NO FOOTY NO LIFE



「面白そう」「必要ない」FIFAの代表チームによる親善試合廃止,ワールドリーグ設立案に賛否両論!【海外の反応】

FIFA

『Estadao』は27日、「国際サッカー連盟(FIFA)は、代表チームによる『ワールドリーグ』を設立することを検討している」と報じた。

先日欧州サッカー連盟(UEFA)は、代表チームによるコンペティション「UEFAネイションズリーグ」を設立することを決定。

これまで行われてきた親善試合を廃し、欧州の代表チームによるリーグ戦を行っていこうというものだ。

一方、これは他の国にとってはヨーロッパのチームと対戦する機会を失うことになり、大きな影響を及ぼす。

FIFAはそれらの問題を解決することを目的に、2019年から「ワールドリーグ」を設立するというプランを検討しているとのこと。

これは全世界の代表チームをFIFAランキングを基準に3部に分け、1年間に渡ってリーグ戦を行うものだという。

真剣勝負の場が増加することはファンにとって楽しいものではあるが、サッカー界のスケジュールを更に過密にする可能性もある。それらの兼ね合いをどう処理していくかが課題になるだろう。
http://qoly.jp/2017/10/31/fifa-plans-world-league-kgn-1

FIFA Considering Replacing International Friendlies With New World League

   

【海外の反応】日本代表、順位を2つ上げアジア2番手に..最新FIFAランク発表!

FIFA

FIFA(国際サッカー連盟)が10日、最新のFIFAランキングを発表した。

日本は7月6日に発表された前回から順位を2つ上げて44位。

アジアではロシア・ワールドカップ本大会出場を決めているイランの24位が
トップで、次いで44位の日本が2番手となっている。8月31日に日本と戦うオーストラリアが45位でアジア3番手に下がり、韓国は49位としている。

なお、上位勢ではブラジルが1位に返り咲き、ドイツ、アルゼンチン、スイス、ポーランドと続いている。

トップ10は以下の通り。

1位 ブラジル
2位 ドイツ
3位 アルゼンチン
4位 スイス
5位 ポーランド
6位 ポルトガル
7位 チリ
8位 コロンビア
9位 ベルギー
10位 フランス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00010001-goal-socc
アジアの上位15カ国

Asias top 15 nations latest FIFA ranking 2017_8

   

【海外の反応】「アメリカ化だ」1試合90分→60分への時間短縮など大幅なルール改正案に批判殺到!

FIFA

スローインなどで試合が止まった際は時計を止め、きっちり60分間で終わらせる案も

 サッカーのルール決定を行う国際サッカー評議会(IFAB)は、ルール改正案として「1試合60分」とすることなど、大きな変更を打ち出しているという。英公共放送「BBC」などが一斉に報じた。

 近年、ゴールラインテクノロジーの導入を筆頭に、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)の導入やPK戦の順番に公平性をもたらすABBAルールなど、サッカーの試合に関わるルールや制度には変化が起きている。

 IFABはさらなる改革として、いくつかの変更点について協議されているという。そのなかで、最も注目されるのは試合時間の変更だ。前後半45分ハーフの計90分間という現在の形から、30分ハーフの60分間へ短縮するというもの。

 トップレベルの試合におけるアクチュアルプレイングタイムは60分前後と言われている。スローインなどで試合が止まった際にはバスケットボールなどと同様に時計を止め、アディショナルタイムなどを取らずにきっちり60分間で終わらせるという案が浮上している。スタジアムの時計も主審が管理しているものと連動させ、時間の浪費を防ぐ対応を取るという。
FKやCKで自分へのパスも可能に!?

 その他には、以下のような新ルールが検討されているという。

・フリーキックやコーナーキック、ゴールキックで自分へのパスをすることができる

・ゴールキックでボールが静止していない状態で再開することができる

・ハンドの反則についてより明確な、一貫した基準を設ける

・手を使って得点した、または得点を阻止した場合、レッドカードが与えられる

・ゴールキーパーが味方のバックパス、またはスローインを手で扱った場合は、相手にペナルティーキックが与えられる

・選手が決定的な得点機会を手で、またはゴールライン付近で阻止した場合、主審は得点を認めることができる

・ペナルティーキックが得点、またはミス/セーブされたいずれの場合も、選手たちが続けてプレーすることはできない
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010005-soccermzw-socc

One rule change being tested at the Confederations Cup is only captains being allowed to talk to the referee during the game

   

【海外の反応】「日本ならやれる」カタール、2022年W杯開催に深刻な危機か

FIFA

『Guardian』は5日、「中東6カ国によるカタールとの断交は、ワールドカップ開催に向けての深刻な危機になる」と報じた。

2022年にワールドカップ開催を控えているカタール。しかし先日、GCC(湾岸協力会議)のメンバーであるサウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプトがカタールとの断交を発表。さらにイエメンとモルディブもそれに加わった。

その理由はカタールのイランとの関係、さらにムスリム同胞団やハマスなどの団体を支援しているという疑惑からだと言われている。

これによってカタールは陸路を封鎖され、航空便も使えなくなり、食料品の輸入も滞る事態となっている。

サッカーにおいては、会場に危険がない限りは国交がなくても国際試合を開催できるため、直近に影響はない。しかし2022年にワールドカップを控えていることが、カタールにとってはかなり重荷になる可能性があるようだ。

交易が停止されているということは、建築資材についても輸入することが難しくなることを意味している。そのほとんどが港を経由して運ばれているものであり、当然労働者の食料も必要だ。そのため、会場のインフラ整備が滞る可能性が出ているのである。

また、ドイツサッカー協会のラインハルト・グリンデル会長は「テロ組織を支援していることが本当であれば、開催を行うべきではない」とコメント。ハード面の準備についての不安、そしてソフト面では政治的な反発。その両方が今、カタールに伸し掛かっている。
https://qoly.jp/2017/06/07/2022-world-cup-in-qatar-under-threat-kgn-1
2022 World Cup in Qatar under threat as Saudi Arabia joins blockade


   

【海外の反応】「とんでもない」4カ国共催も!2026年ワールドカップは複数国開催をFIFAが推進

FIFA

国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は16日、現行の32から48に出場枠が拡大される2026年ワールドカップ(W杯)について、複数国での共催を奨励する意向を示した。22年W杯の開催国カタールの滞在中に語ったとロイター通信などが報じた。

 同会長は「2、3、または4カ国の共催で、一つの国で3~5のスタジアム」と具体的な数字を挙げ、「移動の負担を軽減するために近隣国で開くのが理想的だ」と語った。

 FIFAは1月の理事会でW杯の出場枠を16チーム増やすことを決めたが、競技場の建設、警備など開催国への負担増大が懸念されていた。同会長は今回の構想について、「FIFAとして長期的な視点での持続可能性を考える必要がある」と説明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000117-asahi-spo

FIFAs Gianni Infantino unveils plan for 48-team World Cup with play-in round

   

サッカーゲームキング 2018年 08月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 08 月号 [雑誌]




Ads by amazon
J LEAGUE SOCCER KING (Jリーグサッカーキング) 2018年 08 月号【イニエスタ特集】[雑誌] 2018FIFAWORLDCUPRUSSIAワールドカップ出場32ヶ国選手名鑑 2018年 7/24 号 [雑誌]: サッカーダイジェスト 増刊
Number(ナンバー)954・955・956号 日本代表 未来を懸けて。 WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 月刊フットボリスタ 2018年7月号
Number(ナンバー)953号 日本代表、全力で闘え! WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 解説者の流儀
月刊サッカーマガジン 2018年 08 月号 [雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2018年 7/5 号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「日本、ブラボーだ」日本代表を応援するカエルの一平くんが外国人から好評!
【海外の反応】「劇的結末だ」ブラジル、大苦戦も土壇場のゴールでコスタリカに勝利!
【海外の反応】「終わった」アルゼンチン、敗退の危機!!メッシ不発でクロアチアに完敗
【海外の反応】「勝つべきだった」オーストラリア、新星アルザニ躍動もデンマークとドロー!
【海外の反応】「アジア最強だ」イラン、大健闘も及ばず!スペインが辛勝!
【海外の反応】「日本が歴史を作った」日本代表の大金星に世界から鳴り止まない絶賛の声!
【海外の反応】「日本に驚かされた」日本代表、コロンビアに勝利!世界が絶賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

スポーツウェア 大迫半端ないTシャツ サッカー 面白Tシャツ おもしろTシャツ

Minecraft (マインクラフト) - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR