NO FOOTY NO LIFE



【フランスの反応】「脱帽だ」川島、スーパーセーブ連発で仏メディアのベストイレブン入り!現地サポも絶賛!

川島永嗣

川島がPKをストップし、チームの勝ち点「1」獲得に貢献した。

メスに所属する日本代表GK川島永嗣がPKストップで、勝ち点1獲得に貢献した。

メスは14日、リーグ・アン第37節でトゥールーズと対戦し、1-1で引き分けた。この試合で先発出場した川島はチームを救う活躍を見せる。1-1で迎えた81分、メスはPKを献上してしまい、試合終盤に手痛い勝ち越し点を許すかと思われた。しかし、川島がこのPKをセーブし、追加点を与えず。フランスメディア『football365』は川島の活躍を評価し、チーム最高点タイとなる「7」の採点を与えている。

「第3GK」としてチームに加入した川島であったが、シーズン終盤になって、リーグ戦3試合連続となるフル出場を果たした。最終節もゴールマウスを守ることになるのだろうか。次節は敵地でギャンガンと対戦する。

なお、メスは前節に1部残留を決めており、37節を終えた時点で14位につけている。goal.com

Kawashima dans les 11 LEquipe et WhoScored de la semaine en Ligue 1

   

【海外の反応】GK川島、念願の仏リーグデビュー!5大リーグ出場の目標実現..チームはPSGに惜敗

川島永嗣

フランス1部メスの日本代表GK川島永嗣(34)がフランスリーグでついにデビューを果たした。18日、ホームで行われたパリ・サンジェルマン戦にフル出場。「ヨーロッパの5大リーグで日本人GKとしてプレーする」と、昨年8月に移籍した際に掲げていた目標を実現させた。第3GKの立場で加入しており、ここまで公式戦出場は1月8日のフランス杯2部ランス戦(●0―2)のみだった。

 試合はリーグ5連覇を狙う強豪に序盤から圧倒され、前半33分、同36分と立て続けに失点。ともに至近距離からシュートを打たれ、川島は必死のセーブを試みたが触れなかった。

 終盤にメスが反撃。後半33分、同43分に得点し同点に追いついたが、同48分に相手フランス代表MFマテュイディに頭で決められた。ゴール左隅に飛んだシュートに川島は一歩も動けず、頭を抱えて悔しがった。

 これが決勝点となり、強豪相手に一度は追いつきながら悔しい惜敗。3失点は喫したものの、川島自身に大きなミスはなかった。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/04/19/kiji/20170419s00002025223000c.html
フランス紙『レキップ』によると、フィリップ・ヒンシュベルガー監督はミッドウィークでの一戦で、正GKのトーマス・ディディヨンを休養のため温存。第2GKのダヴィ・オーバーハウザーもオプションだったようだが、川島の起用を選んだという。

 今シーズンからメスに所属する川島は、昨夏の加入時に第3GKと明言されており、リーグ戦でベンチ入りしていたもの出場の機会はなかった。それでも1月にはクープ・ドゥ・フランス9回戦のランス(2部)戦にフル出場し、フランスで公式戦デビュー。今試合でリーグ・アン初出場を果たし、3カ月ぶり今シーズン公式戦2試合目の出場となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00578052-soccerk-socc&pos=1

METZ PARIS, LES RÉACS DE KAWASHIMA ET UDOL

   

【スコットランドの反応】「残って欲しい」GK川島の残留を現地サポは希望もダンディーU退団か

川島永嗣

スコットランドのダンディー・Uは4日、2部降格に伴い、今シーズン限りで契約満了となる8選手を放出することをクラブ公式サイトで発表した。

 ダンディー・Uは2日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第35節、ダンディーFCとの“ダンディー・ダービー”で1-2の敗戦。この結果、2試合を残して、1994-95シーズン以来21年ぶりとなる2部降格が決定していた。

 その2日後の4日、クラブはミクス・パーテライネン監督との契約解消を発表。さらに、今シーズン限りで契約満了を迎える選手と新たな契約を結ばないことも決定している。

 退団が決まったのは、スコットランドサッカー選手協会(SPFA)の会長を務めるMFジョン・ランキンや、今シーズン途中に加入した元フランス代表FWフローラン・シナマ・ポンゴルらを含む8選手。その中に、昨年12月に今シーズン終了までの契約で加入した川島の名前はなかったものの、スコットランド紙『スコッツマン』は退団が決定的だと報じている。

 同サイトによると、ステファン・トンプソン会長が2部リーグで戦う来シーズンに向けて、トップチームの全選手と話し合いを実施。「2部降格によって厳しい状況になることをチームに説明しなければならなかった。彼らには経費削減策について話した。心地の良いことではなかったが、彼らと直接会って話をすべきだと思った。ジョン・ランキンは、SPFA会長であり、今回の件に関してよく理解していた。とても役に立ってくれたよ」と説明している。-サッカーキング-

kawashima Dundee 2-1 Dundee United

   

【スコットランドの反応】「神風が窮地から救う」川島がPKセーブ!2戦連続完封に貢献もダンディーUは依然最下位

川島永嗣

GK川島永嗣の所属するダンディー・ユナイテッドは13日、スコットランド・プレミアリーグ第26節でハミルトンと敵地で対戦し、0-0で引き分けた。スコアレスで迎えた最終盤にはダンディー・UはPKを与えてしまうが、川島がMFアリステア・クロフォードのシュートをストップ。7日のカップ戦のパーティック・シッスルFCに続く公式戦2試合連続の無失点で勝ち点1を死守した。

 しかしダンディー・Uの勝ち点は14で、11位マザーウェルとの勝ち点差は12と断トツの最下位にいることには変わりはない。-ゲキサカ

Hamilton Accies v Dundee United 0_0 kawashima pk saves

   

【スコットランドの反応】「好印象を受けた」川島痛恨のミスも現地ダンディーUサポはまさかの高評価!

川島永嗣

ダンディー・ユナイテッド に加入したGK川島永嗣のデビュー戦はほろ苦いものとなった。スコットランド・プレミアリーグは2日、第22節を行い、ダンディー・Uは敵地でダンディーFCと対戦し、1-2で逆転負けを喫した。-ゲキサカ

kawashima Dundee 2-1 Dundee United

   

サッカーゲームキング 2017年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 6/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 07 月号 [雑誌]
ゲームの支配者 ヨハン・クライフ ワールドサッカーダイジェスト 2017年 6/1 号 [雑誌]
フットボール批評issue16 伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法 (教育単行本)
月刊フットボリスタ 2017年6月号 グアルディオラ総論
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR