このパスには、『Futbol Portugal』のナウエル・ボウ記者も「ショウヤ・ナカジマにはなんという才能があるのだろう。今季はもっと重要な存在にならざるを得ない」と絶賛している。

ポルトはその後、59分にPKを獲得するもウリベが失敗。中島は68分、70分と危険なシュートを放ち、攻撃をけん引していく。しかしポルトは74分、サヌーシが2枚目のイエローカードで退場処分に。試合終盤で数的不利に陥る。すると79分、コンセイソン監督は中島をベンチに下げた。先発復帰戦は1アシストの他、チャンスに多く絡むなど印象的な活躍を見せた。

ジル・ヴィセンテでは85分、藤本寛也が途中出場を果たす。しかし試合はこのまま終了し、ポルトは1-0で公式戦4試合ぶりの勝利を手にしている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d02a6212d08e5440cd835f68fa60e34d3903dd9d
FC Porto 1-0 Gil Vicente Nakajima assist

中島翔哉のタッチ集(YOUTUBE)

ポルトのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

中島翔哉のアシスト動画】 【ゴール横からの動画

・あの崩しよ、パス回しから、中島のクロス、そしてエヴァニウソンのゴール、完璧だ



・中島 → エヴァニウソン、これからゴールを量産するコンビになるだろう



◆中島の美しいアシストだ!!!!



 ・あれはシュートだよ



   ◆彼のことが好きではないからそんなことを言うんでしょ



・中島のことを悪く言っていた奴ら、ほらアシストだよ


   

【スペインの反応】「脱帽だ」乾貴士、デビュー戦で躍動!観客から拍手喝采!現地サポから称賛続出!

乾貴士

ベティスからアラベスに期限付き移籍した乾貴士は11日、レバンテ戦で加入後初出場を果たし、後半43分までプレーした。チームは2-0で勝った。12日のスペイン紙各紙では高評価を得た。

マルカ紙は「日本人(乾)は良いイメージで新しいサポーターからオベーションを受けてベンチへ下がった。ジョニーとともに両サイドでプレーし、左サイドで輝いた。98年のアラベスの歴史で初めてユニホームを着た日本人。10回ボールを奪い、22本のパスのうち18本成功」などと伝えた。

アス紙は「(逆サイドの)ジョニーとのポジションチェンジからの突破で、チームに奥行きあるプレーを取り戻した。後半16分、カリェリとのコンビで日本人は左足より右足のが得意であるところを示した」。

ムンド・デポルティボ紙は「アラベスはラグアルディア、ジョニーのゴール、期待通りの活躍を見せた乾から、ベストのバージョンを取り戻した。(乾は)前半の主役だったが、後半はエネルギー切れ。右でスタートしたが、ハーフタイムまで左でもプレー。高い技術を見せ、相手ゴールを狙ったが、決定力はなく、相手GKを驚かせることはできなかった」とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-20000801-nksports-socc
Inui takashi debut for Alaves

乾貴士のタッチ集

アラベスのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

ベティスサポ>
・乾に拍手喝采。【動画】 日本人が好ゲームをした。
 うちは選手放出でも的外れで、直接のライバルを強化している。



ベティスサポ>
・乾が大喝采を受ける。ベティスが直接のライバルを強化するために
 お気に入りの選手を放出するのは理解できないね。



スペイン
・メンディソローサで乾が拍手喝采を受ける
 日本人の素晴らしいデビュー戦だった
 彼にはこれで昨年の彼のファンタスティックな
 レベルのプレーを取り戻して欲しいね



アラベスサポ>
・乾の見事な試合。自信がみなぎり卓越していて
 抜け目のないプレー。気に入ったよ。


   

【ドイツの反応】「バイエルンに通用した」大迫がバイエルン相手に躍動!現地ケルンサポが賞賛!

大迫勇也

ブンデスリーガ第6節が10月1日に行われ、FW大迫勇也が所属する3位ケルンは、開幕5連勝で首位に立つバイエルンとアウェーで対戦。40分に先制されるも、63分にアントニー・モデストゴールで追いつき1-1で引き分けた。大迫は5試合連続で先発し、終了間際の88分までプレーした。

 ケルンは今シーズン3勝2分けと好調のチームらしく、バイエルンの連勝を止めて勝ち点1をもぎ取ることに成功。地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』の試合後採点でも、GKティモ・ホルンの「1.5」を最高点に「2」が1人、「2.5」が2人と引き分けという結果にしては高い点数が並んだ。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 大迫は他2選手とともに「3」という平均的な点数となったが、寸評では「GKマヌエル・ノイアーが難なく抑えたが、チーム最初のシュートを放った。この試合でも最近の好調ぶりを見せつけると、後半はその本領を発揮した。何度もボールをキープし、質の高いパス、闘争心あふれるプレーが見られた」と、3試合連続ゴールこそ逃したものの、王者バイエルン相手に堂々とプレーしたことを称えた。

 地元紙『EXPRESS』は、同点ゴールモデスト、GKホルンら4選手に「2」をつけたが、大迫は「3」と平均的な点数だった。寸評では「ロングボールを収めることに懸命だった。後半はもっと試合に参加してもよかっただろう」とし、『Koelner Stadt-Anzeiger』とは、後半のパフォーマンスに対する評価が分かれた。-サッカーキング

osako against alonso bayern

   
GIANT KILLING(57) GIANT KILLING(57)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2021年 1/28 号 中村憲剛引退記念本 (18シーズンを完全網羅)
2020 Jリーグ総集編 2021年 2/8 号 エル・ゴラッソ イヤーブック 2020 J1 ・ J2 リーグ シーズンレビュー (エルゴラッソ)
Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2020 (エルゴラッソ) NumberPLUS「永久保存版 ディエゴ・マラドーナ」
DAYS(41) (講談社コミックス) ブルーロック(12) (講談社コミックス)
最新記事
【イタリアの反応】「本物だ」冨安健洋、Cロナウド相手に冷静な守備披露!現地サポから上々の評価!
【スペインの反応】「すげえ」レアル中井卓大、豪快ゴール!海外のレアルファンが絶賛!
【ドイツの反応】「批判されすぎだ」鎌田大地、アシストを含む4得点に絡む活躍!現地サポが称賛!
【海外の反応】「事実なら終わりだ」レアル、財政危機でハーランドやエンバペを買えないと現地メディアが報道!
【海外の反応】「悲しい」日本政府、東京五輪中止が必要と非公式に結論!英タイムズ紙の衝撃報道に外国人は落胆..
【海外の反応】「なんだコレ」武藤嘉紀、アトレティコからPK獲得..GKドミトロビッチが決めて海外のファンが驚愕!
外国人「市場価値が爆上がりするぞ」鈴木優磨、2戦連続2ゴール!得点ランク3位に浮上!現地サポが絶賛!【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR