NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「嬉しい」ドルトムントのゲッツェ、自身の“完全復活“を明言!

ドルトムント

ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが自身の“完全復活”を明言した。ブンデスリーガ公式HPが27日付で同選手のインタビューを伝えている。

 ゲッツェはまず、自身のコンディションについて言及した。「自分のコンディションをベストなレベルまで戻すのに多くの時間がかかることは分かっていた。まだケガによる影響が多少残っているかもしれないしね。でも、今の状態はとても良いよ。そろそろゴールを決めたいと思っている。ドルトムントが僕に自信を取り戻させてくれた。もっと良いプレーができると思っているし、チームを勝利に導くようなプレーをしたい」

 また、ゲッツェはしばらく遠ざかっているドイツ代表チームについても「なるだけ早く代表のユニフォームを着てプレーしたいと思っている。でも、代表に戻るためにはまだまだすべきことがあるのも事実だ」とコメントした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00661810-soccerk-socc

Mario Götze Always a great feeling on our pitch

   

【海外の反応】香川途中出場のドルトムント、フランクフルトに2点差を追いつかれ痛恨ドロー

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガ第9節が21日に行われ、日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトと、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。長谷部は先発、鎌田はメンバー外、香川はベンチスタートとなった。

 先制したのはアウェイのドルトムント。18分、ルーズボールを拾ったマルク・バルトラがペナルティエリア手前右まで持ち上がり、右足でシュートを放つ。ボールは枠の左へ逸れる軌道だったが、ゴール前に走り込んだヌリ・シャヒンが左足で合わせ、ネットを揺らした。

 1点リードで後半を迎えたドルトムントは51分と53分にエースのピエール・エメリク・オーバメヤンが決定機を迎えたが、決めきることができない。それでも57分、ショートカウンターからマキシミリアン・フィリップが左足のシュートをゴール右下に流し込み、リードが2点に広がった。直後の58分、ドルトムントはゴンサロ・カストロに代えて香川を投入した。

 選手交代で試合を決める3点目を狙いたいドルトムントだったが、逆にフランクフルトが反撃に出る。まずは63分、エリア内左でパスを受けたアンテ・レビッチがGKロマン・ビュルキに倒されてPKを獲得。セバスティアン・ハラーが冷静にゴール右へ決めて1点差に詰め寄った。さらに68分、スルーパスでエリア内右に抜け出したマリウス・ヴォルフが右足でシュートを放つと、左ポストをかすめたシュートがゴールへ収まり、2-2の同点となった。

 追い付かれたドルトムントは90分、ゴール前にこぼれたボールに反応したシャヒンが左足ボレーで狙う。シュートは枠の右を捉えたが、カバーに入っていた長谷部が弾き出し、得点とはならない。

 結局このままタイムアップを迎え、試合は2-2のドローに終わった。

 次節、フランクフルトは27日に日本代表FW武藤嘉紀所属のマインツと、ドルトムントは28日にハノーファーと、それぞれアウェイで対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00658849-soccerk-socc

Frankfurt 2_2 BVB 2017

   

【海外の反応】「予想外だ」ドルトムント、批判集まるGKビュルキとの契約延長を発表

ドルトムント

ドルトムントは20日、スイス代表GKロマン・ビュルキ(26)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。

▽2015年夏にフライブルクから加入したビュルキは、これまで公式戦95試合に出場。2017年にはDFBポカールで優勝を果たしていた。

▽先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦では2度の大きなミスにより失点を許し、厳しい批判にさらされているビュルキは、クラブの公式サイトで契約延長について次のように語った。

ドルトムントがこの厳しい時期に示してくれたこの信頼をとてもうれしく思う。この素晴らしいクラブのゴールマウスに立てることを嬉しく、そして誇りにも思っているよ」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っている。

「ロマンはプレーの面でも人間性でも、ドルトムントにとてもマッチしている。我々は彼のプレースタイルを好んでいるし、大きな伸び代をもっていると考えているよ。そしてまたコンスタントにパフォーマンスを発揮するはずだ」
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=291064
Roman Bürki extends BVB contract until 2021


   

【海外の反応】「なんて試合だ」香川出番なしのドルトムント、ライプツィヒに逆転負けでホーム無敗記録がストップ

ドルトムント

※追記しました
現地時間14日にブンデスリーガ第8節の試合が行われ、ドルトムントはホームにライプツィヒを迎えて対戦。

 前節のアウグスブルク戦では決勝点を記録したドルトムント所属の日本代表MF香川真司だが、今節はベンチスタートとなった。試合開始して4分、相手にプレッシャーをかけてボールを奪ったピエール・エメリク・オーバメヤンが自らシュートまで持ち込み先制点を決める。

 しかし10分、セットプレーから頭でボールを繋がれた後、最後にマルセル・サビッツァーにヘディングシュートを決められ同点に追いつかれてしまった。さらに25分、左サイドからブルマに突破され、ペナルティーエリア内にまで侵入された後ラストパスを受けたユセフ・ポールセンに押し込まれ逆転されてしまう。

 そして47分にはソクラティス・パパスタソプーロスがペナルティーエリア内で相手を倒したことでPKの判定。加えてソクラティスにレッドカードが提示され1発退場となる。このPKのチャンスを49分にジャン・ケヴィン・アウグスティンがしっかりと決めてライプツィヒに3点目が入った。対するライプツィヒも56分、ステファン・イルサンケルが退場し10人となる。

 すると61分、オーバメヤンがペナルティーエリア内で倒されるとVAR(ビデオ・アシスタント・ レフェリー)の判定によりドルトムントがPKを獲得。このPKをオーバメヤン自ら蹴ってゴールを決めた。しかし、結局追いつくことはできずドルトムントは2-3の敗戦を喫している。前節決勝点の香川は出場しなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171015-00235874-footballc-socc

Dortmund 2-3 RB Leipzig 2017

   

【海外の反応】「過大評価なのか?」オバメヤンは今季欧州五大リーグで最も決定機を外している選手だった

ドルトムント

オバメヤンは今季の欧州五大リーグで他のどの選手よりも決定機を外している(11回)

Aubameyang goal against Schalke (0-1) assisted by kagawa

   

日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖(amazon) (アディダス)adidas サッカー 日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖 DRN93 [メンズ]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 12/14 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2018年 01 月号 [雑誌]
セレッソ大阪 2017 ルヴァンカップ優勝記念特別号 【特別付録】優勝記念ジャンボポスター付き (サッカーマガジン12月号増刊) パリ・サンジェルマン特集号 パリは燃えているか 2017年 12月号 [雑誌] (ワールドサッカーキング増刊)
anan (アンアン)2017/11/01[アスリートに夢中! ] サッカーダイジェスト 2017年 11/23 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2017年12月号 ワールドサッカーダイジェスト 2017年 12/7 号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「信じられない」サウジ代表、僅か2ヶ月で新監督を電撃解任!
【海外の反応】「日本戦は恥ずかしかった」オーストラリア代表監督が電撃辞任!悲喜こもごもの豪州人ファン
【海外の反応】「ボシュ、出て行け」香川先発のドルトムント、トッテナムに逆転負けでCL敗退が決定
【海外の反応】「夢だ」岡崎とタイのメッシが共演?札幌チャナティップにレスター電撃移籍急浮上!
【海外の反応】「恥を知れ」浦和ラファエルシルバへの人種差別コメントに批判の声!アルヒラルサポの言い分は..
【海外の反応】日本代表の観客動員数は世界屈指だった!
【オランダの反応】「並外れている」堂安律に拍手喝采!MOMに選出!現地サポが称賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

龍が如く 極2

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR