NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「とんでもない」4カ国共催も!2026年ワールドカップは複数国開催をFIFAが推進

FIFA

国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は16日、現行の32から48に出場枠が拡大される2026年ワールドカップ(W杯)について、複数国での共催を奨励する意向を示した。22年W杯の開催国カタールの滞在中に語ったとロイター通信などが報じた。

 同会長は「2、3、または4カ国の共催で、一つの国で3~5のスタジアム」と具体的な数字を挙げ、「移動の負担を軽減するために近隣国で開くのが理想的だ」と語った。

 FIFAは1月の理事会でW杯の出場枠を16チーム増やすことを決めたが、競技場の建設、警備など開催国への負担増大が懸念されていた。同会長は今回の構想について、「FIFAとして長期的な視点での持続可能性を考える必要がある」と説明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000117-asahi-spo

FIFAs Gianni Infantino unveils plan for 48-team World Cup with play-in round

   

【海外の反応】「冗談だと言って」オフサイド廃止,シュートアウト制の導入などFIFA幹部ファンバステンが訴える8つのサッカー改革案に批判続出!

FIFA

サッカーをよりスペクタクルなものにするために」と改革を提案

 FIFAの技術開発部門のチーフオフィサーを務めている元オランダ代表FWのマルコ・ファン・バステンが、ドイツメディア『ビルト』のインタビューで、オフサイドやPK戦の廃止を提案した。
 
 2016年10月に現職に就いたファン・バステンは、「サッカーをスペクタクルにするために多くのアイデアを提供したい」と語り、昨年12月に日本で行なわれたクラブワールドカップでも話題となったビデオ判定ルールなどを推奨してきた。
 
 そんな往年の名ストライカーは『ビルト』のインタビューで、「我々は試合をより良いものにするために改善策を探し続ける。サッカーをより正直で、よりダイナミックで、より面白いものにするためにね」とさらなるルール改正の必要性を説き、以下8個のルール変更を提案した。
 
【1】オフサイドの廃止
 
 ファン・バステンはオフサイドの廃止について次のように語っている。
 
「オフサイドのないサッカーを観るのは非常に興味深い。今のサッカーはもはや、9人や10人のDFがゴール前を固めるハンドボールのようだ。でも、オフサイドがなければ、DF陣の背後にFWが立てるから得点の可能性がより広がる。今よりも攻撃のチャンスは増えるし、試合の見応えも増すだろう。実際にホッケーではオフサイドはないし、問題はないはずだ」
 
【2】イエローカードの替わりに一定時間の退場を検討
 
 ラグビーの「シンビン制度」のように、ルール違反を犯した選手を一時的に試合から退場させるというもので、ファン・バステンは「レッドカードを出すほど重大ではない行為に対し、選手を10分間試合から外すオレンジカードを提示するということもあり得るかもしれない」としている。

Van Bastens proposed rule changes

   

【海外の反応】「台無しだ」W杯、2026年から48カ国開催で合意と報道!不満の声が殺到!

FIFA

FIFAワールドカップ48カ国開催に関して、FIFA(国際サッカー連盟)の理事会で口頭合意に達した。8日付のイギリス紙『デイリーメール』やスペイン紙『アス』など各国メディアが報じている。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、以前からワールドカップ出場枠の拡張を目指していた。同紙によると、理事会において、W杯出場国数を現行の「32」から拡張し、2026年大会からは48カ国が本大会に出場することで口頭合意に達したようだ。

 48カ国体制では、3カ国でグループステージを開催。上位2カ国、計32カ国がノックアウト方式の決勝トーナメントへ進出し、合計80試合が行われるという。なお、大会開催期間については現行の約1カ月間と変わらないようだ。

 1930年の第1回ワールドカップは13カ国で開催された。以来出場国は拡大の一途をたどり、現在の32カ国体制は日本が初出場を果たした1998年フランスワールドカップから続いている。48カ国開催が正式決定となれば、2022年のカタール大会が現行体制で臨む最後のワールドカップとなる。

 9日にはFIFAによる年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」が開催される。ワールドカップ出場枠の正式発表は、その翌日である10日に行われると見込まれている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00539110-soccerk-socc

FIFA President Gianni Infantino hopes his ruling Council will agree to expand the 2026 World Cup to 48 nations

   

【海外の反応】「陰謀論は正しかった」ブラッターが欧州サッカー抽選の不正を暴露!

FIFA

【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)のジョセフ・ゼップ・ブラッター(Joseph Sepp Blatter)前会長が、13日付のアルゼンチン紙「ラ・ナシオン(La Nacion)」に掲載されたインタビューで、欧州サッカーのイベントでは、抽選に使うボールを「温めたり冷やしたり」することで、組み合わせが操作されていると主張した。

 ブラッター氏は、自身がトップを務めた18年の間に、FIFAが組み合わせ抽選を操作したことはないとしながら、欧州サッカーについては、不正を目撃したことがあると述べている。

 W杯予選や、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)の組み合わせ抽選で使われるプラスチック製のボールに言及したブラッター氏は、「私はボールに触れたこともない」と自分の立場を明確にしつつ、「温めたり冷やしたりすることで、判別できるようにするのは簡単なことだ」と、不正のやり方を説明した。

「欧州サッカーでは、抽選が操作されているのを見たことがある。しかし、FIFAでは絶対にない。もちろん可能ではあったが」

 インタビュアーに詳細を聞かれたブラッター氏は、より具体的な方法を明かした。

「事前に(抽選用の)ボールを冷蔵庫に入れておくんだ。それを1つ混ぜておけば、触ったときに分かるだろう。触った瞬間にどのチームか判別できる」

 ブラッター氏は、自身とFIFAの汚職疑惑については断固として否定し、「ブラッターは腐敗していない。(検察は)私に関する何かを捜していたようだが、スイスの法を犯しているという証拠が見つからない」と続けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000005-jij_afp-socc

The semi-final draw had all the usual anticipation and build-up that comes

   

【海外の反応】「これは八百長(審判買収)だと思った試合は?」

FIFA

英語のサッカーフォーラムから海外の反応をまとめました

2002年ワールドカップのイタリア韓国
 ltaly korea 2002



2002年ワールドカップのノックアウトラウンドの試合から幾つか選んでくれ



 <スペイン
 ・準々決勝の韓国スペイン・・・あれはサッカーへの酷い侮辱だった



   <アスレティック・ビルバオサポ>
   ・あの試合は気分を害するものだった



   ・イタリア戦ってことでは?
    ワールドカップの開催国はいつも多大な"援助"を受ける



     ・イタリアは2度韓国を破ったが、それでも負けた!



 <ユベントスサポ>
 ・本当に嫌いだ


   

サッカーゲームキング 2017年 04月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 04 月号 [雑誌]




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 3/16 号 [雑誌] インヴィンシブル―アーセナルの奇跡
Number(ナンバー)922号 三浦知良、50歳 まだやるよ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) BOA SORTE KAZU 三浦知良フォトブック
サッカーダイジェスト 2017年 3/9 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 04 月号 [雑誌]
Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集) 2017 J1&J2&J3選手名鑑
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

仁王 - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR