NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「魔法使いだ」乾貴士、2ゴールの大活躍!現地サポが絶賛!ラリーガ通算7万ゴール目を記録した選手に!

乾貴士

※追記しました
エイバルは21日、リーガ・エスパニョーラ第17節でジローナに4-1と快勝した。この試合で3ゴールに絡む活躍を見せたMF乾貴士は、スペインメディアからも大絶賛されている。。

前節でもゴールを挙げ、好調を維持して本拠地「イプルーア」での試合に臨んだ乾は、開始わずか41秒でゴールを奪う。左サイドから得意のカットインをみせ、今季リーガ最速となるゴールを挙げた。

その後も絶妙なヒールパスから2点目の起点となると、54分には昨季リーガ最終節バルセロナ戦以来の2ゴール目を奪い、チームの大勝の立役者となった。

スペイン『マルカ』紙は、大活躍の日本代表MFに、両チーム合わせて単独最高点となる「3」をつけた。試合レポートのタイトルを「乾がクリスマスプレゼントをイプルーアに届ける」とし、本文では「イヌイがエイバルのクリスマスパーティーを開くまで、41秒しかかからなかった。日本人はヨーロッパリーグ出場権を狙うエイバルの素晴らしい2017年を仕上げた」と絶賛している。

なおスペイン『アス』によれば、乾の2ゴール目はリーガ・エスパニョーラ通算7万ゴール目になった。乾は、今季最終戦を素晴らしい形で締めくくっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000034-goal-socc

inui goals against GironaFC

   

【オーストリアの反応】「スーパーだ」南野拓実、2ゴールでMOMとベストイレブン選出!現地サポも称賛!

南野拓実

レッドブル・ザルツブルクの元日本代表MF、南野拓実が復活の狼煙を上げる2ゴールだ。
 
 日曜日のオーストリア・ブンデスリーガ14節、ザルツブルクは敵地でのザンクト・ペルテン戦に臨み、3-1の快勝を収めた。南野は膝を負傷した5節(8月20日)の同じザンクト・ペルテン戦以来、9試合ぶりの先発出場を果たした。
 
 開始早々の6分に先制を許したザルツブルクだったが、トップ下に配された南野は立ち上がりから果敢な姿勢を見せる。19分に放った至近距離弾は枠を外してしまったが、35分に敵ゴール前で幸運を得た。味方のMFヴァロン・ベリシャのショットを相手GKが痛恨のファンブル。目の前にこぼれた球を倒れ込みながらねじ込んだ。開幕戦以来となる今シーズン2点目だ。
 
 ザルツブルクは54分にPKで逆転に成功し、南野は後半も攻守に軽快な動きを披露。そして迎えた80分、右サイドからのMFシュテファン・ライナーの完璧なクロスをドンピシャヘッドで合わせ、試合の趨勢を定めた。その直後の81分、お役御免でピッチを退いた。
 
 試合は3-1で終了。ザルツブルクは連勝を飾り、この日引き分けた首位シュトゥルム・グラーツとの勝点差を1に縮めている。
 
 8月の負傷でおよそ2か月間の離脱を余儀なくされ、10月半ばの復帰後は限定的な起用が続いていたが、南野はようやくスタメンの座を掴み、結果も出した。ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は、「ザルツブルクは木曜日のゲーム(ヨーロッパリーグのアンタヤスポル戦)の先発から8選手を入れ替えた。ミナミノもそのひとりだったが、見事に2ゴールを挙げて期待に応え、コンディションが上向きであることを証明。決定的な仕事をした」と評した。さらにサッカーサイトの『Liga Portal』は、「1点目は冷静な位置取りからで、2点目(のヘディング)は文句なしの精度だった。最下位が相手だったとはいえ、ミナミノが違いを見せた」と称えている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00032136-sdigestw-socc

minamino goals in St Pölten nach Rückstand

   

【オーストリアの反応】「センセーショナルだ」南野、2ゴールの活躍!現地ザルツブルグサポが絶賛!!

南野拓実

※タイトル変更しました
オーストリアカップの準決勝が26日に行われ、FW南野拓実の所属するザルツブルクはアドミラに5-0で快勝した。先発した南野は2得点を挙げる活躍。6月1日の決勝進出へ貢献した。

 先発した南野が仕事を果たした。まずは開始7分、味方のスルーパスからPA内右へ抜け出すと、GKとの1対1から右足でネットを揺らした。

 さらに4-0で迎えた後半42分にはダメ押しの5点目を記録。味方からの浮き球でPA左へ抜けると頭で落とし、最後は左足でシュートを決めた。チームは5-0で勝利。決勝行きを勝ち取った

 2得点2アシストを記録した4月2日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第27節・アルタッハ戦以来の公式戦ゴール。リーグ通算11得点、カップ戦3得点で今季通算14得点へ伸ばした。6月1日に控えるラピド・ウィーンとの決勝での活躍に期待がかかる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01639149-gekisaka-socc

minamino takumi 2 goals 5_0 gegen Admira Salzburg wieder im Finale

   

【海外の反応】浅野の2ゴールが早速アーセナルサポーターの間で話題に!

浅野拓磨

鹿島アントラーズが敵地でサンフレッチェ広島に で勝利した。前節のG大阪戦に敗れ、第2ステージまさかの黒星発進となっていた鹿島だが、第2ステージ初勝利は快勝で飾った。広島は連勝が3でストップ。7戦ぶりの黒星を喫した。

 最初の得点は前半33分に決まった。DF塩谷司のミスを見逃さなかったFW金崎夢生がボールを奪ってシュート。GK林卓人に弾かれたが、こぼれ球をMF遠藤康が押し込み、鹿島が先制に成功した。

 後半は怒涛のゴールラッシュとなる。まずは4分、金崎がゴール中央からシュートを蹴り込み、鹿島が追加点を奪うと、同9分には負けじとMF丸谷拓也のスルーパスに反応したMF浅野拓磨ゴールネットを揺らし、広島が1点を返す。

 しかし後半11分にFW土居聖真のクロスバーに当てたシュートがGK林に当たってゴールインとなる得点で鹿島が突き放すと、同13分にはCKで混戦を作ると、遠藤のシュートのこぼれ球をMF中村充孝が押し込み、リードをさらに広げた。

 広島は後半37分にFW宮吉拓実のスルーパスから浅野がこの日2点目を蹴り込む。アーセナルへの移籍が決まり注目を浴びる中で結果を残すリオデジャネイロ五輪代表の活躍を勝ち点に繋げたいところだったが、ビハインドは重く、2-4で敗れた。ゲキサカ

asano 2 goals against ashima

   

GIANT KILLING(54) GIANT KILLING(54)




Ads by amazon
footballista(フットボリスタ) ワールドサッカーダイジェスト 2020年 4/16 号
サッカーダイジェスト 2020年 4/9 号 サッカーマガジン2020年5月号 (J得点王の系譜)
ポジショナルフットボール教典 ペップ・グアルディオラが実践する支配的ゲームモデル ワールドサッカーダイジェスト 2020年 4/2 号 [雑誌]
アオアシ (19) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 4-5月合併号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「謝りたい」酒井高徳、新型コロナ感染..批判していた古巣HSVサポから激励と反省の声!
外国人「日本人サッカー選手で歴代トップ3は誰だと思う?」【海外の反応】
【スペインの反応】「まだだ」久保建英が来季のレアルのスタメン入り!?現地紙予想に異論続出!
【海外の反応】「全盛期のC・ロナウドとロナウド(ブラジル)はどっちが上なの?」
【海外の反応】「ホラー映画みたいだ」サッカー観戦がコロナ感染拡大の原因!?生物爆弾だったと語るベルガモ市長に海外のファンは..
【海外の反応】「信じられない」コロナの影響で移籍金バブル崩壊か!?バイエルン元会長の予想に賛否両論の声!
【海外の反応】「凄すぎる」日本人選手が海外で決めた伝説のゴール集(動画あり)
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR