NO FOOTY NO LIFE



【フランスの反応】「一流のクロスだ」酒井宏樹、絶品アシスト!現地OMサポが称賛!もポジション争いが激化

酒井宏樹

<欧州L:マルセイユ3-0ブラガ>◇決勝トーナメント1回戦◇15日◇マルセイユ

 マルセイユDF酒井宏樹は1-0の後半14分から左サイドバックに投入され、公式戦2試合連続となるアシストをマークした。縦パスで抜け出すと「左足より右足の方が正確なので、常に右で蹴れるような場所に置いた」と右足で前へ運び、同じ右足のアウトサイドで中央の味方に合わせた。

 チーム事情で慣れない左サイドでの出場が続くが「試合に出られなくなる方が問題。監督が使ってくれるので、うまくやるしかない」と前向きに受け入れている。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201802160000342.html

sakai assists marseille braga germain_goal_europa_league

   

【フランスの反応】「美しい」酒井宏樹、クロスでアシスト!も現地サポからの評価は厳しいものに

酒井宏樹

2月9日(現地時間)、リーグ・アン第25節が行なわれ、マルセイユは2-2でサンテティエンヌと引き分けた。

 前節に川島永嗣がゴールマウスを守るメスに対して6ゴールを叩き込んで(6-3の勝利)2位に浮上したマルセイユが、サンテティエンヌの本拠地ジョフロワ・ギシャールに乗り込んだ一戦。酒井宏樹は今節も左SBとしてスタメンに名を連ねた。
 
 雪が降りしきるなかでの試合は、開始早々に動く。4分、攻撃参加した酒井がザンボのパスを受けて左サイドを抜け出し、右足で持ち替えてからクロス。ファーサイドでこれを受けたトバンは、マーカーが滑って寄せが遅れたこともあり、迷わず左足でダイレクトボレーを放ち、ゴール左隅に突き刺した。
 
 その後もポゼッションで上回りながら試合を進めたマルセイユだが、9分、右サイドを抜け出したアムマにクロスを入れられると、ファーサイドでフリーのモネ=パケにゴールを破られる。
 
 この場面、ロランドがバンバのマークをせずにアムマを止めに行ったことで、酒井がニアのバンバをマークせざるを得ず、結果、本来マークすべきモネ=パケをフリーにすることとなった。
 
 5分しかリードを保てなかったものの、マルセイユは動じることなく再び攻めに出、20分、SBのサールが右サイドを疾走しながらクロスを入れると、これを中央でサンソンがダイレクトで合わせて、勝ち越しのゴールを叩き込んだ。
 
 再び勝ち越した後は、サンテティエンヌに幾度もゴール前に迫られ、決定機も与えたが、好守でこれを防ぐ。44分にGKマンダンダが負傷退場するというアクシデントにも見舞われたが、マルセイユはリードしたままで前半を終了した。
 
 後半、開始直後にサンテティエンヌは右サイドを攻略してクロスを入れ、アムマがゴール前で合わせたが、ボールは大きくクロスバーを越えてしまい、この決定機を活かすことができない。
 
 前半同様に序盤はマルセイユがボールを保持していたが、間もなくサンテティエンヌも攻撃を仕掛け、右サイドを突破してドゥビュシーが何度もクロスを入れる。その後は、激しく攻守が入れ替わる展開が続いていくなかで、ポゼッションはホームチームが上回るようになった。
 
 そして75分、サンテティエンヌが同点とする。バンバが入れたクロスを、ファーサイドでベリッチがジャンプしながら胸で押し込んでゴール。バンバにはCBのロランドがついていたが、簡単にゴール前に入れさせたのは痛恨だった。
 
 その後、マルセイユが三たび勝ち越しを狙って攻めるも、これに対してサンテティエンヌは効果的なカウンターを仕掛け、81分にベリッチがペナルティーエリア内に侵入して強烈なシュートを放った他、複数の好機を作り出す。
 
 対するマルセイユのビッグチャンスは85分。CKのクリアボールをサールがシュートすると、相手選手に当たってディフレクトしたボールは、本来ならオフサイドポジションのミトログルの元へ。彼は咄嗟に足を出したものの、ゴールマウスを捉えることはできなかった。
 
 さらにアディショナルタイムにも、エヌジエからのパスをエリア内でトバンがダイレクトボレー。GKリュフィエの横っ飛びセーブで浮き上がったボールをエヌジエは空振りし、さらにグスタボがダイレクトで叩いたが、ボールはクロスバーのはるか上に飛んでいった。
 
 試合はそのまま終了。マルセイユは2度のリードを守り切れずに勝点1止まり。10日にアンジェと戦う3位モナコとの勝点差は2であり、今節、2位の座を守れるかは非常に怪しくなった。
 
 なおマルセイユは来週、15日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でブラガと、週末18日にはリーグ・アン26節でボルドーと、それぞれホームゲームを戦う。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00035490-sdigestw-socc

Saint-Etienne 0-[1] Marseille Thauvin goal sakai assist

   

【フランスの反応】「不可欠だ」酒井宏樹、アシストでベストイレブンに選出!現地サポが絶賛!

酒井宏樹

※追記しました、タイトルを変更しました
リーグ・アン第15節が行われ、メスマルセイユが対戦した。

メスはGK川島永嗣がリーグ戦4試合ぶりに先発出場。一方、マルセイユでも酒井宏樹が先発出場を果たし、日本人対決が実現している。

9月以来勝利がないメスを相手に、マルセイユが前半から攻め立てる。18分にフロリアン・トヴァンが先制点を挙げると、36分にはトヴァンアシストからルイス・グスタボがネットを揺らし、前半でリードを2点に広げる。

さらに、後半に入った71分には、酒井がワンツーからペナルティエリアに侵入すると、倒れ込みながらフリーのルーカス・オカンポスへラストパス。これを難なく決め、酒井のアシストからダメ押し弾が生まれる。試合はそのままマルセイユが3-0で勝利している。

いまだリーグ戦で1勝と苦しむメスは勝ち点4で最下位。一方、マルセイユは勝ち点3を積み上げて、2位に浮上している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000036-goal-socc
sakai assists @FlorianThauvin , Gustavo et @Locampos15

   

【フランスの反応】「日本の戦士だ」酒井宏樹、ネイマール相手に奮闘!現地マルセイユサポが称賛!

酒井宏樹

マルセイユは22日、リーグ・アン第10節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、2-2で引き分けた。この試合でフル出場した日本代表DF酒井宏樹が最も印象に残ったのは、ネイマールでもキリアン・ムバッペでもなかったようだ。

PSGとの大一番で、右サイドバックとして先発した酒井。この日はブラジル代表FWネイマールと主にマッチアップすることとなった。日本代表DFは、このスーパースターを世界一の選手としつつ、計算通りに対応はできたと語る。

「作戦は何もないです。世界一のプレーヤーなので、今日はそれだけに専念しました。止むを得ず一対一のシチュエーションになってしまうことはもちろんありますけど、かなり限度があるので、なるべくそういう場面を作らないように意識しました。ドリブルを切るコースだったり、場所だったり、時間帯とかすべて計算して対応できたと思います」

今季初めてPSGと顔を合わせた酒井。国内で首位を走るチームとの対戦を経て、日本代表DFが最も印象的だったのは、今夏世界最高額で加入したネイマールや18歳FWムバッペでもなく、9番を背負うFWエディンソン・カバーニだったようだ。

「もちろんですけど、ネイマールのクオリティはかなり高かったですね。でも、PSGはカバーニがいないと回らない。対戦してみると本当にすごいプレーヤーだということがわかります。CKのとき彼のマークについたんですが、僕も日本人の中ではパワーがある方だと思いますけど、手で押さえられて一歩も動けなかった。そういう力強さ、試合を決める力、というのはすごいと思います。ずる賢さも含めて」

「(ムバッペは)タレントですね。すべて揃っていますし、疑いようがなく素晴らしい選手。ただ、ディフェンダーにとっては、カバーニが一番嫌な選手ですね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000012-goal-socc

sakai hiroki Marseille 2-2 PSG 2017

   

【フランスの反応】「スーパーな試合をした」酒井宏樹、高速クロスでアシスト!現地マルセイユサポが高評価!

酒井宏樹

リーグ1は17日に第6節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でアミアンと対戦し、2ー0で勝利した。右サイドバックの酒井はリーグ戦2試合ぶりにフル出場。後半8分に今季初のアシストを記録した。

 14日のヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第1節・コンヤスポル戦(1-0)を勝利で飾ったマルセイユは、従来の4-3-3から4-2-3-1を採用。復調を見せているFWディミトリ・パイェをトップ下に配置した。前半は互いにチャンスをつくるが0-0で折り返す。すると後半に入り、酒井が得意の高速クロスからアシストを決めた。

 後半8分、パイェのスルーパスに反応した酒井が右サイドを突破。高速クロスをPA内に放つと、相手DFとともに走り込んだMFクリントン・エンジーがお腹で押し込み、先制点を決めた。酒井は3月1日のクープ・ドゥ・フランス(国内杯)ラウンド16・モナコ戦(延長3-4)以来、約半年ぶりのアシストとなった。

 均衡を破ったマルセイユは後半10分にも追加点。左サイドからパイェのパスを受けたMFフロリアン・トバンがPA中央に進入して右に走るエンジーにパスを出すと、エンジーは勢いよく右足シュートを放ち2点目を決めた。そのままリードを守ったマルセイユが2-0で勝利。連敗を脱出してリーグ戦4試合ぶりの白星となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-01644200-gekisaka-socc

Hiroki Sakais cross led to a goal assist Amiens

   

Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集 Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集




Ads by amazon
Number(ナンバー)946号 EUROPEAN FOOTBALL MANIACS2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) J1&J2&J3選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊) 中村俊輔 サッカー覚書
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 3/1 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2018年 03 月号 [雑誌]
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) 育成主義
最新記事
【オランダの反応】「真珠だ」堂安律がロッベンやスアレスに並ぶ偉業!現地サポが称賛!
【海外の反応】「おかえり」香川欠場のドルトムント、ロイスの復活ゴールでボルシアMGに勝利!
【スペイン語の反応】「怪物だ」乾貴士、バルサ相手に奮闘!バルササポが高評価!試合後インタビューも話題に
【ドイツの反応】「必見だ」大迫勇也、鮮烈ゴール!も現地サポの評価は分かれる(ハノーファー戦)
【ドイツの反応】「並外れている」宇佐美、豪快ボレーでゴール!現地サポが称賛!
【ポルトガルの反応】「日本の宝石だ」中島翔哉、圧巻の1ゴール1アシスト!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「やめてくれ」イニエスタ、中国移籍か!?年俸46億円!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR