NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「あり得ない」日本が開催を目指す23年女子W杯を韓国と北朝鮮が共同招致!?FIFAが提案か..反対意見続出!

なでしこジャパン

今年6月にフランスで開催される女子ワールドカップ。4年後のホストカントリーはまだ決まっていないが、韓国北朝鮮の“南北開催”になるかもしれないというニュースが飛び込んできた。

 韓国の全国スポーツ紙『スポーツソウル』がまず報じたのは、FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長の言葉で、「韓国北朝鮮女子ワールドカップを共同開催するという話を聞いた。これは大変なことだ」というもの。そこで同紙は、大韓サッカー協会のホン・ミョンボ専務理事を直撃。Jリーグでも活躍した同国サッカー界のレジェンドは、「先月だ。先に共同開催を提案してきたのはFIFAのほうで、我々(サッカー協会)は検討している段階。(韓国)政府にもこの事実を伝え、回答を待っている」と答えたのだ。

 2023年大会の開催国立候補については、4月16日が申請の提出期限となっている。同紙によると現在、日本やタイ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、コロンビアなどが招致の意思を表明しているという。開催国は来年3月のFIFA評議会で決定される予定だ。

『スポーツソウル』紙はこう続けている。
韓国政府は、2032年の夏季オリンピックをソウルとピョンヤンで共同開催したい意向で、すでに文書をIOC(国際オリンピック委員会)に提出した。2030年、あるいは2034年のワールドカップでは、韓国北朝鮮・中国・日本の共同開催も検討されている。それだけに今回の女子ワールドカップの南北共同開催は、その後に続く国際大会の共催の呼び水となる可能性があり、意義が深い。歓迎すべきアイデアである」

 にわかに現実味を帯びてきたこのトピックス。はたして国際的なスポーツ大会が初めて、朝鮮半島の南北で開催されるのか。今後の動向が注視される。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=55018
North and South Korea set to launch historic joint campaign to host the 2023 Womens World Cup

23年女子W杯の日本開催、田嶋会長「必ず実現」
国際サッカー連盟(FIFA)が23年女子ワールドカップ(W杯)開催地決定までの手続きを公表したことを受け、招致を目指す日本協会の田嶋幸三会長は20日、「日本協会として13年の理事会で立候補することを決議している。

関係省庁などとも連携を取りながら、必ず実現させたい」との談話を出した。日本開催が決まれば、初となる。開催地は20年3月のFIFA理事会で決定する。立候補の意思表明は今年3月15日、招致登録は4月16日まで。招致ブックは10月4日が提出期限となった。
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201902210000051.html
英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<アメリカ>
・あり得ないね



・100パーセント、ノーだ



<アメリカ>
・朝鮮人が協力するのは良いことだけど、これは実現して欲しくないわ



・これはまじなの?実現したら韓国と北朝鮮にとって大きな一歩だ!



<アメリカ>
・俺は反対だ。韓国は確実に賛成するだろう。


   

【海外の反応】「日本は見ていて楽しい」なでしこ、3ゴールでブラジル撃破!アメリカ人が絶賛!

なでしこジャパン

2019 SheBelieves Cupの第2節が3月2日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)はブラジル女子代表と対戦し、3-1で勝利した。

 なでしこジャパンは2-2で引き分けた2月27日のアメリカ女子代表戦からスタメンを7人変更し、宇津木瑠美や籾木結花らが先発に名を連ねた。スコアが動いたのは前半終了間際だった。44分、なでしこジャパンは中島依美が高い位置でブラジルがボール処理を誤ったところを見逃さずに奪うと、最後は籾木が相手GKの頭上を越すループシュートでゴールゲット。先制に成功する。

 しかし、57分、なでしこジャパンは自陣ゴール前でクリアできずにいると、最後はブラジルのデビーニャに右足で叩き込まれ、同点に追いつかれた。1-1のまま時間が進む中、81分になでしこジャパンが勝ち越し点を挙げる。カウンターから右サイドの籾木がクロスを上げると、合わせたのは途中出場の小林里歌子。代表初得点で再びリードする。その4分後には長谷川唯が決定的な3点目を決め、ブラジルを突き放した。試合はこのまま終了のホイッスル。なでしこジャパンが今大会初勝利を挙げた。

 次節、なでしこジャパンは6日にイングランド女子代表と対戦する。
https://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20190303/913791.html
Japan beat Brazil 3-1 at the 2019 SheBelievesCup

ハイライト動画

アメリカの女子サッカーファンの反応をまとめました

日本の1点目

・素晴らしいシュートだ!



・これは美しい



・本当に上手いな
 日本のあの美しいプレーを見て私は泣きそうだよ



・モニカのクリアミスで中島の足元にボールが
 彼女はミスをすることなく籾木結花にパス、そしてチップキックで日本が先制!



<イングランド>
・日本人の技巧🙌🏽⚽️



<ドイツ>
・こんなのできる?冷静なフィニッシュだ 👏


   

【海外の反応】「日本は常に強敵だ」なでしこジャパン、世界女王アメリカに2-2ドロー!土壇場で劇的同点ゴール!!

なでしこジャパン

現地時間2月27日、アメリカで開催されている「2019 SheBelieves Cup」に参加している日本女子代表は2015年の女子ワールドカップ覇者・アメリカ女子代表との初戦に臨んだ。

 6月にワールドカップを控えているなでしこジャパンにとって、今年最初の試合となる。岩渕真奈などの一部主力が帯同していないなかで高倉麻子監督はスタメンに、GKに山根恵里奈、最終ラインは左から有吉佐織、鮫島彩、熊谷紗希、清水梨紗を起用。中盤の底に杉田妃和、松原有沙、2列目は右に中島依美、左に長谷川唯、最前線に小林里歌子、横山久美を送り込んだ。

 日本は序盤からアメリカに押し込まれながらも、上手く凌いでカウンターを狙っていく。11分には右サイドでボールを受けた杉田のスルーパスから、横山が右足でシュート。惜しくもこれはバーに阻まれたが、相手ゴールへと迫る。

 しかし、23分だ。日本はトビン・ヒースに右サイドを突破されると、中央にラストパスを入れられる。最後はミーガン・ラピノーに右足でゴールを許し、ビハインドを背負う展開となった。その後も押され気味の日本は、速攻を軸に攻撃を仕掛けるが、ゴールを奪うまでに至らない。前半は0-1で折り返した。

 迎えた後半も一進一退の攻防となるが、なかなかゴール前で決定機を作り出せない。だが、67分に歓喜の瞬間が訪れる。ペナルティエリア内で長谷川のパスを中島が横山へ渡すが、相手に阻まれる。それでもこぼれ球に反応した中島が左足でゴールを射抜き、日本は同点に追い付く。

 試合を振り出しに戻した日本は勢いを取り戻し、積極的に攻撃を展開。途中出場の池尻茉由も勇猛果敢に仕掛け、相手ゴールへと迫る。良い流れのうちに2点目を奪いたい日本だったが、アメリカに一瞬の隙を突かれてしまう。76分、右サイドを打開されるとアレックス・モーガンにヘディングシュートを叩き込まれ、再び1点のビハインドを負った。

 その後、18歳の遠藤純をピッチに送り込み、形勢逆転を狙った日本。すると最終盤に、同点のチャンスが訪れる。90+1分。長谷川が仕掛けてゴール前に抜け出し、ラストパス。最後は途中出場の籾木結花が押し込んで土壇場で同点に追い付いた。

 粘りを見せた日本はアメリカとドロー。次戦、現地時間3月2日にブラジル女子代表と対戦する。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54722
USWNT Tie Japan in She Believes Cup

アメリカサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

アメリカの1点目】  【日本の1点目

アメリカの2点目

<バルセロナサポ>
・胸でのゴール、ブリリアントだ



<アメリカ>
・アレックス・モーガンの代表99ゴール目だ!
 彼女が最も対戦している日本を相手に12ゴール決めている



・チームはミーガン・ラピノーがいなくて困っていた
 彼女は(相手とって)厄介な選手だ
 プレスとモーガンの連携プレーが見られて嬉しい
 彼女達の自信にとっても良い
 両選手は先月のフランスとの親善試合で元気がなかったからね



日本の2点目

・ああ、まじで頼むわ



・あああ、日本が同点にした!何が起こっているの?!!!!
 うちのセンターバックは素晴らしい組み合わせではないって言ったでしょ



<バルセロナサポ>
・これは物凄いファーストタッチだった



・ゴールまでのビルドアップが最高だった



・誰の責任か判断するのは難しいが、日本は強いね
 ゴールまで全く無駄のないタッチだった


   

外国人「日本の女子サッカーはなぜ強いのか?」【海外の反応】

なでしこジャパン

Congratulations to Japan, winners of the Under 20 FIFA Women World Cup 2018

英語のフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<アメリカ>
・日本の女子サッカーの強さに驚いている人は俺の他にいる?

 日本人女性はおとなしくて控えめで謙虚だとされていて
 激しくあたったり、倒れたり、ピッチをアップダウンして 
 土壇場でのスライディングタックルをしたりダイビングヘッドや
 強烈なシュートをブロックをしたりしないと思っていた



  <カナダ>
  ・ああ、欧州のほとんどの国よりも上とは言わないまでも
   同じぐらいの実力があることに驚いているよ


   

【海外の反応】「いつも日本だ」なでしこジャパン、金メダル獲得!2度目のアジア大会優勝!

なでしこジャパン

第18回アジア競技大会の決勝が31日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)が中国女子代表を1-0で下した。

 なでしこジャパンは、28日に行われた韓国女子代表戦からスタメンを3名変更。阪口萌乃、隅田凜、籾木結花が先発に名を連ねた。

 試合は序盤から球際に激しく寄せてくる中国に主導権を握られ、多くの決定機を作られる。しかし、GK山下杏也加を中心に守り切り、前半はスコアレスで折り返した。

 なでしこジャパンは56分、籾木結花に代えて菅澤優衣香を投入すると、徐々になでしこジャパンが攻撃の形を作る。サイドからの攻撃を中心にクロスを上げるが、合わせることができない。

 一方の中国は76分、チャオ・ロンのパスからグー・ヤシャが左足で強烈なシュートを放つも、山下がファインセーブをみせ、ゴールを割らせない。

 試合終了間際、ついにスコアが動く。前線で岩渕真奈がキープし、右サイドの中島依美へパスを出すと、走りながらダイレクトでクロスを上げる。走り込んだ菅澤が頭でコースを変え、ゴールイン。待望の先制点を挙げたなでしこジャパンが、この1点を守り切り試合終了。

 苦しみながらも1-0で勝利したなでしこジャパンが、2010年以来2大会ぶり2度目の優勝を果たした。
https://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20180831/823375.html

Japan AsianGames2018 womens football gold medal

   

SOCCER KING (サッカーキング) 2019年 05月号 SOCCER KING (サッカーキング) 2019年 05月号




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2019年 4/25 号 [雑誌] 内田篤人 悲痛と希望の3144日
ドリブルデザイン 日本サッカーを変える「99%抜けるドリブル理論」 アナリシス・アイ (小学館新書)
ワールドサッカーダイジェスト 2019年 4/18 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2019年5月号
フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢 「平成日本サッカー」秘史 熱狂と歓喜はこうして生まれた (講談社+α新書)
最新記事
【海外の反応】「日本だけだわ」日本のゆるキャラサッカーが外国人に大ウケ!
【海外の反応】「信じられない」歴史に残る激戦は劇的な結末に!トッテナム、マンCとのプレミア勢対決制し初のCL4強入り
【海外の反応】「何があった?」神戸に激震!リージョ監督電撃退任!ポドルスキも主将退任!海外のJリーグファンにも衝撃!
【海外の反応】「スペシャルだ」Cロナウドがゴールも..アヤックスがジャイキリ!ユーベを下してCL準決勝進出!世界のファンが絶賛!
【海外の反応】「人間ではない」メッシ圧巻の2ゴールでバルサがマンUに快勝!CLベスト4進出決定!
【海外の反応】「来てくれ」岡崎慎司、レスター退団報道に他サポから獲得を望む声が続出!
【海外の反応】「Jリーグは楽しい」日本のリーグを見てくれ
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

龍が如く5 夢、叶えし者 【同梱特典】『龍が如く5 夢、叶えし者』オリジナルサウンドトラックのプロダクトコード 同梱 - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR