NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本か中国かアメリカだ」ロッベンはどこに移籍すると思う?

ロッベン

Arjen Robben has confirmed that he will leave Bayern Munich at the end of this season

ロッベンのプレー集

英語のフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ドイツ>
ロッベンがどこでキャリアを終えるか楽しみだわ
 俺の予想は日本中国かアメリカだ・・・



<ドイツ>
・年金を受けとるために中国



<カナダ>
・彼が中国に行くとは思えないな。MLSの方が可能性が高いように思う。
 でも、怪我との問題と人工芝のチームが多いことを考えたら
 オランダに帰って1、2シーズンプレーすべきだね。



<オランダ>
・FCフローニンゲン


  ※ロッベンはフローニンゲンでプロデビューしました


   

【海外の反応】「日本なら納得だ」ダビド・ビジャ、Jリーグに電撃移籍へ!現地メディアが報道!

ダビド・ビジャ

元スペイン代表FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)が日本移籍に向けて動いているようだ。アメリカの大手テレビ局『フォックス』が28日、断定的に報じている。

 所属先のニューヨーク・シティFCは同日、ビジャの退団を正式発表。その後、ビジャは自身の公式SNSを通じて「僕の心と身体は新たな挑戦を欲している」と述べ、現役引退の噂を否定した。

 続いて『フォックス』のサッカー番ツイッターアカウント(@FOXSoccer)が反応。「ダビド・ビジャは壮大な4年間を経て、ニューヨーク・シティを去って日本に向かう」と投稿している。

 なお、現状では移籍先を報じた大手メディアはない。一方、日本への移籍が実現すれば、スペイン代表で共にプレーしたMFアンドレス・イニエスタ(神戸)、FWフェルナンド・トーレス(鳥栖)との再会となる。

 スペイン代表のエースストライカーとして活躍したビジャは2008年の欧州選手権、2010年の南アフリカワールドカップでそれぞれ得点王を獲得。代表通算59得点は同国の最多得点記録となっている。

 クラブレベルではスポルティング・ヒホンで頭角を表すと、サラゴサ、バレンシアでエースを担い、2010年にバルセロナへ移籍。初年度のUEFAチャンピオンズリーグ決勝では自身のゴールで優勝に導いた。13年にはA・マドリーにも在籍していた。

 アメリカ移籍を決断したのは14年夏、当時は創設されたばかりだったニューヨーク・シティFCを新天地に選んだ。当初はMLSに参入していなかったため、同じシティグループのメルボルン・シティFCに期限付き移籍。その後、4シーズンにわたってプレーしていた。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260274-260274-fl
David Villa is leaving NYCFC for Japan after 4 spectacular years

※ダビドビジャはニューヨークシティで124試合80ゴールを記録


   

【海外の反応】「やめてくれ」アメリカとメキシコ、仰天のリーグ合併案が浮上!ファンからは批判続出!

アメリカ・MLS

※CBSSportsの記者によると、MLSリーガMX
 2つのリーグ合併について会談を行ったそうです

MLS and Liga MX have held talks about potentially combining the two leagues

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・頼むからやめてくれ



アメリカ
・ワオ、これが実現したらアメリカサッカーにとって非常に大きいだろうな



<シアトル・サウンダーズサポ>
・こんな案はいらない、本当に馬鹿げた案だよ



・一体なぜだ



 <アトランタユナイテッドサポ>
 ・金だよ。両リーグへの関心が劇的に上昇するだろう。
  リーガMXアメリカのドルを手に入れる機会が欲しくて
  MLSアメリカにいるMLSのファンではないサッカーファンに
  MLSに関心を持って欲しがっている。


   

【海外の反応】「嘘でしょ」イブラヒモビッチの仰天ゴールに世界のファンが驚愕!

イブラヒモビッチ

メジャーリーグ・サッカーMLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、自身のキャリア500得点目を記録。スーパーゴールで偉業を達成した。

ロサンゼルス・ギャラクシーは16日にトロントと対戦。0-3でリードされた中の43分、味方から送られた角度のないロングボールに対して、ボックス内のイブラヒモヴィッチが体を回転させながらジャンピングボレー。ほぼ真後ろからのボールを見事にゴールへ流し込んだ。さらに、このゴールはイブラヒモヴィッチのキャリア500得点目だったとのことだ。テコンドー経験者のイブラヒモヴィッチならではと言える“後ろ回し蹴り弾”だった。

ロサンゼルス・ギャラクシーやMLSの公式も、『ツイッター』などでこのゴールを強調。現地の実況と解説者は笑いながら、「おい、マジかよ?!」と驚きを隠すことができず、敵地のサポーターでさえも立ち上がって拍手を送った。

現在36歳のイブラヒモヴィッチはこれまで、所属クラブで438得点、そして代表で62得点を記録。『ESPN』によれば、クラブでの得点の内訳は以下のとおり。

マルメ(18ゴール
アヤックス(48ゴール
ユヴェントス(26ゴール)
インテル(66ゴール)
バルセロナ(22ゴール)
ミラン(56ゴール)
パリ・サンジェルマン(156ゴール)
マンチェスター・ユナイテッド(29ゴール)
LAギャラクシー(17ゴール)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00010009-goal-socc

Turning 37 years old in October and this is how Zlatan Ibrahimović scores his 500th career goal

   

【海外の反応】「日本はクールだから」トーレス争奪戦からシカゴ脱落に納得するアメリカ人

フェルナンド・トーレス

ヴィッセル神戸に移籍したアンドレス・イニエスタに続いて、Jリーグへの電撃参戦が噂されるフェルナンド・トーレス。その去就もまた、中国クラブとの熾烈な獲得レースの結果次第ということになりそうだ。

 現地時間5月26日、スペイン紙『Marca』は、今シーズンいっぱいでアトレティコ・マドリーからの退団を表明しているスペイン代表FW、F・トーレスの去就について、「日本と中国に絞られた」と報じた。

 かねてより、彼については3か国のチームが獲得を狙っているとされており、『Marca』によれば、それはアメリカのシカゴ・ファイアー、日本のサガン鳥栖、そして中国の北京人和だったという。

 しかし、同紙は、MLS内での経済的ルールがより厳格となっているため、シカゴ・ファイアーは獲得レースから早々に離脱。行き先は鳥栖と北京人和に「絞られた」と綴っている。

 鳥栖の競争相手となる北京人和は、今シーズンに中国スーパーリーグ(1部)に昇格。指揮官は、かつてレバンテやヘタフェなどを率いたスペイン人のルイス・ガルシア・プラサという点も、F・トーレスにとっては大きいようだ。

 また、同クラブは中国の首都クラブとして、世界的人気を誇り、チームのアイコンとなりうるF・トーレスを引き入れることで、その知名度を上げることを画策しており、金銭面や待遇で同選手が納得するオファーを用意しているという。

『Marca』は、F・トーレスと同じ34歳のイニエスタが、先日、中国クラブからのオファーを蹴って神戸行きを決めたことについて触れ、「中国と日本のスポーツ戦争が再び始まった」とし、「ワールドカップ終了時期となる7月中旬を目途に、去就に決着がつくのではないか」と推測した。

 一部報道では、すでにF・トーレスは、2010年の南アフリカW杯で世界制覇を成し遂げた“盟友”イニエスタの加入に刺激を受け、さらに生活環境などを考慮して、鳥栖入りを決断したとも報じられている。

 イニエスタに続き、F・トーレスも加入するとなれば、ますますJリーグに対する世界からの注目度は増し、リーグ全体でポジティブな相乗効果が見込めるだろう。「中国と日本」による世界的点取り屋の獲得レースの行方から、目が離せない
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00040966-sdigestw-socc

Fernando Torres, muy cerca del Sagan Tosu japonés

   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【ドイツの反応】「移籍は決定済み?」香川真司、モナコ戦招集外で冬の移籍を確信する現地ドルトムントサポーター
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗
【海外の反応】「ベッカムってどれくらい凄かったの?」
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR