NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「相応しくない」2026年W杯アジア枠が「4・5」→「8」大幅増へ

ワールドカップ

国際サッカー連盟(FIFA)は、2026年のW杯から出場国数を「48」に拡大し、新たな大陸間プレーオフを創設して予選方式を変更する方針を固めた。30日、『AP通信』など複数の欧州メディアが一斉に報じている。

現在32ヶ国によって行なわれているW杯だが、ジャンニ・インファンティーノFIFA会長はかねてより将来的な出場国数の拡大を公約に掲げていた。そして、2026年大会から計画が実行に移されるようだ。

 それに伴い各大陸に割り当てられる出場国数も拡大される。ヨーロッパはいまよりも3つ増えて16ヶ国となる。アフリカは9ヶ国がプレーオフなしで本大会出場権を獲得し、南米と北中米カリブは同じく6ヶ国、オセアニアは1ヶ国、日本が属するアジアは現在の4.5から大幅に増えて8ヶ国になる見通し。

 また、大陸間プレーオフも形式が大きく変わる。現在は北中米カリブ対アジア、オセアニア対南米のように2つの大陸の代表による直接対決で出場国を決めている。だが2026年W杯からは、本大会前年の11月に開催国で6ヶ国による最終プレーオフを戦い、それを勝ち抜いた2ヶ国が最後の出場枠を獲得することになるという。

 最終プレーオフはW杯のプレ大会としての役割も果たし、ヨーロッパを除く各大陸から1ヶ国ずつと開催国が参加する形式になるようだ。よって、アジアからは最大9ヶ国がW杯本大会に出場できるチャンスがある。

 W杯の出場国拡大と新たな方式のプレーオフは、今年5月9日にバーレーンで開催されるFIFAの理事会で提案され、正式決定となる見込み。これまでW杯に縁のなかった国にもチャンスが大きく広がる決定となりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170331-00010001-footballc-socc
FIFA President Gianni Infantino hopes his ruling Council will agree to expand the 2026 World Cup to 48 nations

   

【海外の反応】「とんでもない」4カ国共催も!2026年ワールドカップは複数国開催をFIFAが推進

FIFA

国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は16日、現行の32から48に出場枠が拡大される2026年ワールドカップ(W杯)について、複数国での共催を奨励する意向を示した。22年W杯の開催国カタールの滞在中に語ったとロイター通信などが報じた。

 同会長は「2、3、または4カ国の共催で、一つの国で3~5のスタジアム」と具体的な数字を挙げ、「移動の負担を軽減するために近隣国で開くのが理想的だ」と語った。

 FIFAは1月の理事会でW杯の出場枠を16チーム増やすことを決めたが、競技場の建設、警備など開催国への負担増大が懸念されていた。同会長は今回の構想について、「FIFAとして長期的な視点での持続可能性を考える必要がある」と説明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000117-asahi-spo

FIFAs Gianni Infantino unveils plan for 48-team World Cup with play-in round

   

【海外の反応】「反対だ」「やろうよ」一時退場(シンビン)の導入検討に賛否両論!

レフリー

競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)は1日、ロンドンで3月3日に開かれる年次総会の議題を発表し、一時退場(シンビン)の導入を話し合うことになった。試験導入されているビデオ判定システムや、延長での4人目の交代について経過報告も行われる。

 シンビンについては1月に国際サッカー連盟(FIFA)技術部門の責任者で元オランダ代表FWのファンバステン氏が10分間の一時退場を命じるオレンジカード導入案を披露している。現行では反則を犯した選手に対する処分には警告と退場がある。(共同)
http://www.sankei.com/sports/news/170202/spo1702020005-n1.html
The sin-bin commonly practised in rugby was initially trialled at an Under-16

   

【海外の反応】「冗談だと言って」オフサイド廃止,シュートアウト制の導入などFIFA幹部ファンバステンが訴える8つのサッカー改革案に批判続出!

FIFA

サッカーをよりスペクタクルなものにするために」と改革を提案

 FIFAの技術開発部門のチーフオフィサーを務めている元オランダ代表FWのマルコ・ファン・バステンが、ドイツメディア『ビルト』のインタビューで、オフサイドやPK戦の廃止を提案した。
 
 2016年10月に現職に就いたファン・バステンは、「サッカーをスペクタクルにするために多くのアイデアを提供したい」と語り、昨年12月に日本で行なわれたクラブワールドカップでも話題となったビデオ判定ルールなどを推奨してきた。
 
 そんな往年の名ストライカーは『ビルト』のインタビューで、「我々は試合をより良いものにするために改善策を探し続ける。サッカーをより正直で、よりダイナミックで、より面白いものにするためにね」とさらなるルール改正の必要性を説き、以下8個のルール変更を提案した。
 
【1】オフサイドの廃止
 
 ファン・バステンはオフサイドの廃止について次のように語っている。
 
「オフサイドのないサッカーを観るのは非常に興味深い。今のサッカーはもはや、9人や10人のDFがゴール前を固めるハンドボールのようだ。でも、オフサイドがなければ、DF陣の背後にFWが立てるから得点の可能性がより広がる。今よりも攻撃のチャンスは増えるし、試合の見応えも増すだろう。実際にホッケーではオフサイドはないし、問題はないはずだ」
 
【2】イエローカードの替わりに一定時間の退場を検討
 
 ラグビーの「シンビン制度」のように、ルール違反を犯した選手を一時的に試合から退場させるというもので、ファン・バステンは「レッドカードを出すほど重大ではない行為に対し、選手を10分間試合から外すオレンジカードを提示するということもあり得るかもしれない」としている。

Van Bastens proposed rule changes

   

【海外の反応】日本代表に新たな試練!?イラクでW杯予選開催の可能性が浮上..FIFAが視察団を派遣

アジア

現在、最終予選のイラクとのアウェイ戦は中立地開催が濃厚となっていますが・・

※2016年8月25日の記事
ハリル・ジャパンのW杯最終予選終盤となる来年6月のイラク戦は、イランでの開催が濃厚になった。関係者は「イラクとのアウェーゲームはイランで行われることになりそうだ」と明かした。

 イラクは政情不安で自国でのホーム開催ができないため、2次予選のホーム3試合をすべてイラン・テヘランにあるシャヒード・ダストゲルディ・スタジアム(通称パス・スタジアム)で開催。9月の最終予選初戦は相手がイランと断交中のサウジアラビアのためマレーシアで開催するが、日本戦は2次予選と同じ場所での開催になるという。
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20160824-OHT1T50226.html

ホームでの国際試合開催を希望するイラクサッカー協会の要望により
FIFAとAFCは12月中旬に専門家委員会をイラクへ派遣して審査することとなりました。
FIFA to dispatch panel of experts to Iraq in Dec, to review safety and security situation and inspect facilities in iraq

調査結果は2017年の1月10日に協議会に提示され
状況が許せば、(複数の)親善試合を経て国際試合がイラクで開催される模様。


   

サッカーゲームキング 2017年 06月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 06 月号 [雑誌]




Ads by amazon
月刊サッカーマガジン 2017年 06 月号 [雑誌] J LEAGUE SOCCER KING(Jリーグサッカーキング) 2017年 06 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 5/4 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング)【アーセナル特集】2017年 05 月号 [雑誌]
グアルディオラ総論 サッカーで日本一、勉強で東大現役合格~國學院久我山サッカー部の挑戦
月刊フットボリスタ 2017年5月号 超「個」の教科書 -風間サッカーノート-
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

【PS4対応】ドラゴンクエスト スライムコントローラー for PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR