NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「怪しいと思ってた」2002年のロベルトカルロスにドーピング疑惑が浮上

未分類

サッカーブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に貢献したロベルトカルロス氏(44)に、薬物使用疑惑が浮上している。ドイツ公共放送ARDが10日、報じた。同氏は否定し、法的措置をとる姿勢を見せている。

 ARDは、ロシア陸上界のドーピング問題を先駆けて伝えたことで知られる。今回は、ブラジルに10年以上もトップ選手に禁止薬物を提供している医師が存在し、ドーピングが日常的に行われていると伝えた。同医師が持久力向上に効果があるエリスロポエチン(EPO)や、筋肉増強作用などがあるクレンブテロールを勧めるシーンも流した。

 番組の中で、現役時代に攻撃的なディフェンダー(DF)として、スペインリーグ1部のレアル・マドリードなどで活躍し、左足からの強烈なシュートが代名詞だったロベルトカルロス氏にも言及した。15年にブラジルの反ドーピング機関がサンパウロの検察庁に提出したとされる関係書類に「名前が記載されていた」とした。

 詳細は定かではないが、日韓W杯のあった02年に別の代表選手と禁止薬物を使用していた疑いがあるという。また、問題の医師がやせ気味だった15歳ごろから同氏に禁止薬物を渡し「あの厚い太ももは自分がつくった」と主張する場面もあった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000069-asahi-spo

Research by ARD reveals possible connections to a doping doctor that reach far into the Brazilian football elite

   

【海外の反応】「これが僕の色だ」ムンタリが人種差別に抗議!試合終了を待たず自らピッチを後に

未分類

イタリア・セリエAのデルフィーノ・ペスカーラ1936(Delfino Pescara 1936)に所属するガーナ人MFサリー・ムンタリ(Sulley Muntari)が30日、カリアリ(Cagliari Calcio)戦で人種差別を受けて抗議したところ警告を受け、その後試合終了を前に自らピッチを去った。

これまでACミラン(AC Milan)やインテル(Inter Milan)でプレーしたムンタリは、子どもまで人種差別に加わっていたと主張しており、カリアリのファンに向かって「これが僕の色だ」とさけんだという。

 32歳のムンタリは、試合終了の数秒前に自らピッチを去ったことによりダニエレ・ミネッリ(Daniele Minelli)主審からこの日2回目の警告を受けて退場となったが、追加処分を受ける可能性がある。

 試合後にムンタリは、自身に人種差別を行なったカリアリのサポーター席に向けて直接語りかけたと話している。

「彼らは試合開始から僕に向かって叫んでいた。そしてそのグループに子どもがいたのを目にした。僕はその両親のところへ行って僕のユニフォームをあげたんだ。模範を示してそういった行為をすべきではないと伝えるためにね」

「僕はその理由を彼らに話そうとしたが、審判は僕にやめるよう言ってきた。だからカッとなってしまったんだ。なぜ彼は試合を止めなかったんだ?」

「僕は被害者ではないけれど、もし審判が試合を止めて入れば、こういったことはそれ以上起きなかったと確信している」

「もうたくさんだ!」とつぶやきながらピッチを後にしたムンタリは、サポーターに対して自身の腕を見せながら「これが僕の色だ。これが僕の色だ」とさけんでいた。

 ペスカーラのズデネク・ゼーマン(Zdenek Zeman)監督は、ムンタリの抗議に理解を示しているが、伊スカイ・スポーツ(Sky Sport Italia)に対し、試合中にピッチを後にするべきではなかったと話している。

「彼は審判に試合を止めるよう求めたが、審判は何も聞いたり見たりしていなかった。ムンタリの主張は正しかったが、自らピッチを去るべきではなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000005-jij_afp-socc

Sulley Muntari yellow carded after reporting ‘racial abuse’

   

【海外の反応】「ヒーローだ」人種差別の対象から一転英雄に!相手GKの命を救ったトーゴ代表選手を世界が絶賛!

未分類

先週末に行われたチェコ1部リーグの試合で、トーゴ代表FWのフランシス・コネ(Francis Kone)は、敵チームのファンに人種差別的な言葉を浴びせられながらも、命の危険にさらされた相手GKを救う英雄的な行動をみせた。

25日に行われたボヘミアンズ・プラハ1905(Bohemians Praha 1905)対1FCスロバーツコ(FC Slovacko)の一戦、前半30分にロングパスを処理するため前に飛び出したボヘミアンズのGKマーティン・バーコベック(Martin Berkovec)は、猛スピードで同じくボールを追いかけてきた味方DFのダニエル・クルチ(Daniel Krch)と激しく交錯した。

 プラハ(Prague)のスタジアムに集まった観客が恐ろしい光景を見守るなか、28歳のバーコベックは舌をのみ込んだ状態でピッチ上で意識不明となった。するとピッチ上に倒れ込んだバーコベックに対し、真っ先にその場で緊急処置を行ったのは、スロバーツコでプレーするストライカーのコネだった。

 AFPの取材に対して「このプレーに関わっていたので、自分が近くにいた」とコメントしたコネは、審判に呼ばれたボヘミアンズの医療スタッフが現場に到着する前に、バーコベックの舌をどうにか抜き出すことに成功した。

 ボヘミアンズの広報担当者は、「こうした事故は一刻を争う事態だ。もし舌をのみ込んで窒息し始めたら、脳が停止してしまう。だから可能な限り迅速に行動しなければならない」と説明したうえで、「きょうマーティンの容体が安定しているとすれば、それは大いにフランシスのおかげだ」と話した。

■「時間が止まった」

 バーコベックはその後、フェイスブック(Facebook)に「迅速な対応で命を救ってくれたフランシス・コネに感謝したい。改めて、どうもありがとう」とメッセージを投稿し、早速命の恩人との面会をセッティングしたことを明らかにした。

 スコアレスドローとなったその日の試合後、ボヘミアンズファンの一人はツイッター(Twitter)で、「彼はきょう、大切なことを教えてくれた。それは自分だけじゃないと思う」とコネを称賛。さらに当日スタンドにいた別のサポーターも、チームの公式ウェブサイトで、コネの迅速な判断がいかに同クラブの熱狂的ファンに影響を与えたか証言している。

 男性はアクシデントが起きるまでの状況について「自分の隣には2人の男がいた。彼らは人種差別主義者で、言葉も…(差別的な)ふざけた内容だった」と説明すると、「そうしたら衝撃的なことが起こった。時間が止まったんだ。マーティンが倒れて動かなくなると、コネが真っ先に駆け寄ってきて、彼の舌を引き出した。敵チームのね」と語った。

「男2人を含むスタジアム中が静まり返った。スコアなんてどうでもいいし、コーンはこれで大丈夫だろう。フランシス・コネが彼を助けた。ライバル?黒人?いや、同じ一人の人間だ!」

 コートジボワール東部ボンドゥク(Bondoukou)で生まれた26歳コネは、母親側の国籍を選択し、トーゴ代表として2013年からプレーしている。これまでのキャリアではさまざまなクラブを渡り歩いており、タイのムアントン・ユナイテッド(Muangthong United)やPTTラヨーン(PTT Rayong)、オマーンのアル・ムサンナ(Al-Musannah)、ポルトガルのSCオリャネンセ(SC Olhanense)、ハンガリーではブダペスト・ホンベードFC(Budapest Honved FC)でプレーし、2015年にスロバーツコへ加入した。

「これは4度目の出来事だ。(こうした経験は)タイで1度、アフリカで2度あった」と明かしたコネは、「いや、医学を学んだことはない」と笑うと、「こうした状況では、選手が舌をのみ込んでいないか常に確認するようにしている」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

Togolese striker Francis Kone saves opponent’s life

   

【海外の反応】「言い訳だ」人種差別のせいで監督になれないというカズの元同僚FWに異論続出!

未分類

元トリニダード・トバゴ代表のドワイト・ヨーク氏が監督を目指す上で黒人であることが障害になっていると嘆いている。英『ミラー』が同氏のコメントを伝えた。

 ヨーク氏は母国のクラブからアストン・ビラを経て、1998年から2002年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍。抜群の補完関係を見せたアンディ・コール氏と強力2トップを形成し、1998-99シーズンの3冠獲得などクラブの栄光を築いた。

 その後はブラックバーン、 バーミンガムを経て、2005年からシドニーFCでプレー。同年に行われたFIFAクラブ世界選手権(現クラブW杯)ではFW三浦知良(横浜FC)らとともに来日した。翌2006年にサンダーランドへ移籍し、2009年に契約が満了すると、そのまま同年9月に現役引退を発表。第二の人生として指導者を目指していた。

 ヨーク氏は監督の資格はすでに獲得しているとのことだが、イングランドで監督としてのキャリアを積むためには、人種が問題になっていると訴える。古巣アストン・ビラの監督にも応募したものの、面談に進むことすらできなかったという。かつて世界に名を馳せたストライカーが現在の苦悩を語った。

「まだ私は仕事を探しているよ。監督になるための資格は全て獲得した。だが、それでも監督になるのは非常に難しいということが分かった。面談に進むことすらできないんだ。現時点では非常に厳しい状況にいるとしか言えない」

 指揮官への扉が閉ざされているのは、監督としての経験のなさが問題なのか、あるいは人種が問題なのか。ヨーク氏はイングランドにおける監督の人選を踏まえ、自らの考えを述べた。

「どちらも原因としてあるだろう。両方が影響していると思う。よく言われているように、人種をことさら問題視する人はいない。だが、色々な人と話していると、黒人選手のほうが監督業に進みにくい傾向が見られるようだ。人種のせいでね」

「監督になるチャンスは、もしかしたらないかもしれない。自分自身のアピールは問題ないはずだよ。個人のことを理解してもらえた上で、『分かったよドワイト。君の考えは理解した。だが、君には十分な経験がない。まず他のことをしたまえ』っていうなら分かるんだが…」-ゲキサカ

kazu_Dwight Yorke


   

【海外の反応】熊本地震 海外のサッカーファンから無事を願う声が相次ぐ!

未分類

コメント欄などから海外の反応をまとめました


<サウサンプトンサポ>
・君の家族が無事だということが聞いてよかった




<サウサンプトンサポ>
・がんばれ、今日の君は素晴らしかったよ
 みんな無事であって欲しい


 ※吉田麻也選手はエヴァートン戦に38分から途中出場しました



<サウサンプトンサポ>
・ピッチに立つ麻也を見られて嬉しい
 日本の人々が無事であることを願っています。




<サウサンプトンサポ>
地震のことを聞いて気の毒に思っています
 でも、君の家族が無事でよかった

 言うのは簡単でするのは難しいと思うけど
 あまり考え過ぎないようにね


   

サッカーゲームキング 2017年 08月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 08 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカー戦術クロニクル ゼロ トータルフットボールの源流と未来 神に愛された西独製サッカースパイク
サッカーダイジェスト 2017年 7/13 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 08 月号 [雑誌]
サッカー戦術の教科書 戦術150年の歴史を読み解く思想史 ディエゴ・シメオネ 『信念 己に勝ち続けるという挑戦』
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 7/6 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2017年 07 月号 [雑誌]
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18 RONALDO EDITION 【限定版同梱物】・STANDARD EDITION(通常版)より最大3日間の早期アクセス ・5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo ・ジャンボプレミアムゴールドパック20個(1 × 20週間) ・スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】A4クリアファイル 付

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR