NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「メッシとロナウドは?」大谷翔平と大坂なおみ、世界で最も影響力ある100人に米タイム誌が選出!

アメリカ・MLS

米タイム誌は15日、毎年恒例の「世界で最も影響力がある100人」を発表し、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が初選出された。

 大谷の選出について、通算696本塁打の“Aーロッド”ことアレックス・ロドリゲス元遊撃手は、同誌公式ツイッターで「大谷翔平は常軌を逸したシーズンを送っている。それは、誰も決して見たことがないようなものだ。彼のマウンドでのスキル、そして同時に併せ持つ打席での圧倒的な力は、大リーグ全体でも比類なきものだ」と賛辞を贈った。

 同誌は04年から毎年独自選出しており、今年は他に日本人で女子テニスの大坂なおみ選手と建築家の隈研吾さんが選ばれた。今回、大谷と大坂の他にアスリートで選出されたのは、いずれも米国の4選手で、女子体操のシモーネ・バイルズとスニーサ・リー、NFLバッカニアーズのQBトム・ブレイディ、女子陸上短距離のアリソン・フェリックスだった
https://news.yahoo.co.jp/articles/78a4f83034dfd6f29dcef8b5199324199c1c6a5b
These sports figures were named in the TIME 100 Most Influential People for 2021

コメント欄などから海外の反応をまとめました

アメリカのバルセロナサポ>
メッシロナウドは?ネイマールは?ベッカムはマイアミにサッカーをもたらしたのに選外?世界で最も影響力のあるスポーツの選手が1人もいない 笑 アメリカンジョークだわ


 ※インテル・マイアミ・・・ベッカムが保有するMLSチーム


<シンガポール>
・アスリートなら、レブロン、ステフェン(・カリー)、メッシロナウド、ベッカムはここに入るべきだ



<ブラジル>
・クリスティアーノ・ロナウドメッシよりも影響力のある選手はこの中にはいない。ネイマールでさえも彼らより影響力があるだろう。



 ・ロナウドにブラジル人のファンがいるからって"影響力ある"と言えるのか分からない。むしろインスピレーションを与えたり、現状を打破しようとする選手のことだ。彼がそうか疑わしいね。メッシの方がその説明に合致するかもしれない。ネイマールが誰なのか知らないわ。


   

【海外の反応】「動物虐待だ」アメリカ代表エース、釣り中の行為で炎上!批判殺到!

アメリカ・MLS

チェルシーに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチの休暇中のSNS投稿が物議を醸している。ドイツ『sport1』が伝えている。

昨シーズンのチェルシーで悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げたプリシッチは、多くのチームメイトがユーロ2020やコパ・アメリカ2021に参戦していた中、長めの夏季休暇を満喫している。

しかし、今月3日に自身の公式『インスタグラム』に投稿したある動画が物議を醸している。

現在、母国のフロリダに滞在中のプリシッチは、SNSやYouTubeにフィッシング動画を投稿している知人と共に巨大魚として知られるゴリアテ・グルーパー(イタヤラ)を目的にクルーザーで沖合に釣りに出かけていた。

その際、プリシッチは知人が釣り上げたゴリアテ・グルーパーが船の側面に横付けされた中で船べりに腰をかけ、魚体の真上でサッカーボールをリフティング。すると、ボールコントロールを誤った同選手はスニーカーでゴリアテ・グルーパーを踏みつける形で海に落下。すぐさま仲間に引き上げられると、ビックリした様子を見せつつ大笑いをした。

今回の動画に対して、チェルシーの一部チームメイトがユーモアを共有する反応を見せた一方、多くのフォロワーや一般ユーザーからはゴリアテ・グルーパーを踏みつける形となったプリシッチの行為、あるいは魚体の上でリフティングを行ったこと自体をグロテスクな行為と判断し、動物虐待ではないかと批判的なコメントが殺到している。

今回の行為に関しては悪意ある動物虐待とまでは言えないが、命を軽視した軽率な行為だったと言わざるを得ないところだ。
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=399075
Pulisic Goliat Grouper a endangered protected species

プリシッチが投稿した物議を醸している動画

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<ドイツ>
・一体何なの😠😠😠本当に悲しいわ



<スイス>
・魚に何をしているんだ?可哀想に



・呆れるわ、これは無情そのものだ



アメリカ
動物虐待は全く面白くない。ああ、ひよっ子は大人しくしてな。



アメリカ
・俺らが食べてる動物の上でリフティングすることが動物虐待なのか?無理矢理叩こうとしてるだろ


   

【海外の反応】「恥ずべきだ」アメリカ対メキシコが大荒れ!乱闘沙汰!逮捕者も出る事態に!

アメリカ・MLS

CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝のアメリカ代表vsメキシコ代表が6日に行われ、3-2で勝利したアメリカが優勝に輝いた。

開始62秒でFWヘスス・マヌエル・コロナ(ポルト)がボックス左で相手のパスをカットし、そのままネットを揺らしてメキシコが先制する予想外のスタートを切る。

しかし、アメリカも27分のセットプレーで、左ポストに嫌われた味方のヘディングシュートのこぼれ球をMFジョバンニ・レイナ(ドルトムント)が押し込んで、同点で試合を折り返す。

後半はタイトな展開となったものの79分に、途中出場のMFディエゴ・ライネス(ベティス)のカットインからのゴールでメキシコが勝ち越し。しかしながら82分、アメリカは再びセットプレーからMFウェストン・マッケニー(ユベントス)がヘディングシュートを決めて、試合は延長戦に突入する。

そして延長後半9分、ここで試合が動く。速攻を仕掛けたアメリカは、右サイドからボックス中央のFWプリシッチ(チェルシー)にボールが渡ると、プリシッチがドリブルを仕掛けた際に、メキシコDFカルロス・サルセド(ティグレス)に倒されPKを獲得。これを自ら決めて土壇場で勝ち越すと、この後更なるドラマが。

試合終了間際の120分、メキシコのCKのシーンでMFルイス・ロモ(クルス・アスル)のヘディングシュートがDFマーク・マッケンジー(ヘンク)の手に当たり、PKを獲得。これを決めてPK戦突入かに思われたが、主将MFアンドレス・グアルダード(ベティス)のシュートを、先発したGKザック・ステッフェン(マンチェスター・シティ)の負傷交代によって投入されたGKイーサン・ホーヴァス(クラブ・ブルージュ)がストップしてみせた。

最後の最後まで目が離せない劇的な展開となった一戦は、3-2でアメリカが制し、初代王者に輝いた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/86b308143d0f50a940430fc6bfa0362aed8fbce8
México fans showing their true colors by throwing trash onto the pitch

アメリカのサッカーファンの反応をまとめました

2分 コロナのゴール】 【24分 エクトル・モレノのゴールは取り消し】 【27分 レイナのゴール】 【79分 ライネスのゴール】 【82分 マッケニーのゴール

92分 エクトル・エレーラのキーパーへのファウルから一触触発に

メキシコ代表は何が何でもクリーンな試合ができないのか?



・マッケニーの喉を手で押さえたのに退場にならないとか 笑



114分 VARで得たPKをプリシッチが決めたゴール

114分 観客が投げたペットボトル?がレイナに直撃

・大の大人が18歳の子供にボトルを投げるなんて、本当に最低だ



 ・アスリートを檻に入れられている動物みたいに扱うファンにまじでうんざりだ。このようなことがNBAでも起こっている。やめる必要があるわ。


   

【海外の反応】「欧州では無理だ」ドラフト制度にマンU監督が大反対!海外のファンから賛否両論の声!

アメリカ・MLS

公式発表からわずか数日で脱退表明チームが続出し、崩壊状態になった欧州スーパーリーグ。

『TV2』によれば、マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督も「悪いアイディア、悪いコンセプトだったと思う。公表の仕方も気に入らない。監督も選手もファンも関与していなかった。誰が見ても間違っていた」と酷評したという。そのうえで、ドラフト精度による選手獲得にも反対だと述べた。

オレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド監督)
「来年やれるから今年のパフォーマンスはどうでもいいとあらかじめ分かっているスポーツには完全に反対だ。アメリカでのドラフトだ。ドラフト上位を得るために、来年に最高の選手を獲るために、酷いプレーをしようとする。それはスポーツマンとしての私の原理原則に反するものだ」

アメリカでは順位の低いチームから上位で指名できるウェイバー方式のドラフトが採用されている。これには戦力均衡を図る目的があるが、スールシャール監督はドラフト上位指名のために今の戦いを捨てることはありえないと考えているようだ。

ただ、MLSには昇格も降格もないので、欧州サッカー界と単純に比較はできないが。
https://news.livedoor.com/article/detail/20082682/
A draft system wouldnt work in the Premier League, according to Ole Gunnar Solskjær

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

アメリカ
・これはまさしく俺が言っていたことだ。今季(NFLの)ニューヨーク・ジェッツのファンは、試合に"勝利"して泣いていたよ。(ドラフトの)全体1位指名権を得られず、非常にショックで悲しんでいたんだ。(ドラフトには)大きな欠陥のある、チームが負けることを望んでいるファンがいるのは最低だわ。



アメリカ
MLSよ、ドラフト制度を廃止せよ



<コロンビア>
・残念ながら、オーレ監督は間違っている。ドラフト制度を十分に理解してない。



アメリカ
・プレミアにドラフト制度があったなら、トップ6はもう全てを支配しないだろうな 笑



アメリカ
・俺はアメリカ人だが、ドラフト制度は小さなクラブに悪い状況を好転させるチャンスを与えるよ。(NBAの)キャバリアーズとレブロンを見てくれ。とは言うものの、欧州では機能しないと思う。


   

【海外の反応】「恐れるべき?」アメリカ代表に黄金世代が到来か!?驚異の欧州組作れるアメリカ人の躍進!

アメリカ・MLS

今回の日本代表も海外組だけでチームを構成したことが話題となっているが、同じような盛り上がりを見せているチームがある。

最近何かと若手タレントが話題を呼ぶアメリカ代表だ。アメリカもまた、欧州組のみにこだわってスタメンを構成することが可能な段階に達しているのだ。

GKにはマンチェスター・シティの2番手を務める25歳のザック・ステッフェン、最終ラインは右サイドバックにバルセロナのセルジーニョ・デスト、左にフラムのアントニー・ロビンソン、センターバックにはヴォルフスブルクのジョン・ブルックス(27歳)、バイエルンでの成長が期待される20歳のクリス・リチャーズがいる。

中盤ではユヴェントスに加入した22歳のウェストン・マッケニー、ライプツィヒのタイラー・アダムス(21歳)、ドルトムントで早くも異彩を放つ17歳のジョバンニ・レイナ

最前線はチェルシーの10番を任されるクリスティアン・プリシッチ(22歳)、リールのティモシー・ウェア(20歳)、大迫勇也とブレーメンでチームメイトのジョシュ・サージェント(20歳)が務める。

米『Bleacher Report』も欧州組だけでスタメンを構成できるようになったことに手応えを感じているようで、今後の代表チームに大きな期待をかけている。ほとんど20代前半の選手となっていることも特徴的で、アメリカサッカー界に良い流れが生まれているのは間違いない。

GKではベルギーのクラブ・ブルージュでプレイする25歳のイーサン・ホヴァスも控えており、センターバックを含めもう少し守備陣が豪華になれば世界の強豪とも互角に渡り合えるだろう。

2022カタールワールドカップ、さらにはメキシコ、カナダ、アメリカの3国共催予定となっている2026ワールドカップでサプライズを起こすべく、アメリカは今後も続々とタレントを欧州へ送り込んでくるはずだ。6年後の2026ワールドカップを迎えた時、控え選手を含めメンバー全員が欧州クラブ所属組なんて展開になっても不思議はないだろう。
https://www.theworldmagazine.jp/20201013/02national_team/296209
Pulisic The United States have never had a team as good as they have now

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ナイジェリア>
・ワオ・・・本当にタレントが豊富にいる
 アメリカはアカデミーの発展に取り組んできたんだな👏



<アメリカ>
・2026年ワールドカップでアメリカは相当なチームになるだろう



<アメリカ>
・2022年W杯では準々決勝進出、2026年は優勝で決まりだ



<ドイツ>
・アメリカには黄金世代が到来してるな。2026年の優勝も全く不可能は話でもない(そのためにはもっと優れた監督が必要だけど)

 でも、他のどの強豪国にも(もっと優秀な)有望株や欧州でトップクラブでプレーしてる選手達がいることを忘れないでくれ。


   
GIANT KILLING(59) GIANT KILLING(59)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2021年 10/14 号 2021 - 2022 欧州 サッカー 選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集
Number(ナンバー)1036号「日本サッカー協会100周年記念特集 日本代表、百年の先へ。」 「楽しい」から強くなれる プロサッカー選手になるために僕が大切にしてきたこと
秋の スタグル 大百科 2021 ワールドサッカーダイジェスト 2021年 10/7 号
アオアシ (25) アオアシ ブラザーフット (1)
最新記事
【海外の反応】「2ゴール決めたのに..」南野拓実、リーグ戦でまたも出番なし、リバプールは壮絶な試合の末にドロー!采配に疑問の声も..
【海外の反応】「日韓対決だ」冨安健洋、韓国代表FWソンフンミンとダービーで直接対決へ!現地アーセナルサポも注目!
【海外の反応】「愛されてる」冨安健洋、スーパースターの扱いを現地ファンから受ける!(動画あり)
【海外の反応】「長友の後釜は誰にすべき?」中山雄太、圧巻ドリブル突破からアシスト!
【海外の反応】「頑張れ」久保建英、膝の負傷でチーム離脱..10月のW杯予選出場は絶望的に..長期離脱は回避か!海外のファンから励ましの声!
【ベルギーの反応】「最高だ」三好康児、執念のゴール!伊東純也はアシスト!日本人対決はアントワープに軍配!現地サポが称賛!
【海外の反応】「打撲かも」久保建英、レアル戦でイ・ガンイン弾の起点になるも温存目的かHTに交代..マジョルカは6失点で大敗
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

心が震えるか、否か。

FIFA 22 【予約特典】DLC 週間最優秀チーム1(TOTW1)選手アイテム & KYLIAN MBAPPÉレンタルアイテムFALSE & FUTアンバサダーレンタル選手ピック & キャリアモードホームグロウンタレント
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR