FC2ブログ

NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「日本人は一流だ」宇佐美と原口がアシスト!現地サポが称賛!

原口元気

ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの日本代表FW原口元気とFW宇佐美貴史は現地時間22日のインゴルシュタット戦に揃って先発出場し、二人で全3ゴールに絡み3-0勝利に貢献した。ドイツメディアではそれぞれ高評価を受け、「ハラグチはフォルトゥナの頭脳」、「ウサミに最初の頃の面影はない」と絶賛されている。

 前半6分、デュッセルドルフはゴール正面左の約30メートルの位置でFKを獲得。ゴール前に蹴り込むと見せかけ、グラウンダーのパスを選択すると、ボールに反応した原口がペナルティーエリア内に抜け出し、マイナス気味のクロスを供給。これをヘニングスが左足のダイレクトボレーで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 同40分には右サイドからのCKを獲得し、宇佐美のクロスをDFニコ・ギーセルマンが合わせて追加点を奪った。後半20分には再び宇佐美の右CKからチャンスを作ると、ギーセルマンが頭で折り返したところをDFロビン・ボルムートが押し込んだ。

 全3得点に日本人デュオが絡んだデュッセルドルフは4試合ぶりの勝利で首位の座をキープ。1試合消化の少ない2位ニュルンベルクに5差、3位ホルシュタイン・キールに7差を付けてリーグ制覇と1部昇格に一歩前進した。
最近9試合で5得点3アシストの宇佐美…活躍の要因は?

 ドイツ紙「Westdeutsche Zeitung」による選手採点では好守に献身的でフル出場した原口に最高評価の1点が付けられた。「ハラグチはフォルトゥナの頭脳だ」とチームに中心としての活躍が称えられている。

 宇佐美も2点と高評価。昨年の夏にチームに加わり、そこから2月頃までは本領発揮に至らなかった宇佐美だが、この試合を含めて最近9試合で5得点3アシストと大爆発。寸評でも「ウサミに最初の頃の面影はない」と記されるほどの成長を見せている。「彼自身のレベルの高さが素晴らしいだけではなく、同胞ハラグチからも影響を受けている」と今冬に原口が加入した恩恵を受けているとされている。

 宇佐美と原口という両翼は1部昇格を目指すデュッセルドルフを力強く牽引している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00010010-soccermzw-socc

usami and haraguchi assist agaisnt FC Ingolstadt 04

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」原口元気、1ゴール1アシストの活躍で現地サポが絶賛!

原口元気

フォルトゥナデュッセルドルフは27日に行われたブンデスリーガ2部第20節でカイザースラウテルンに3-1と逆転勝利を収めた。初の先発出場で1ゴール1アシストを記録した日本代表MF原口元気が、ドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

1トップで出場した原口は序盤から積極的にゴールを狙う姿勢を見せ、0-1で迎えた62分にPKを獲得すると、このPKを自ら決めて試合を振り出しに。原口へのファウルにより相手GKが退場となったことでデュッセルドルフは優勢に立ち、78分には逆転に成功。さらに86分に原口のアシストからチーム3点目が生まれている。

初先発の原口が見せたパフォーマンスに対するドイツメディアの評価は高かった。『キッカー』は原口にチーム単独最高の「1.5」を与え、MOMにも選出。「原口元気は先発デビューでそのクオリティーを見せつけた。機敏な動きとトリッキーなプレーを見せながら、2ゴールに決定的な形で関与した」と寸評した。

地元紙『WZ』ではトップタイの「2」と評価し、「彼にとって不慣れのポジションでも可能な限りベストのパフォーマンスを出し、活発に動く上、ほとんどのシーンで広い視野を保っていた」と記している。また「フォルトゥナのベストプレーヤーだった」と実質MOM同様の評価を与えた。

『ライニシェ・ポスト』での評価は「2-(マイナス)」とここでもトップタイ。プレーについては「豊富な運動量を見せ、チームも彼にボールを集めようとした。たくさんのプレーで1部での経験が明確に表れた」と評価した。

なおFW宇佐美貴史は、86分からの出場となったため、各メディアの評価対象から外れている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000017-goal-socc

haraguchi goal assist agaisnt fc Kaiserslautern with usami

   

【ドイツの反応】「ピストルのようだ」原口元気、移籍後デビュー戦で宇佐美と共演!現地サポに好印象を与える!

原口元気

1月24日(現地時間)、ブンデスリーガ2部の第19節が行なわれ、デュッセルドルフは2-1でアウエを下した。

 首位のデュッセルドルフ(試合開始時は暫定3位)には2日前に原口元気ヘルタ・ベルリンからレンタルで加入し、このウインターブレイク明けの初戦でさっそくデビューを飾るかが注目されたが、試合開始は宇佐美貴史とともにベンチで迎えることになった。
 
 序盤は主導権をアウェーチームに握られ、その後も時折、危険な場面を迎えたデュッセルドルフだったが、15分あたりからは攻勢に立って再三相手ゴールに迫り、30分には混戦からラマンがGKの頭上を越す浮き球のシュートを決めて先制に成功する。
 
 時間の経過とともに勢いを増し、その後も30分、40分、44分と惜しい場面を迎えるなど、ホームチームが完全に試合を支配して前半を終えた。
 
 しかし、後半は立ち上がりからアウエが攻め続ける。そんななかで62分、原口がラマンに代わってピッチに登場。左サイドに入り、さっそく守備で奮闘するも、直後にスクーのクロスをスライディングで止めようとするも間に合わず、これがCBボジェクのオウンゴールを誘発し、デュッセルドルフは追い付かれた。
 
 嫌な流れになったものの、原口は気を取り直し、67分には強引なドリブルで中央に切れ込み、相手に掴まれて倒されながらも味方にパスを繋ぐなど、強さを見せる。
 
 そしてその2分後、FKからドリブルでペナルティーエリア内に侵入したMFノイハウスが倒されてPK獲得。これをヘニングスがゴールの天井に突き刺し、デュッセルドルフは勝ち越しに成功した。
 
 76分には、宇佐美がロブレンに代わって右サイドへ。これで日本人選手2人がピッチに立ち、両サイドを担うこととなった。
 
 宇佐美はピッチを幅広く動いて積極的に攻撃に絡み、CKではキッカーを務めて味方の惜しいシュートを引き出したりもした。一方の原口は、まだ初戦ということでリスクを犯すことはなく、無難なプレーに終始。ドリブルでの仕掛けも2度に止まった。
 
 90分、宇佐美はフィンクのスルーパスを受けて決定的なシュートを放つもコースが甘く、GKのセーブに遭って思わず頭を抱え込んだ。
 
 しかし、デュッセルドルフは1点のリードを守り切って後半戦白星スタート。勝点3を加えて首位をキープした。
 
 試合後は、チームメイトたちと喜びの抱擁を交わした原口と宇佐美。今後も揃ってピッチに立ち続けられるか、非常に楽しみである。彼らの次なる試合は26日、アウェーでのカイザースラウテルン戦である。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00035054-sdigestw-socc

haraguchi genki debut with usami takashi

   

【海外の反応】「日本のメッシだ」原口元気、バイエルンをドリブルで翻弄!スーパーアシストを世界が絶賛!

原口元気

※追記しました
ブンデスリーガ第7節が10月1日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンはバイエルンと対戦した。原口は今シーズン初の先発出場を果たした。

 現在2勝2分2敗で2試合ぶりの白星を目指すヘルタ。対するバイエルンはカルロ・アンチェロッティ監督解任後、初の試合で同じく2試合ぶりの勝利を狙う。試合はウィリー・サニョル暫定監督率いるバイエルンが先制に成功した。10分、FKの流れからペナルティエリア手前右のジェローム・ボアテングがクロスを送ると、中央でフリーのマッツ・フンメルスが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。

 追い付きたいヘルタは17分、ウラジミール・ダリダがエリア内でハビ・マルティネスに倒されると、一度はPKが与えられたが、ビデオ判定により取り消しとなった。33分には、カルーが右サイドからドリブルでエリア内に切り込み、2人をかわしたところで潰される。そのこぼれ球に反応したダリダが右足ダイレクトシュートを放つが、相手GKにセーブされた。

 後半に入って49分、バイエルンが追加点を挙げる。コランタン・トリッソが前線にロングボールを送ると、レヴァンドフスキが競り合ったこぼれ球を拾い、エリア内左からシュートをゴール左隅に沈めて、リードを2点に広げる。

 だが、直後の51分、ヘルタは原口が反撃の一撃をお膳立てする。エリア手前中央でパスを受けた原口がドリブルでボアテング、ジョシュア・キミッヒ、フンメルスを次々とかわし、エリア内右から折り返し。これをゴール前のオンドレイ・ドゥダが合わせて1点を返した。

 勢いに乗ったヘルタは56分、エリア手前左からのFKでマルヴィン・プラッテンハルトがエリア内にボールを送ると、カリム・レキクに当たったこぼれ球をサロモン・カルーが流し込んで試合を振り出しに戻した。

 2点差を追い付かれたバイエルンにさらなるアクシデント。62分、フランク・リベリーが負傷でプレー続行不可能となり、キングスレイ・コマンとの交代を余儀なくされた。ヘルタは87分、原口を下げてアレクサンダー・エッスヴァインを送り出した。

 試合はこのまま2-2でタイムアップ。ヘルタが2点差を追い付いて貴重な勝ち点1を獲得した。なお、原口は87分までプレーし、今シーズン初アシストを記録した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00650232-soccerk-socc

Haraguchi cut through Bayerns defense like they werent even there

   

【海外の反応】「信じられない」原口元気、プレミアに電撃移籍か!?候補にブライトンが再浮上!

原口元気

ヘルタの日本代表FW原口が、代表合流前に電撃移籍する可能性が浮上した。23日付のドイツ地元紙「ベルリナー・モルゲンポスト」は具体的なクラブ名こそ挙げていないが、原口には国内外を含め3クラブほどが獲得に興味を示しており、今夏での移籍の可能性が高いと報じた。

 複数の関係者によれば、そのクラブの一つが以前から獲得に興味を持つ、今季プレミアリーグに昇格したブライトンで、電撃移籍となれば“プレミア戦士”として代表に合流することになる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000050-spnannex-socc

Genki Haraguchi celebrating the opener in the first half

   

サッカーゲームキング 2018年 11月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 11 月号 [雑誌]




Ads by amazon
月刊サッカーマガジン 2018年 12 月号 特集:ニッポンの匠~選手が語るJリーガーの技術~ GIANT KILLING(49) (モーニング KC)
「マイペース」が引き出す可能性 ~常に自分らしくいられる簡単メソッド~ ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 11/1 号 [雑誌] 耐心力 重圧をコントロールする術がある
アジアサッカーキング 2018年 11月号 [雑誌] (WORLD SOCCER KING増刊) アジアフットボール批評issue07
最新記事
外国人「中島翔哉に合いそうな移籍先はどこ?」【海外の反応】
【海外の反応】「格が違う」U19日本代表、3ゴールを奪いタイに快勝!決勝T進出が決定!
【海外の反応】「日本代表、W杯過去6大会の戦いで一番好きなシーンは?」
【海外の反応】「日本サッカー史上最高の選手は中田英寿?」
「Jリーグは世界で最も類のないリーグ?」英国大手動画サイトがJリーグを特集!【海外の反応】
【海外の反応】「スペシャルだ」本田圭佑、衝撃のデビュー戦ゴール!現地サポから称賛殺到!
【海外の反応】「凄いゴールだ」久保建英のスーパーフリーキック炸裂!U19日本代表が5ゴールを奪い北朝鮮を撃破!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories- - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR