NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「躍動していた」香川途中出場でアピール..ドルトムント、黄色い壁閉鎖もヴォルフスブルクに快勝!

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ドルトムントは14日に行われたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦のベンフィカ戦を0-1で落とし、公式戦連敗を喫してしまった。同試合ではエースのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンがPKを外しており、2017年に入って得点ランキングトップに立ちながらも不振に喘いでいる。また、第19節のライプツィヒ戦でドルトムントサポーターの一部がライプツィヒのファンを襲撃したことにより、“黄色い壁”と呼ばれる南側スタンドが同試合で閉鎖される。14位に沈むヴォルフスブルク戦はエース、チームにとっても重要な試合となった。

 試合は立ち上がりから圧倒的なドルトムントのペース。7分にオーバメヤン、9分にマルコ・ロイス、15分にオーバメヤンと立て続けにチャンスを迎えたが、シュートはことごとくGKディエゴ・ベナリオが好セーブでしのぎ切る。

 ヴォルフスブルクは防戦一方ながらなんとか水際で抑えていたが、思わぬ形で失点してしまう。20分、ドルトムントが左サイドでCKを獲得すると、ショートコーナーからウスマン・デンベレがクロスを入れると、相手DFがブロックしたこぼれ球をウカシュ・ピシュチェクがエリア内左で拾う。マイナスのクロスを入れると、ヴォルフスブルクのジェフリー・ブルマがクリアミス。これがゴール右に決まってしまい、オウンゴールドルトムントが先制した。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

 後半の立ち上がりにドルトムントが追加点を奪う。48分、左サイドのFKがクリアされると、デンベレがエリア手前右でセカンドボールを拾う。クロスを入れると、マティアス・ギンターが触り、最後はピシュチェクがヘディングで押し込んでリードを2点に広げた。

 さらに59分、右サイドを駆け上がったピシュチェクがクロスを入れると、中央のデンベレがヘッドで叩きつけ、ゴール右にシュートを沈めた。ピシュチェクは3ゴール全てに絡む活躍となった。

 ドルトムントは73分にデンベレを下げ、香川を投入。香川はダルムシュタット戦に続き2試合連続の途中出場となった。すると77分、エリア手前でボールを持った香川がスルーパスを送る。エリア内で受けたオーバメヤンがシュートを狙ったが、ここはGKべナリオがセーブ。こぼれ球をクリスチャン・プリシッチが頭でつなぎ、オーバメヤンが押し込んだが、オフサイドで得点は認められなかった。

 試合はこのまま3-0でタイムアップ。ドルトムントが公式戦3試合ぶりに白星を収めた。なお、香川は73分から途中出場した。

 次節、ドルトムントは敵地でフライブルクと、ヴォルフスブルクはホームでブレーメンと対戦する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553483-soccerk-socc

Halbzeit(führung) in Dortmund bvbwob 1-0 HT

   

【海外の反応】「理解できない」ドルトムント、オバメヤン痛恨のPK失敗でベンフィカに敗戦(CL)

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
チャンピオンズリーグCL)・ラウンド16ファーストレグが14日に行われ、ベンフィカドルトムントが対戦した。

グループステージを2位で通過したベンフィカと首位通過のドルトムントドルトムントはアウェーで慎重な入りを求めてか、5バックを敷き、最前線にマルコ・ロイスとピエール=エメリク・オーバメヤンを置いた。

立ち上がりから攻守の入れ替えが激しく、縦に速い展開が続く。ベンフィカがボールを持つ時間が長くなるものの、それほど大事に持つことはなく、右サイドのサルビオの突破力を活かし、前へ前へと突き進む。

一方のドルトムントも当初のプラン通り、ロイスオーバメヤン、ウスマン・デンベレらのスピードを活かすカウンターで虎視眈々とワンチャンスを狙う。

10分過ぎにはデンベレが高い位置でボールを奪い、オーバメヤンへボールを送ると、キーパーと一対一のシーンを迎えるが、エースはこのチャンスでシュートをふかしてしまい、大きな先制点をチームにもたらすことはできず。

それでも徐々に試合は落ち着き、ドルトムントが相手陣内でボールを持つ時間が長くなり始める。しかし、“持たされた”ドルトムントができることは少なく、効果的な崩しは披露できず。結局、前半はスコアレスで終了する。

守備的なアプローチで後半に入ったドルトムントに対して、フットボールの神からきつい仕打ちが。48分、コーナーキックからルイゾンが高い打点で合わせると、コスタス・ミトログルが途中でカットし、押し込む。セーフティに守って、あわよくばカウンターで1点というドルトムントのプランはここで破綻する。

50分過ぎには味方のパスが相手に当たって、絶好のボールがオーバメヤンに訪れるも、前半に続き、右足のシュートは枠の上。ドルトムントはエースが決めきれない。

それでもじわりじわりと押し込み始めたドルトムントが58分にはPKを奪取。しかし、オーバメヤンが正面に放ったシュートは、GKエデルソンが読み切り、セーブ。またしても、オーバメヤンが大きなチャンスを逸してしまう。結局、オーバメヤンは62分にアンドレ・シュールレと交代でピッチを去ることになる。

なかなか攻撃への強い意思を見せられないドルトムントは82分、ロイスとラファエル・ゲレイロを下げて、ゴンサロ・カストロ、クリスチャン・プリシッチを投入。

直後にフリーキックからプリシッチがボレーで狙うが、またもGKエデルソンがスーパーセーブ。ベンフィカゴールにがっちりと鍵をかける。

ベンフィカ守備陣の奮闘もあり、スコアはこのまま動かず。ホームのベンフィカが1-0で勝利した。

ドルトムントはリーグ戦の悪い流れを引きずったまま、連敗。アウェーゴールもなしで、セカンドレグへ向けて不安を残した。一方のベンフィカはホームで先勝し、ドルトムント相手にも互角に渡り合えることを証明し、勇気を持ってヴェストファーレンへと乗り込むことになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000045-goal-socc

Fulham flop Mitroglou puts Benfica in charge of Champions League last-16 tie with only goal in win over struggling Dortmund

   

【海外の反応】「なんて試合だ」ドルトムント、原口ヘルタとのPK戦に及ぶ激闘を制す!(ポカール)

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
DFBポカール3回戦が8日に行われ、ドルトムントヘルタ・ベルリンが対戦。

今シーズンはリーグ戦でも欧州カップ戦の出場権を争う両チーム。ドルトムントはこの試合で3バックを採用し、中盤にはユリアン・ヴァイグル、ラファエル・ゲレイロ、ウスマン・デンベレを起用し、前線にマルコ・ロイスとピエール=エメリク・オーバメヤンが入った。一方のヘルタは原口元気、ヴェダド・イビシェヴィッチ、サロモン・カルーなど主力が先発した。

試合は序盤からオープンで、見どころの多い試合となる。イビシェヴィッチが相手DFのボールを奪い、独走からチャンスを迎えるが、何とかソクラティス・パパスタソプーロスが戻り、フリーでシュートを打たせない。ヘルタの激しい守備に苦労するドルトムントだが、一瞬の隙からオーバメヤンが抜け出し、ビッグチャンス。キーパーをかわしにいって、倒されるがノーホイッスルで、チャンスをふいにしてしまう。

その後、コーナーキックから決定的なチャンスを得たヘルタ。イビシェヴィッチはゴール前わずか数メートルからのヘディングを外してしまったが、それでも27分、先制に成功する。原口がボールを受けて、相手DFのポジションを動かすと、ニクラス・シュタルクのアーリークロスにエースのカルーが見事なボレーで合わせて、ネットを揺らす。アウェーのヘルタが大きな1点を手にした。

40分には浮き球をダイレクトでロイスが折り返し、押し込んでドルトムントが同点に追いつくが、オフサイドの判定でノーゴール。前半はヘルタが1点をリードして折り返す。

早く追いつきたいドルトムント、後半頭からマルセル・シュメルツァー、ウカシュ・ピシュチェクに代え、クリスチャン・プリシッチ、マティアス・ギンターと攻撃的なカードを切る。すると47分、あっさりと同点に追いつく。マルク・バルトラスルーパスに抜け出したデンベレのシュートは左ポストに弾かれるも再び拾ったデンベレ、プリシッチと繋いで、最後はロイスが沈めた。

ドルトムントは同点弾以降、一気に攻め込み、次々とシュートチャンスを作っていく。オーバメヤンがクロスを押し込み、ネットを揺らすシーンがあったものの、ファウルの判定でまたも取り消しに。それでも少しずつヘルタのプレスが遅れ始め、青いユニフォームを着た選手に次々と黄色いカードが提示される。

押し込んでいた時間にゴールを奪えなかったドルトムントは、ゲレイロに代えてゴンサロ・カストロを投入。中盤にエネルギーを加えて、逆転弾を狙いに行く。

原口の走力を生かして、何とかカウンターに出たいヘルタだが、ドルトムントの圧力に屈し、防戦一方。それでもドルトムントは90分で決めきれず、延長戦へと突入する。

延長戦に入ったことで4枚目の交代カードが許され、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は愛弟子アンドレ・シュールレを投入。

そして95分に原口も途中交代。アレクサンデル・エスヴァインを入れて、何とか突破口を探す。ドルトムントもデンベレが延長前半終了間際に負傷し、一人少ない状態での戦いを余儀なくされてしまう。

結局延長後半も動きはなく、終了間際にはソクラティスが2枚目のイエローで退場処分。残り数分を10人で戦うこととなる。それでも試合に大きな影響を与えることはなく、PK戦で勝敗を決することに。

ヘルタは1、2、6人目が失敗した一方で、ドルトムントは一人の失敗に抑えて、PK戦4-3で勝利。ドルトムントが辛くも準々決勝進出を決めた。なお、ドルトムントの香川真司に出番は訪れなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000043-goal-socc

Buerki1 im Interview nach dem Spiel #bvbbsc

   

【海外の反応】「助かった」ドルトムント、デンベレのスーパーアシストでライプツィヒに辛勝!

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントライプツィヒが対戦した。香川は2試合連続でベンチスタートとなった。

 直近の5試合で1勝4分けと勝ちきれない試合が続いている4位のドルトムント。上位争いに留まるためにも、ホームで負けが許されない状況だ。一方、昇格組ながら2位と快進撃を続けるライプツィヒ。先に試合を行った首位のバイエルンが引き分けたため、少しでも勝ち点差を詰めたいところだ。

 両チーム、なかなか決定的な場面を作れない中で、ドルトムントが右サイドからチャンスを作る。33分、右サイドを突破したウスマン・デンベレがクロスを上げると、これをピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせたが、ここは枠を捉えきれなかった。しかし、直後の35分、同じような形でデンベレが右サイドを突破すると、オーバメヤンがフリーでヘディングシュート。今度こそゴールネットを揺らし、ドルトムントが先制に成功した。このまま1-0でドルトムントがリードしてハーフタイムを迎える。

 後半立ち上がりに決定機を迎えたのはドルトムント。51分、カウンターから3対1の場面ができると、オーバメヤンがエリア内中央のマルコ・ロイスへパス。ロイスがワンフェイントからシュートを放ったが、ミスキックになってしまい、シュートはゴール右に外れてしまった。

 さらに58分、カウンターからオーバメヤンが最終ラインの裏に抜け出すと、DFとの一対一を切り返しでかわして右足シュートを狙ったが、ここはGKペーテル・グラーチの正面に飛んでしまった。

 なかなかシュートまで持ち込めないライプツィヒに対し、ドルトムントがまたしてもチャンスを迎える。83分、ロイスが最終ラインの裏に抜け出し、GKとの一対一からシュートを狙ったが、またしても枠の左へ外してしまう。ロイスは89分にもオーバメヤンから絶好のパスを受け取ったが、シュートをグラーチに当ててしまい、追加点を奪えない。

 すると後半アディショナルタイム3分、ラストプレーでライプツィヒのフェデリコ・パラシオス・マルティネスがゴールネットを揺らし、劇的な同点ゴールかと思われたが、ここはオフサイドの判定で得点は認められず。このまま1-0でドルトムントがライプツィヒを下し、2試合ぶりに白星を収めた。なお、香川は2試合連続で出番がなかった。

 次節、ドルトムントは敵地でダルムシュタットと、ライプツィヒはホームで日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549342-soccerk-socc

The moment @Aubameyang7 headed @BVB in to the lead #BVBRBL 1-0

   

現地ドルサポ「ラッキーだ」武藤のゴールは誤審オフサイドで幻に..ドルトムントはマインツと痛恨ドロー【海外の反応】

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガ第18節が29日に行われ、FW武藤嘉紀所属のマインツと日本代表MF香川真司所属のドルトムントが対戦した。

 リーグ11位のマインツが、前節公式戦5試合ぶりの勝利を収めた4位ドルトムントをホームに迎えた。武藤は前節不発に終わったものの、2試合連続となる先発出場。一方の香川はベンチスタートとなった。

 試合開始からわずか3分、ドルトムントが先制する。ピッチ中央でボールを奪うと、左サイドでフリーとなったマルコ・ロイスが、アンドレ・シュールレからの斜めのパスを受けてエリア内へ進入。落ち着いてGKヨナス・レッスルとの1対1を制し、ゴール左隅を揺らした。

 23分、ドルトムントロイスがファウルを受け、ピッチ中央でFKを獲得。ラファエル・ゲレイロが左足でゴールを狙ったが、シュートはGKレッスルにキャッチされた。

 しかしその後もペースを握ったのはドルトムント。43分にはピエール・エメリク・オーバメヤンがディフェンスラインの裏へ抜け出したが、ここはGKレッスルがエリアを飛び出して対応。突破を許さず、シュートを打たせなかった。

 ドルトムントの1点リードで試合は後半に突入。迎えた55分、マインツは武藤が左サイドでソクラティス・パパスタソプーロスに倒されてFKを得る。しかしこのチャンスをシュートに結びつけることはできない。

 61分、ドルトムントが左サイドをパスワークで突破。最後はゴンサロ・カストロのクロスボールにシュールレが左足のボレーで合わせるが、シュートはポスト左へわずかに外れた。

 ドルトムントは66分にマリオ・ゲッツェ、71分にウスマン・デンベレを投入。攻撃の活性化を図る。一方のマインツも74分に武藤を下げ、パブロ・デ・ブラシスをピッチへ送り込んだ。

 すると83分、マインツは右サイドでレヴィン・エズトゥナリがボールをキープしクロスを供給。これにファーサイドへ走りこんだダニー・ラッツァがヘディングで合わせ、同点ゴールを突き刺した。

 その後スコアは動かず、試合はこのままタイムアップ。1-1で試合を終え、両チーム勝ち点1ずつを積み上げることとなった。なお、武藤は74分までプレー。香川には出場機会が無かった。

 次節、マインツは敵地でホッフェンハイムと、ドルトムントはホームでライプツィヒと対戦する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00547389-soccerk-socc

dourtmund Post Game Thread Mainz 05 (Buli #18)

   

Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集) Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)




Ads by amazon
月刊サッカーマガジン 2017年 04 月号 [雑誌] J2マガジン 2017年開幕大展望号 2017年 04 月号 [雑誌]: 月刊サッカーマガジン 増刊
月刊WORLD SOCCER KING(ワールドサッカーキング) 2017年 03 月号 [雑誌] マヌエル・ノイアー伝記
世界一に迫った日 鹿島アントラーズ クラブW杯激闘録 2017 J1&J2&J3選手名鑑
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 3/2 号 [雑誌] LIFE アンドレス・イニエスタ自伝
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

仁王 - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR