NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「信じられない」原口元気、待望の移籍後初ゴール!43試合目の得点に現地サポから驚きと称賛の声!

原口元気

ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気が、25日に行われたブンデスリーガ2部第14節のダルムシュタットで今シーズン初ゴールを決めた。

 先発出場した原口は1点ビハインドの14分、FWヘンドリク・ヴァイダントのヘディングシュートが相手GKにセーブされると、こぼれ球を右足ダイレクトで叩き込んで同点ゴールを挙げた。

 2018年夏から所属するハノーファーでは、移籍後公式戦43試合目で初ゴールとなった。1部で戦った昨シーズンは、チームが不調の中で奮闘したが、今年3月31日の第25節レヴァークーゼン戦では積もった雪のせいでゴールラインぎりぎりボールが止まり、初得点が幻になる不運にも見舞われて、ノーゴールで終わっていた。

 クラブでの得点は、ヘルタ・ベルリンからのレンタル移籍でデュッセルドルフに所属していた2018年1月27日に2部第20節のカイザースラウテルン戦で決めて以来、約1年10カ月ぶりとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-01002329-soccerk-socc
※尚試合はホームのハノーファーが1-2で敗れました
Hannover 1-2 Darmstadt Genki Haraguchi goal

原口元気のゴール動画

ハノーファーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・原口が決めた? 😲😲



・待って....原口がゴールを決めただと?!



・何だって何だって何だって何だって何だって、原口!



<ドイツの浦和レッズサポ>
・やったああああああああああ、元気!!!!



・原口もうちで唯一サッカーができる選手だ
 彼のことを考えたら嬉しいね



・原口の同点ゴール、やったぜ!
 ハノーファーで41試合目にして初ゴールだ!


   

【海外の反応】「注目すべき選手だ」原口元気にイングランド移籍が急浮上!ワトフォードと2部ダービーが関心か

原口元気

ドイツ2部のハノーファーに所属する日本代表MF原口元気に、イングランド移籍の噂が浮上している。英メディア『スカイ・スポーツ』が8日に伝えた。

 原口獲得への関心が伝えられているのはプレミアリーグのワトフォードと、チャンピオンシップ(2部)のダービー・カウンティの2クラブ。両クラブは原口をレンタルで獲得することを検討しているという。

 プレミアリーグおよびチャンピオンシップでは他国リーグより早く、現地時間8日で夏の移籍市場が終了する。両クラブはそれぞれ“第一希望”として狙う選手の獲得を逃した場合、英国での労働許可取得基準を満たしている原口の獲得に動く可能性があるとみられている。

 原口は昨季ハノーファーに加入し、ブンデスリーガ1部で28試合に出場。チームが2部に降格した今季は開幕戦に先発出場したが、第2節の試合ではベンチ入りしながらも不出場となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-00333724-footballc-socc
Oman 0 - 1 Japan haraguchi goal penalty

現地フォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ヘルタ・ベルリンサポ>
・元気がプレミアリーグに行く!



ワトフォードサポ>
・注目すべき選手だ



ワトフォードサポ>
・質の高い選手だ、何度も何度も彼のことを見たことがあるが
 俺は彼のことを高く評価している、実のところ(イスマイラ・)サールよりも上だ



ワトフォードサポ>
・(※コートジボワール代表)サール獲得を失敗した場合、
 彼が土壇場で衝動買いする代役選手のようだ
 最終的に彼獲得だと、とてもがっかりだ



ワトフォードサポ>
・チャントに彼の名前を入れるのが難しいな、だから実現するかも
 アジア市場でユニフォームの売上が激増するだろうな


   

【海外の反応】「気の毒だ」原口元気、2戦連続アシストも雪で初ゴール逃す不運..海外のファンから同情の声

原口元気

ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気の大の中でのプレーが10日、イタリアの有名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式サイトでも注目され、取り上げられている。

の中、レヴァークーゼン戦に先発出場した原口は33分、裏に抜け出し、キーパーもかわしてシュート。しかし、ボールはでゴールの直前でストップ。まさかの“アクシデント”で原口の今季初ゴールはお預けになった。原口はその後、51分にアシストを記録する活躍も見せたが、試合は3-2とレヴァークーゼンの勝利に終わった。

ディ・マルツィオ氏のサイトは、原口の“アクシデント”について、「の中のゴールのはずが…ハノーファーに不運。レヴァークーゼン戦での信じられないエピソード」と伝えている。「絶え間なく片が舞い降りる中、真っ白に覆われたピッチで行われたレヴァークーゼン戦だったが、文字通りゴールを阻止するほどだった」と驚きを隠せない。

「ハラグチはボールをコントロールしてGKをかわし、ボールを預けた先は、(ゴールの中ではなく)ライン際だった。ハノーファーの選手に責任はほとんどなく、本当に不運だった。日本人選手の地を這うシュートは、重たいの表面でブレーキをかけられると、まるであざ笑うかのように、ちょうどそこで止まってしまった」

また『コリエレ・デロ・スポルト』も原口の“ゴール未遂”を紹介。「ハラグチは雪に欺かれる。ハノーファーの日本人選手は、レヴァークーゼン戦の酷いピッチコンディションによりゴールに嫌われた」と伝えている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010032-goal-socc
Hannover’s Genki Haraguchi thought he’d scored against Leverkusen but was denied by the snow

原口元気のゴール未遂動画

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・見るのもつらいわ



<リバプールサポ>
・雪を責めれないけど・・・



・これはブンデスリーガで起こった最も不運な出来事だよ



<ドイツ>
・こんなのこれまでに見たことある?どうかしている



 ・水溜りによるゴールライン上でのこの見事な連続セーブ 【動画



 ・こっちの方が酷いぞ 【動画


   

【ドイツの反応】「日本人は一流だ」宇佐美と原口がアシスト!現地サポが称賛!

原口元気

ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの日本代表FW原口元気とFW宇佐美貴史は現地時間22日のインゴルシュタット戦に揃って先発出場し、二人で全3ゴールに絡み3-0勝利に貢献した。ドイツメディアではそれぞれ高評価を受け、「ハラグチはフォルトゥナの頭脳」、「ウサミに最初の頃の面影はない」と絶賛されている。

 前半6分、デュッセルドルフはゴール正面左の約30メートルの位置でFKを獲得。ゴール前に蹴り込むと見せかけ、グラウンダーのパスを選択すると、ボールに反応した原口がペナルティーエリア内に抜け出し、マイナス気味のクロスを供給。これをヘニングスが左足のダイレクトボレーで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 同40分には右サイドからのCKを獲得し、宇佐美のクロスをDFニコ・ギーセルマンが合わせて追加点を奪った。後半20分には再び宇佐美の右CKからチャンスを作ると、ギーセルマンが頭で折り返したところをDFロビン・ボルムートが押し込んだ。

 全3得点に日本人デュオが絡んだデュッセルドルフは4試合ぶりの勝利で首位の座をキープ。1試合消化の少ない2位ニュルンベルクに5差、3位ホルシュタイン・キールに7差を付けてリーグ制覇と1部昇格に一歩前進した。
最近9試合で5得点3アシストの宇佐美…活躍の要因は?

 ドイツ紙「Westdeutsche Zeitung」による選手採点では好守に献身的でフル出場した原口に最高評価の1点が付けられた。「ハラグチはフォルトゥナの頭脳だ」とチームに中心としての活躍が称えられている。

 宇佐美も2点と高評価。昨年の夏にチームに加わり、そこから2月頃までは本領発揮に至らなかった宇佐美だが、この試合を含めて最近9試合で5得点3アシストと大爆発。寸評でも「ウサミに最初の頃の面影はない」と記されるほどの成長を見せている。「彼自身のレベルの高さが素晴らしいだけではなく、同胞ハラグチからも影響を受けている」と今冬に原口が加入した恩恵を受けているとされている。

 宇佐美と原口という両翼は1部昇格を目指すデュッセルドルフを力強く牽引している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00010010-soccermzw-socc

usami and haraguchi assist agaisnt FC Ingolstadt 04

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」原口元気、1ゴール1アシストの活躍で現地サポが絶賛!

原口元気

フォルトゥナデュッセルドルフは27日に行われたブンデスリーガ2部第20節でカイザースラウテルンに3-1と逆転勝利を収めた。初の先発出場で1ゴール1アシストを記録した日本代表MF原口元気が、ドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

1トップで出場した原口は序盤から積極的にゴールを狙う姿勢を見せ、0-1で迎えた62分にPKを獲得すると、このPKを自ら決めて試合を振り出しに。原口へのファウルにより相手GKが退場となったことでデュッセルドルフは優勢に立ち、78分には逆転に成功。さらに86分に原口のアシストからチーム3点目が生まれている。

初先発の原口が見せたパフォーマンスに対するドイツメディアの評価は高かった。『キッカー』は原口にチーム単独最高の「1.5」を与え、MOMにも選出。「原口元気は先発デビューでそのクオリティーを見せつけた。機敏な動きとトリッキーなプレーを見せながら、2ゴールに決定的な形で関与した」と寸評した。

地元紙『WZ』ではトップタイの「2」と評価し、「彼にとって不慣れのポジションでも可能な限りベストのパフォーマンスを出し、活発に動く上、ほとんどのシーンで広い視野を保っていた」と記している。また「フォルトゥナのベストプレーヤーだった」と実質MOM同様の評価を与えた。

『ライニシェ・ポスト』での評価は「2-(マイナス)」とここでもトップタイ。プレーについては「豊富な運動量を見せ、チームも彼にボールを集めようとした。たくさんのプレーで1部での経験が明確に表れた」と評価した。

なおFW宇佐美貴史は、86分からの出場となったため、各メディアの評価対象から外れている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000017-goal-socc

haraguchi goal assist agaisnt fc Kaiserslautern with usami

   

[アディダス] サッカー日本代表 2020 ホーム ジャージー [アディダス] サッカーウェア サッカー日本代表 2020 ホーム ジャージー




Ads by amazon
岡田メソッド――自立する選手、自律する組織をつくる16歳までのサッカー指導体系 99%抜ける ドリブル理論入門 (スマート新書)
ワールドサッカーダイジェスト 2019年 12/5 号 [雑誌] そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常
月刊サッカーマガジン 2020年 01 月号 特集:僕のサッカーを語ろう [特別付録:オリジナルFOOTISTAシリアルコード WCCF FOOTISTA 2019] サッカー・J2論 (ワニブックスPLUS新書)
アオアシ (18) (ビッグコミックス) GIANT KILLING(53) (モーニング KC)
最新記事
【海外の反応】「人種差別では?」イタリア紙が大炎上!黒人選手をブラックフライデーと掛けて非難の的に!
【海外の反応】「まじで!?」日本代表、E-1選手権に臨むメンバーを発表!海外のファンが驚いた点とは?
【海外の反応】「Jリーグはレベルが高いから」ヴィッセル神戸がワールドクラスの選手を擁しながら中位に沈んでいることに海外のファンが注目!
【海外の反応】「信じられない」三浦知良(52歳)と中村俊輔(41歳)のJ1復帰に海外のファンが驚愕!
【海外の反応】「八百長だろ」韓国で起こった奇跡の逆転劇に海外のファンから疑問の声続出!
【海外の反応】「ロナウドはもう..」メッシ対Cロナウドに終止符?メッシが歴代最多6度目のバロンドール受賞!
【海外の反応】「マジョルカはないわ」久保建英のレンタル1年延長をマジョルカがレアルに打診へ!マドリディスタの反応は,,
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)

ポケットモンスター ソード -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード 配信
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR