NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「恥を知れ」アジア王者鹿島からまさかの落選!AFC年間最優秀選手賞の選出に批判続出!

アジア

アジアサッカー連盟(AFC)は28日、オマーン・マスカットで2018年の年間表彰式を行い、男子の年間最優秀選手にカタール代表のDFアブドゥルカリム・ハサン(Abdelkarim Hassan)が選ばれた。

 25歳のハサンは、AFCチャンピオンズリーグ(AFC Champions League 2018)制覇を果たした鹿島アントラーズ(Kashima Antlers)の三竿健斗(Kento Misao)と鈴木優磨(Yuma Suzuki)が対抗馬だったことから、今回の受賞を予想していなかったことを認め、「日本人選手2人とノミネートされて光栄だった。勝てるなんて思ってもみなかった」とコメントしすると、欧州に主戦場を移すことに意欲を見せた。

「この受賞によって、欧州でプレーする機会が与えられることを望んでいる。欧州リーグでプレーするためのメンタリティーは持っている」

 ユース時代にカタール代表の年間最優秀選手にも選ばれた実績があるハサンは現在、スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)でプレーしたシャビ・エルナンデス(Xavi Hernandez)と同じカタール1部リーグのアル・サード(Al-Sadd)に所属。昨季からはベルギー1部リーグのクラブでカタール資本のKASオイペン(KAS Eupen)に期限付き移籍を果たし、10試合に出場した。

 ハサンはカタール代表としてこれまで計69試合でプレーしており、2022年W杯カタール大会(2022 World Cup)では母国代表の中心選手の一人として活躍が期待される。

 一方、男子の年間最優秀監督賞には鹿島を率いる大岩剛(Go Oiwa)監督、女子の同賞には日本代表の指揮を執る高倉麻子(Asako Takakura)監督が選ばれ、日本勢の2選手が受賞を逃した悔しさをはらした。
http://www.afpbb.com/articles/-/3199687

AFC Annual Awards Oman 2018 nominees announced

   

【フランスの反応】「日本人選手は..」昌子源、仏1部トゥールーズ移籍報道に現地サポは..

移籍情報

フランス1部のトゥールーズが、鹿島のDF昌子源(25)の獲得に動いていることが分かった。複数の関係者によれば、既に金銭面での細かな条件を含む正式オファーを鹿島に送付。昌子はW杯後に5億円以上の海外オファーを断った経緯があり、今回はその額を超え、欧州でプレーする日本人DFのトップクラスに匹敵する条件提示とみられる。鹿島は金銭面ではなく、クラブに必要な人材であることから強く慰留している。

 W杯ロシア大会では、ベルギー戦でルカクを抑えるなど国内組の中で唯一の主力として大奮闘。以来海外からも注目株となっていた。夏にはフランス1部ストラスブールなど複数のオファーが届いた。元々薄かった海外移籍への興味が強まっていたがクラブから強く慰留された。「ACLを獲るために残った」と残留を決断した経緯があった。

 トゥールーズは1970年創設で、03―04シーズンから今季まで16季連続で1部に在籍。06―07シーズンには初めて翌年の欧州CL予選出場権を獲得した。フランス1部にはパリSGのネイマール、フランス優勝に貢献した19歳のエムバペら世界屈指のFWが在籍しており、対峙(たいじ)することで世界レベルの守備力へと磨かれることは間違いない。W杯後に負傷した左足首も過密日程をこなせるほどに回復し、念願のタイトルを獲得。「去年は悔しい思いをした。このタイトルだけは本当に欲しかった。20冠目でACLを獲れたのは自分にとっても鹿島にとっても縁だと思う」。悲願のタイトルを置き土産に、海を渡る日が来るかもしれない。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/11/12/kiji/20181112s00002179156000c.html

kashima antlerss shoji rumoured to go to toulouse

   

【海外の反応】「おめでとう」鹿島アントラーズ、悲願のアジア制覇達成!ACLを日本勢が連覇!

アジアチャンピオンズリーグ

※追記しました
鹿島アントラーズがクラブ史上初のアジア制覇を果たした。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が10日に行われ、鹿島はイラン・テヘランのアザディスタジアムでペルセポリス(イラン)と0-0のドロー。2試合合計2-0とし、8度目のACL挑戦でクラブ史上初のアジア王者に輝くと同時に、主要タイトル通算20冠を達成した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?258878-258878-fl

Kashima Antlers win first Asian Champions League

   

【海外の反応】「どこも止められない」鹿島、2-0先勝でアジア初制覇へ大きく前進!日本勢連覇へ王手!(ACL決勝)

アジアチャンピオンズリーグ

※追記しました
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は3日、決勝第1戦を行い、クラブ悲願のアジア制覇を目指す鹿島アントラーズはホームでペルセポリス(イラン)と対戦し、2-0で勝った。ともに初の決勝進出を果たした両チームによるファイナル第1ラウンドはホームの鹿島が先勝。初のACL制覇、主要タイトル通算20冠に王手をかけた。第2戦は10日にイラン・テヘランのアザディスタジアムで行われる。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?258223-258223-fl

Kashima Antlers 2-0 Persepolis ACL finals

   

【海外の反応】「逆転の王様だ」アジア制覇を狙う鹿島アントラーズをイラン人はどう見ているのか?

アジアチャンピオンズリーグ

persepolis-fc_kashima-antlers ACL final

イランサッカーフォーラムから海外の反応をまとめました

・水原対鹿島の第1戦をフルで見たが、スペシャルな試合だった 
 確か2点差からの逆転劇だったと思う..



・鹿島の選手で出場停止や怪我などで出られない選手はいる?



 ・Transfermarktによると主力のレアンドロ(元ブラジル代表)と
  内田(シャルケで153試合に出場していた)が怪我をしている



・初戦がアザディスタジアムでの試合なら最悪だ。
 韓国で3ゴール決めた鹿島がアザディでゴールを決めると断言できる。
 公平に言ってうちの守備はクソだ。



 ・第1戦は日本でやる、第2戦はイラン


   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗
【海外の反応】「ベッカムってどれくらい凄かったの?」
【海外の反応】「待ちきれない」中島翔哉のウルブス移籍が80%完了!ポルティモネンセ会長が証言!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR