FC2ブログ

NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本人、最高だ」本田圭佑、君が代を熱唱!ニッポンコールで同僚を盛り上げる(動画あり)

本田圭佑

メルボルン・ビクトリー所属MF本田圭佑が21日、自身のインスタグラム(@keisukehonda)を更新し、チームメイトに国歌を斉唱する様子を投稿した。

 椅子の上に直立した本田は目を閉じ、エンブレムがある左胸に手をあてて全力で「君が代」を熱唱。同僚に向けて歌い終えると、そのまま「ニッポン」コールで陽気に盛り上げた。動画には「この歌は日本でベスト。メルボルン・ビクトリーのファミリーのために歌った」とコメントを添えた。

 本田の真剣なパフォーマンスを見守るチームメイトの中には失笑する選手、撮影する選手もいたが、「ニッポン」コールには手拍子で乗り、大いに沸いていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-01984376-gekisaka-socc

Honda sang for Melbourne Victory Japan national anthem

   

【海外の反応】「強くなっている」本田圭佑、監督デビュー戦で逆転負け..手応えを掴むカンボジア人も

本田圭佑

メルボルンVのMF本田圭佑(32)が事実上の監督を務めるカンボジア代表が10日、ホームのプノンペンでマレーシア代表と対戦し、1―3で逆転負けを喫した。ショートパス、ハイプレスが奏功して幸先よく先制したが、パワーダウンした後半に一挙3失点。初陣からいきなり宿敵を撃破することはできなかった。試合後の会見にでは「結果が出なかったので僕に責任があるし、何かやれたことがあった。確実に敗因には理由がある。今晩はそれを考えることに時間を割くと思います」と振り返った。

 試合前には急な雷雨の影響でキックオフが30分、遅れるハプニング。FIFAアンセムが流れる入場の際には、両腕に時計をつけてサングラスという奇抜なスタイルで約3万人の観衆の度肝を抜いた。試合中はピッチ脇に立ち、静かにタクトを振るった。逆転負けを喫したが、最後までハイラインの攻めの姿勢を貫き、観客からは大きな拍手がわき起こっていた。

 選手として20年東京五輪出場を目指しながら挑戦する代表監督。二足のわらじを履く本田は「(指揮を執り)まだ何が難しいのか分かっていない状況かもしれない。そのギリギリのところをもっと追求しないと。トップ・オブ・ザ・トップを追求しないといけない。今日の敗戦は忘れることはない」と自らを厳しく見つめていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000139-spnannex-socc

Keisuke Honda makes his debut as General ManagerHead Coach of Cambodia

   

【海外の反応】「最高だ」本田圭佑、英会話レッスンでファック連発に外国人に大ウケ!(動画あり)

本田圭佑

オーストラリアメルボルン・ビクトリーに加入し、背番号「4」を背負う本田圭佑。先日はカンボジア代表の“実質”監督として手腕を振るうなど、変わらず世間を賑わせている。

 そんな本田圭佑が現在、力を注いでいるのが英会話能力の向上だ。

 毎日英語を勉強する様子の一部を、自身のインスタグラムで公開。30秒強の動画が投稿された。コメントでは「英語を上達させるために練習しているけど、望んだようには進まない!」と珍しく弱音も……。

 動画は、本田が「今日の英語のレッスンを始めます」と、スマートフォンを片手に登場。流れてくる英会話を耳で聞きながら、口に出してリピートするレッスンに挑戦している。きちんとした発音で繰り返すことができればポイントが加算され、間違えてしまうとポイントが差し引かれる、というシステムのようだ。

 例文で流れてくるのは、機器を取り扱う企業のカスタマーセンターと、電話をかけてきた顧客のやり取り。「マシンを買ったけど、説明書がなくて使い方が分からない」という男性に対応するカスタマーセンターの女性……というシナリオを、スタート時は軽快に追いかけていた本田。しかし、20秒を過ぎたころから会話に詰まり、開始30秒で完全に追いつけなくなってしまった。

 会話を追いかけられなくなった本田は、アプリを片手に思わず英語で悪態をつく、というところで動画は終了した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180907-00046862-sdigestw-socc

Honda practicing to improve his English but it is not going like he hoped

   

【海外の反応】「一体何なんだ?」本田圭佑、実質的なカンボジア代表監督に就任!驚愕する海外のサッカーファン

本田圭佑

先日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリー加入が発表されたばかりの日本代表FW本田圭佑(32)が、カンボジア代表の『Head of delegation』に就任することがわかった。これは実質的な“監督”のポジションだという。

 12日、本田はプノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会見に出席。同代表のコーチングスタッフに入閣することを発表した。本田の肩書きは『Head of delegation』。チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定で、実質的な“監督”のポジションも担うことになる。

 本田の所属事務所であるHONDA ESTILO株式会社によれば、登録上の監督はフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス(30)。今後、本田はメルボルン・ビクトリーでプレーしながら、国際Aマッチデーにカンボジア代表の実質的な監督を務めるという。なお、初陣は9月10日にホームで開催されるマレーシア代表戦を予定している。

 ロシアW杯後に代表引退を表明した本田は、今までにないかたちで世界のサッカーに関わる方法がないかを模索し、これまで関係を築いていたカンボジアサッカー協会へ今回の件を提案。同協会がアジアサッカー連盟など関係各所に確認をとり、ルール上問題ないとの判断で今回の新たな取り組みが発表された。

 会見に出席した本田は、「こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています。私にとってはじめての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と語り、「カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること」と「サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくこと」をミッションとして掲げた。

 前例のないことにチャレンジする本田。今後は、2020年の東京五輪でオーバーエイジ枠として出場することを目指しつつ、同じアジアのカンボジア代表の指揮を執ることになる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-01664863-gekisaka-socc

Keisuke Honda 🇯🇵 has been announced as manager of Cambodia

   

【海外の反応】「スーパースターだ」本田圭佑、豪州移籍が正式決定!歓喜する現地メルボルンVサポーター

本田圭佑

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーは6日、元日本代表MF本田圭佑の加入が決まったと発表した。契約期間は2018-19シーズンとされ、「クラブ史上最大の契約」とも公式HPに記されている。

 去就に注目が集まっていた本田については、オーストラリアメディア『SBS』がメルボルン・ビクトリーと1年契約を締結する見通しであると報じていた。年俸は290万ドル(約3億2000万円)で、同クラブが130万ドル、残りの160万ドルはオーストラリアサッカー連盟(FFA)と『FOX SPORTS』が支払うことになるという。

 そして本田は2日、インターネットテレビ番組『AbemaTV』に生出演。番組の最後にオーストラリア移籍の可能性を問われると「イエスです! ただ交渉は最後まで分からないので、待っていてもらえると」とコメントしていた。

 本田はパチューカとの契約が満了となり、フリートランスファーとなっていた。2018 FIFAワールドカップ ロシアを終え、現役引退の可能性も含めて去就に注目が集まっていたが、新天地がついに決定。オランダ、ロシア、イタリア、メキシコと海外クラブを渡り歩いてきたが、次のチャレンジはオーストラリアが舞台となることが決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00804670-soccerk-socc

Melbourne, Keisuke Honda

   

サッカーゲームキング 2018年 11月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 11 月号 [雑誌]




Ads by amazon
「マイペース」が引き出す可能性 ~常に自分らしくいられる簡単メソッド~ ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 11/1 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2018年 11 月号 [雑誌]
サッカーダイジェスト 2018年 10/25 号 [雑誌] 耐心力 重圧をコントロールする術がある
アジアサッカーキング 2018年 11月号 [雑誌] (WORLD SOCCER KING増刊) アジアフットボール批評issue07
最新記事
【海外の反応】「恥ずべきだ」広島の平和公園にサッカーチーム名の落書き、ブルガリア外務省が公式に謝罪
【海外の反応】「日本にはもったいない」名将ベンゲル、日本で監督復帰?可能性に言及
【海外の反応】「日本は本物だ」日本代表の金星を世界のファンが絶賛!(ウルグアイ戦)
【海外の反応】「日本が止まらない」日本代表、4ゴールを奪いウルグアイに勝利!森保ジャパン無傷の3連勝!
【海外の反応】「坊主頭にする」本田圭佑よりボルトがゴールを決めたら..豪州の女性司会者が宣言!
【海外の反応】「レーヴ、辞めろ」ドイツ、歴史的敗戦に批判続出!
【海外の反応】「13億人もいるのに..」東京五輪を目指す中国代表にショック受けるヒディンク監督
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

ウイニングイレブン2019 (【特典】myClub用DLC 同梱) - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR