NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】インテル長友のツイートが話題に

長友佑都

インテルミラノのDF長友佑都(30)が2日、自身のツイッターでここ数日の“バッシング”について心境をつづった。

 「イタリアでは、良ければ神様かのように賞賛され、悪ければ犯罪者かのように批判、罵倒される。そこに人としてのモラル、リスペクトはない。限られた人しか経験できないこの厳しい環境で、仕事ができることに誇りを感じる。ここにきて7年。全てが自分の大きな財産となって未来へ繋がる」

 長友は4月30日のホームのナポリ戦にフル出場。前半43分に自身のクリアミスが相手のMFカジェホンにパスを出すような形となり、そのカジェホンにゴールを許し、チームは0-1で敗れていた。

 このツイートに反応したのが、伊ガッゼッタ・デロ・スポルトの電子版だった。長友の日本語のツイートとそのイタリア語訳を掲載し、「威厳のある、しかし明確で、曖昧さのない、つらさも詰まっているが、プライドある回答だ。日本語でのツイートだが、短い時間にインテルファンの間にもウイルスの様に広まっている」と伝えた。

 長友に対して、試合から一夜明けた5月1日のガッゼッタ・デロ・スポルトやコリエレ・デロ・スポルトなど伊紙は軒並みチーム最低の4の評価で、辛口の寸評を掲載した。ガッゼッタ紙は「太った独身男対既婚者の公園でのミニゲームのような軽いプレー」とし、コリエレ紙も「カジェホンにプレゼントを包装したのは彼だった。カジェホンはそのプレゼントを開けるだけで良かった。このレベルのミスは受け入れられない。しかもこの試合での唯一のミスではなかった」と手厳しかった。

 それでも「限られた人しか経験できない」セリエAで7シーズン目を戦っている長友は「この厳しい環境で、仕事ができることに誇りを感じる」と記し、ツイートは全てを受け入れている様子が伝わっていた。
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1817145.html

Rabbia Nagatomo su Twitter Offeso come un criminale

   

【海外の反応】「一流の選手だ」インテル長友獲得報道にプレミアのバーンリーサポは期待を膨らませる

長友佑都

インテルに所属する日本代表DF長友佑都プレミアリーグのバーンリーが強い関心を抱いていることがわかった。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が18日に伝えている。

 同メディアによると、バーンリーは長友を高く評価。400万ユーロ(約4億9000万円)が一般的に見られる長友の評価額だが、バーンリーはその倍の価格である800万ユーロ(約9億8000万円)のオファーを用意していると伝えられた。

 バーンリープレミアリーグ第21節終了時点で10位に位置しており、17日に行われたFAカップではサンダーランドを2-0で下して4回戦へと駒を進めている。

 長友は今シーズン、第20節までを消化したセリエAで、わずか7試合の出場にとどまっている。また、17日に行われたコッパ・イタリア5回戦では先発出場の可能性が高いと予想されていたが、出場機会は与えられず、7シーズン目を迎えたインテルで厳しい状況に立たされている。

 なお、同選手についてはサンプドリアからの関心も伝えられており、今月31日に閉幕する移籍市場においてその動向が注視されている。-サッカーキング-

Yuto Nagatomo and his agent currently stalling on Burnleys wage offer

   

【イタリアの反応】「言うことなしだ」長友、決勝ゴールに絡み現地インテルサポから賞賛相次ぐ!

長友佑都

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは26日、セリエA第10節でトリノに2-1で勝利。フル出場した長友が試合後、インタビューに応じている。

 インテルはリーグ戦3連敗中で14位に低迷しており、フランク・デ・ブール監督解任の噂もささやかれていた。長友は「なかなか点がとれなくて、また引き分けるんじゃないかとちょっと脳裏をよぎりました」と、苦しみながらの勝利だったと振り返った。

 前節のアタランタ戦からの修正点については、「まずは守備の入り方ですね。アタランタ戦は前の選手と後ろの選手の意思疎通というか、共有ができてなかったというのがあった。そこをこの2日間で修正して、よくなったかな」とコメント。チームとして守備面での改善をしていたと明かした。

 開幕節キエーヴォ戦以来、約2カ月ぶりのフル出場となった長友。自身のプレーについて「上がれる時は本当にタイミングがいい時だけ上がろうと思っていましたけど、ただ守備は変わらずしっかりやってました」と言及。長友がライン際でボールを残し、88分のアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの決勝点につながったシーンを振り返り、「あれは雑草魂ですよ(笑)。どんな時にも諦めないという気持ちを自分自身も見せたかったし、サポーターの皆さん、応援してくださる皆さんにも見せたかったんで。諦めない気持ち、ただそれだけです」。

 クラブ公式メディア『インテル・チャンネル』のインタビューには、「今日は全員がよくやったし、勝てたから満足している。僕は常にあきらめないし、ハートでプレーしている。全員で守り、全員で攻めていったから勝利をつかめた。こういうサッカーをいつもできるかといえば、それは簡単じゃない。でもこの調子でキープしていく必要がある」と力強く答え、今後も良いパフォーマンスを続けたいと誓った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00508119-soccerk-socc

Nagatomo to Inter Channel I played with heart We defended together, we attacked together Need to keet it up

   

【イタリアの反応】「ノリに乗っている」長友の先制ゴールに現地インテルサポが称賛!

長友佑都

インテルは27日、ニューヨークでアルゼンチンのエストゥディアンテス親善試合を行い、1-1で引き分けた。日本代表MF長友佑都はこの試合で先制ゴールを記録している。

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)パリ・サンジェルマン戦に続いて先発した長友は、開始わずか5分で先制ゴールを記録。速攻からエリア左側に抜け出して切り返したパラシオがグラウンダーのクロスを入れると、そこに右サイドから走り込んだ長友がダイレクトで蹴り込んで1-0とした。

エストゥディアンテスも反撃に転じ、前半終了間際のFKにデサバトが頭で合わせて同点に追いつく。後半にはそれ以上のゴールは生まれず、試合はドローに終わっている。長友はたびたびチャンスに絡む好プレーを見せ、フル出場を果たした。goal.com

Inter 1-1 Estudiantes de la Plata (Nagatomo; Desabato)

   

【海外の反応】長友に強力ライバル!「トルコ最高の左SB」ジャネル・エルキンがインテルに加入!

長友佑都

インテルは1日、フェネルバフチェからトルコ代表DFジャネル・エルキン(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年契約となっている。

左利きの攻撃的サイドバックのエルキンは、フェネルバフチェで公式戦213試合に出場し、16ゴール48アシストを記録。ただ、今シーズンはリーグ戦13試合の出場に留まり、今シーズン終了後に満了するクラブとの契約を更新せず、インテル行きを決断した。

なお、左サイドバックと左のウイングバックを主戦場とするエルキンは、日本代表DF長友佑都にとって、新たなライバルとなるはずだ。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=241901

Caner Erkin inter

   

サッカーゲームキング 2017年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 6/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 07 月号 [雑誌]
ゲームの支配者 ヨハン・クライフ ワールドサッカーダイジェスト 2017年 6/1 号 [雑誌]
フットボール批評issue16 伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法 (教育単行本)
月刊フットボリスタ 2017年6月号 グアルディオラ総論
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR