NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「ついに決めた!」原口元気、電光石火の今季初ゴール!今季ブンデス最速59秒弾!

原口元気

※試合後の反応を追記しました
ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気が電光石火の一撃で今季ブンデス初ゴールを叩き込んだ。現地時間4日に行われたブンデスリーガ第19節インゴルシュタット戦のキックオフ直後わずか59秒で先制ゴールを決めた。

直近の3試合は途中出場が続いていた原口だが、この日はスタメンで出場。その期待にキックオフから1分足らずで応えた。相手のトラップミスを奪ったFWサロモン・カルーが左サイドを突破し、ゴール前にグラウンダーのクロスを送る。

 ファーサイドに走り込み、フリーとなっていた原口の元へ渡ると、右足ダイレクトで難なく押し込み先制ゴールをゲット。「Opta」によると、この一撃はレバークーゼンのカンプルに並ぶ、今季ブンデスリーガ最速得点だったという。

 ヘルタで主力の一員として完全に定着した感のある原口だが、今シーズンのブンデスでは嬉しい初ゴールとなり、チームメートと喜びを爆発させた。その後は左手薬指にキスするパフォーマンスも披露している。

 クラブのツイッター公式アカウントでもゴール直後に「ゲーーーンキ!」と興奮気味にツイートし、日本人アタッカーの今季初ゴールを伝えている。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170205-00010000-soccermzw-socc
¡Gol de Hertha Berlín! Al minuto lo hizo Haraguchi Por FOX Sports y nuestra APP AQU


   

【ドイツの反応】「スーパーな試合をした」原口、圧巻の2アシストに現地ヘルタサポが絶賛!(インゴルシュタット戦)

原口元気

ドイツ・ブンデスリーガは現地時間10日に第2節の試合が各地で行なわれ、原口元気所属のヘルタ・ベルリンインゴルシュタットに2対0で勝利。原口はこの2点をアシストし、フル出場でチームの2連勝に貢献した。ゴールはなかったものの、パル・ダルダイ監督の期待に応えてみせた。

 この日の朝、独『ベルリナー・ツァイトゥング』紙(電子版)は「6プラス6のミッションを背負う原口」と題した記事で、同選手を特集。ヘルタで3シーズン目を迎えた原口を「彼は何でもできると言っていい。走ることも、クロスも、ドリブルも、パスも、プレスも。ただ、なぜかゴールが決まらないだけだ」「しかし今回は違った」と綴り、原口が練習で見事なゴールを挙げたと伝えた。ダルダイ監督が思わず「ストップ! みんな、拍手だ!」と、メンバーのプレーを止めて原口のゴールを称えるほどだったという。

 同紙によれば、そのダルダイ監督はインゴルシュタットに赴く前、「元気は6ゴール決めて、6アシストしなくちゃね。3ゴールアシストじゃダメだ」と原口に“ミッション”を告げていた。ブンデスリーガで過去2シーズンを戦い、3ゴール5アシストにとどまっていた原口に対し、発奮を促す言葉だった。

 同紙は「彼のプレースタイルは力を消耗するからね」というダルダイ監督の言葉を引用し、代表戦帰りの原口は途中出場の可能性ありとしていた。しかし指揮官はこの日、原口を先発で起用。同選手は開始8分に鋭いスルーでヴェダド・イビシェヴィッチのゴールをお膳立てすると、86分には左サイドからピンポイントのクロス。ユリアン・シーバーの追加点を演出してみせた。

 独『キッカー』誌(電子版)は原口にチーム最高の2.0点をつけた(ドイツは1が最高、6が最低)。これはゴールを挙げたイビシェヴィッチの3.0を上回る評価となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000010-ism-socc

haraguchi 2 assists against Ingolstadt

   

【ドイツの反応】「際立っていた」原口、ゴールを演出し劇的勝利に貢献!現地ヘルタサポが高評価!

原口元気

8日に行われたブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンがフライブルクと対戦し、2−1で勝利を収めた。この試合でフル出場した日本代表FWの原口元気がドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

ホームのヘルタは昇格組のフライブルクを相手に主導権を握りながらゲームを進めたが、ゲームメークに苦戦。それでも62分、原口がボールを左サイドから前線に送ると、最後はMFヴラディミル・ダリダが決めてヘルタが先制する。

アディショナルタイムに同点に追いつかれてしまったものの、終了間際に原口のシュートのこぼれ球をFWユリアン・シーバーが押し込み、新シーズンを白星スタートで飾った。

2得点に絡んだ原口に対し、『キッカー』は両チームを通じて単独の最高点となる『2』(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)と評価。「とても熱心に動き回り、疲れ知らずのパフォーマンスを見せた」とたたえ、「ヘルタの両ゴールにおいて、起点となったのは原口元気だった」と評した。

一方、ドイツ誌『ビルト』の評価は「3」と及第点だった。『ビルト』は特に攻撃的なプレーヤーが評価の対象となる場合、ゴールやアシストを残さないと採点が伸びない傾向にあるだけに、次節以降に“目に見える結果”を出したいところだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000010-goal-socc

Hertha BSC - SC Freiburg (2_1) haraguchi genki

   

【ドイツの反応】「スーパースターだ」原口、1ゴール1アシストの大活躍!現地ヘルタサポが絶賛!

原口元気

ブンデスリーガは19日、第27節2日目を行い、FW原口元気の所属する3位ヘルタ・ベルリンはホームでインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝った。原口は右サイドハーフでフル出場し、後半9分に先制点。23試合ぶりとなる今季2ゴール目を決めると、同24分には2戦連続アシストを記録し、チームを2連勝に導いた。

Haraguchi hält Herthas Serie am Leben

   

【ドイツの反応】「不可欠だ」対人勝率80%原口を高評価!「別人だった」山口蛍評も!

原口元気

※タイトル変更しました
ブンデスリーガは26日に第23節を行った。FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは敵地でFW大迫勇也が所属するケルンと対戦し、1-0で勝利した。原口は後半アディショナルタイム2分まで出場。大迫は2試合ぶりにベンチメンバーから外れた。-ゲキサカ

Köln vs Hertha haraguchi kiten 0_1

   

サッカーゲームキング 2017年 05月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 05 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 4/13 号 [雑誌] CALCiO (カルチョ) 2002 特別号『セリエA英雄の系譜』 2017年 5/21号 [雑誌] (サッカーゲームキング増刊)
選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論 月刊サッカーマガジン 2017年 05 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 4/6 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2017年4月号
サッカー批評(85) (双葉社スーパームック) 守り方を知らない日本人 日本サッカーを世界トップへ導く守備のセオリー
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR