NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「理解できない」モドリッチ、バロンドールを初受賞!世界のファンからは賛否両論の声!

レアル・マドリー

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞した。

 現在33歳のモドリッチは昨シーズン、レアル・マドリードでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献。今夏に行われたロシア・ワールドカップでは、主将としてクロアチア代表を準優勝に導き、大会最優秀選手のゴールデンボール賞にも輝いた。この活躍からUEFA(欧州サッカー連盟)とFIFA(国際サッカー連盟)の年間最優秀選手賞もそれぞれ受賞。バロンドールとあわせて個人3冠を達成した。

 これまで同賞は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)が独占していたが、2007年以来11年ぶりに両者以外の受賞となった。メッシは2007年からトップ3を守っていたが、今回5位で12年連続のトップ3を逃した。

 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めていたが、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。候補者は30名(旧制度では23名)となり、最終候補者の発表は廃止され、投票はジャーナリストのみによって行われる。授賞式は2019年はじめに実施される予定。

 以下、最終候補者30選手の順位。(カッコ内は現在の所属クラブ)

第01位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)
第02位 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/ポルトガル代表)
第03位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表)
第04位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
第05位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
第06位 モハメド・サラー(ローマ/エジプト代表)
第07位 ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/フランス代表)
第08位 エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
第09位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
第10位 ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
第11位 エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス代表)
第12位 ネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表)
第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表)
第14位 ティボー・クルトワ(レアル・マドリード/べルギー代表)
第15位 ポール・ポグバ(マンチェスター・U/フランス代表)
第16位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/アルゼンチン代表)
第17位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/ウェールズ代表)
第17位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード/元フランス代表)
第19位 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/ブラジル代表)
第19位 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/クロアチア代表)
第19位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)
第22位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ代表)
第22位 サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル代表)
第22位 マルセロ(レアル・マドリード/ブラジル代表)
第25位 アリソン(リヴァプール/ブラジル代表)
第25位 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス/元クロアチア代表)
第25位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/スロヴェニア代表)
第28位 ディエゴ・ゴディン (アトレティコ・マドリード/ウルグアイ代表)
第29位 イスコ(レアル・マドリード/スペイン代表)
第29位 ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス代表)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00872243-soccerk-socc

End of an era Modric crowned worlds best player at Ballon dOr awards

   

【海外の反応】「なぜだ」W杯MVPモドリッチがインテルに電撃移籍か?!海外のファンに衝撃が走る!

レアル・マドリー

レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得を目指し、インテルが同選手の代理人と接触しているようだ。イタリアメディア『スカイ』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が7月31日に伝えている。

 報道によると、中盤の強化を目指すインテルモドリッチの代理人と接触し、同選手も移籍についてオープンな姿勢を見せているという。インテルはバイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルも補強候補に挙げており、同選手の加入に失敗した場合にモドリッチの獲得へ本腰を入れるとみられている。

 モドリッチは昨シーズン、レアル・マドリードで公式戦43試合に出場。背番号「10」を着けてプレーし、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献した。そして2018 FIFAワールドカップ ロシアではクロアチア代表のキャプテンを務め、決勝進出の立役者に。優勝は逃したが、ゴールデンボール(大会最優秀選手)を受賞した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00803641-soccerk-socc

Di Marzio Luka Modric is open to a transfer to Inter Real Madrid also willing to consider the move

   

【海外の反応】「ジダン・レアルは史上最強のチームなのか?」

レアル・マドリー

今季リーグ戦、チャンピオンズリーグのダブルを達成したジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードの評価が異常なほど上昇している。

ジダンが指揮を執り始めたのは昨季途中からで、まだ1年半程度しか経っていない。しかしその間にレアルはチャンピオンズリーグを2度、リーグ戦、UEFAスーパーカップ、クラブワールドカップと多くのタイトルを獲得。チャンピオンズリーグでは史上初の連覇となり、今のチームはサッカー史に名を刻む成績を残している。

そこでスペイン『MARCA』は、「歴史上最高のチームはどれか」とアンケートを取っている。今回同メディアが候補に挙げたのはアリゴ・サッキ氏が率いた80年代後半から90年代前半のミラン、ヨハン・クライフ氏が率いたアヤックスとバルセロナ、ジョゼップ・グアルディオラが率いたバルセロナ、フランツ・ベッケンバウアー氏やゲルト・ミュラー氏が活躍した1970年代のバイエルン、1950年代にチャンピオンズカップ(今のチャンピオンズリーグ)を5連覇したレアル、そしてジダン率いる現在のレアルの7チームが候補だ。

その結果、最も票を集めたのは現在のレアルで62%、2番目に多かったのが5連覇時代のレアルで18%、次いでグアルディオラ率いる黄金期バルセロナで12%、その次がサッキ氏のミランで5%だった。ジダンのチームがチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げたばかりということもあって評価が急上昇している最中なのは事実だが、それでも非常に高く評価されている。
http://www.theworldmagazine.jp/20170607/01world/spain/134946Zinedine Zidane as Real Madrid manager Champions League Club World Cup UEFA Super Cup LaLiga A trophy once every 103 days


   

【海外の反応】「前代未聞だ」レアル、プロデビュー前の16歳神童ヴィニシウスを移籍金50億円で獲得へ

レアル・マドリー

フラメンゴに所属するMFヴィニシウス・ジュニオール(16)のレアルマドリー移籍が、近づいている。スペイン『マルカ』が報じた。

マドリーは将来有望な16歳MF獲得に向け、移籍金4000万ユーロを準備して獲得に動きを見せていた。『マルカ』によれば、ヴィシニウスはすでにメディカルチェックをパスし、移籍成立にサインを残すのみの状況だという。

FIFAの規定により、マドリーは16歳のヴィシニウスを国際移籍させることはできない。そのため、ブラジル人MFが正式にマドリーの一員になるのは、2018年6月30日以降。それまでヴィシニウスはレンタルの形でフラメンゴでプレーを続けることになる。

マドリーはヴィシニウスをカスティージャ(Bチーム)ではなくトップチームの選手として引き入れる方針だ。まだフラメンゴでさえトップチームでプレーした経験のない同選手だが、その期待値は高く、近日中にまずフラメンゴでトップデビューを果たす見込みだとされる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000024-goal-socc

According to @globoesporte, Real Madrid have made a €45m bid for 17 year old Flamengo striker Vinicius Junior Would join in 2018

   

【海外の反応】「こうなると思ってた」レアルの神童ウーデゴーアが日本人選手と同僚に!?レンタルで移籍へ スペイン紙が報道

レアル・マドリー

レアル・マドリードに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアに、オランダへの武者修行の可能性が出ている。28日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 現在18歳のウーデゴーアは、昨年1月に“ノルウェーの神童”としてレアル・マドリードのBチームであるカスティージャへ加入。将来を担う逸材として期待された同選手だったが、今シーズンのトップチームでのリーグ戦出場がゼロと苦しい状況が続いており、11月にはレンヌへの期限付き移籍が報じられていた。

 今回の報道によると、クラブとウーデゴーアは試合経験を優先することで意見が一致しており、一時的な他チームへの移籍に合意したという。武者修行先は日本代表MF小林祐希が所属するオランダヘーレンフェーンとみられ、早ければ今冬にも移籍が実現するようだ。

 ヘーレンフェーンは現在、エール・ディヴィジで4位につけている。ヨーロッパリーグ出場権内に位置していることを考えれば、同選手にとって理想的な環境と言えるだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00532414-soccerk-socc
Odegaard close to Heerenveen move
http://www.marca.com/en/football/real-madrid/2016/12/27/5862a37ae2704ec90e8b45db.html


   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2018年 12/27 号 [雑誌] 日本サッカーを強くする観戦力
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【海外の反応】「アジア人が好きだな」堂安律、争奪戦にプレミアのあのクラブも参戦!?現地紙が報道!
【海外の反応】「ワールドクラスだ」日本の高校生がトニ・クロースのスーパーゴールを完全再現!世界のファンが絶賛!
【海外の反応】「なぜだ!?」日本代表、アジアカップに挑むメンバーを発表!選考に疑問を抱く海外のファンも..
「日本とイランが決勝で対戦する可能性が高い」イランの英雄アリ・ダエイがアジアカップの優勝争いを予想【海外の反応】
【ドイツの反応】「移籍は決定済み?」香川真司、モナコ戦招集外で冬の移籍を確信する現地ドルトムントサポーター
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR