NO FOOTY NO LIFE



スペイン人「日本人で唯一バルサとレアルからゴールを決めた選手:柴崎岳」【海外の反応】

柴崎岳

ヘタフェMF柴崎岳が、16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦で移籍後初ゴールを決めている。
柴崎はバルセロナ戦で先発出場。39分にこぼれ球を左足で叩き、鮮やかなボレーでヘタフェに先制点をもたらした。
柴崎は鹿島アントラーズに所属していた昨年12月、クラブ・ワールドカップ決勝でレアル・マドリー相手に2得点を決めた。バルセロナ、レアル相手に公式戦で得点を決めた初めての日本人選手となっている。-goal.com-

kashima-gaku-shibasaki_goal against real madrid

twitterから海外の反応をまとめました

<スペインの記者>
・日本人選手で唯一バルサとレアルから公式戦でゴールを決めた選手を紹介する:
 柴崎岳



レアル・マドリーサポ>
・日本、万歳いいいいいいいいいいいいい



バルセロナサポ>
・ガク、君はクラック(名手)だ



<パナマのマドリーサポ>
・この選手はクラックだ、マドリー戦を覚えてるわ【1点目】【2点目



レアル・マドリーサポ>
バルセロナは俺らを笑っていたよな


   

【海外の反応】「翼みたいだ」柴崎岳、バルサ相手にスーパーゴール!世界が絶賛!

柴崎岳

※追記しました
ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、バルセロナ相手に奪い取ったリーガ・エスパニョーラ1部初ゴールによって、メッシを上回る評価を受けている。リーガ・エスパニョーラ第4節バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足ダイレクトボレーで先制点を叩きこんだ。後半開始早々に負傷交代し、チームも1-2と逆転負けを喫したが、試合後の現地紙採点では両チーム最高タイ評価を獲得している。

 柴崎は前半15分にショートカウンターから左サイドに流れ、左足でラストパスを送ると、DFジェラール・ピケに当たり、あわやオウンゴールという場面を作った。勢いに乗る柴崎は、同39分にゴラッソを叩き込む。MFマルケルが空中戦を競り合った高い弾道のボールを、左足ダイレクトで一閃。鋭い弾道を描いたボールはバルサGKテア=シュテーゲンの守るゴールマウスを打ち破った。

 今季ここまで公式戦無失点だったバルサ。昨季バルサ相手に最後のゴールを奪ったのはエイバルの日本代表MF乾貴士の2得点で、奇しくも乾と柴崎がシーズンをまたぎリーグのバルサ戦で立て続けにゴールをマークする形になった。

 勢いに乗ったヘタフェは前半終了間際、メッシのゴール左隅ギリギリを狙った直接FKをGKガイタがビッグセーブし、1点リードで前半を折り返した。後半に入るとピケが柴崎をファール覚悟で激しく寄せる場面もあるなど、バルサも本気モードに突入。同9分には左足甲の部分を痛めるそぶりを見せた柴崎は無念の途中交代となったが、ファンからは万雷の拍手が送られた。
マルカ紙が柴崎弾を絶賛、二つ星評価

 攻撃のキーマンを失ったヘタフェは徐々に押され気味となり、バルサが牙をむく。後半17分に左サイドのFWデウロフェウとDFセルジ・ロベルトのパスワークから最後はMFデニス・スアレスがフィニッシュし、下部組織出身トリオによって1-1の同点に追いついた。

 その後、試合は両チームともチャンスを作ったものの、途中出場のMFパウリーニョが大仕事をする。カウンターからメッシのスルーパスを受けたパウリーニョは、マーカーをもろともせず右45度の位置からゴール左隅に叩き込み、バルサが2-1と勝ち越し。アディショナルタイムにヘタフェが猛攻を仕掛けたものの、スコアは動かず終了した。

 スペイン紙「マルカ」は試合速報で「ガクはボールを芸術品に変えた」とゴールを絶賛。FWモリーナらとともに二つ星(満点は三つ星)を与えられている。一方、バルサはこの日ゴールを挙げたMFデニス・スアレス、MFパウリーニョが2つ星だが、パウリーニョのゴールをお膳立てしたFWメッシ、前半のみで交代したMFイニエスタが1つ星にとどまっている。負けたとはいえ、柴崎が残したインパクトは大きかったようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010004-soccermzw-socc<

SHIBASAKI SCREAMER!!! Getafe 1-0 Barcelona

   

【スペインの反応】「不可欠だ」柴崎岳、アトレティコ戦で奮迅の活躍!現地サポから称賛殺到!リーガ開幕戦でスタメンなるか!?

柴崎岳

※遅くなりましたが先日の試合への反応が結構あったのでまとめました
8月11日、リーガ・エスパニョーラ1部のヘタフェは本拠地コリセウムにアトレティコ・マドリーを迎え、プレシーズンマッチを戦った。

 立ち上がりからヘタフェは、アントワーヌ・グリエーズマンやコケなどフルメンバーで臨んだアトレティコの猛攻に晒される展開。しかし身体を張ったディフェンスでこれを凌ぐと、徐々にカウンターで手数を出していく。

 注目の柴崎岳は4-2-3-1システムのトップ下で先発。開始10分に敵MFニコラス・ガイタンのミスを突いて速攻を仕掛け、32分には果敢に持ち込んでチーム初のシュートを放つなど、攻撃の端緒を開くべく積極的に前へ出た。とりわけ同じく新加入で右サイドに入ったファイチャル・ファジルとの連携が好感触。ホームサポーターを何度か沸かせた。

 0-0のまま折り返した後半、51分には柴崎から1トップのホルヘ・モリーナへ決定的なパスが通すが、受け切れずにゴールキックに。スペインの老舗スポーツ紙の『MARCA』は速報ページで、「ガクの出来が素晴らしい。間違いなく脅威になっている」と称えた。

 66分にヘタフェは4選手を交代。試合前日に入団が発表された期待の新FWアマト・エヌディアイエが登場する。その1分後、エリア内に侵攻した柴崎が決定打を放つが、わずかにゴール左に逸れてしまう。ヘタフェ最大のチャンスだった。さらに73分には右SBダミアンに絶妙なパスを送り、スタンドから拍手が起こる。

 ヘタフェの攻撃を力強くリードする柴崎に対して、全国紙『MUNDO DEPORTIVO』は「驚くべき技巧を随所で披露。見事な手綱さばきで攻撃にリズムを生んでいる」と評し、77分に交代した際には「この日のヘタフェのベストプレーヤー。チームにとって最大の収穫はガクだ」と絶賛した。

 試合はスコアレスのままタイムアップ。ヘタフェと柴崎にとっては、強豪相手に手応えを掴む90分間になった。

 もはや"GAKU"の開幕スタメンは確定的か。ヘタフェは8月20日にアスレティック・ビルバオの敵地サン・マメスに乗り込み、リーガ開幕戦を戦う。

柴崎岳アトレティコ戦でも奮迅の活躍! 全国紙が「ヘタフェ最大の収穫はガク」と称える
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=28718

shibasaki gaku Atlético de Madrid preseason

   

【スペインの反応】「ブレイクする」柴崎岳が決勝ゴールの活躍!開幕スタメンへ前進!現地ヘタフェサポも称賛!

柴崎岳

さっそくスペインのメディアが、柴崎岳のパフォーマンスを称えた。
 
 ジローナとの親善試合で先発出場を飾ったヘタフェの日本人MFは、キックオフ直後からエンジン全開。4-2-3-1のボランチに入り、酷暑の下で精力的に動き回り、中盤を広範囲にカバーした。78分には相手の19歳DFバンボ・ディアビがもたつくところに猛然とプレスを仕掛けてボールを奪取。そのまま持ち込んでGKのニアサイドを豪快に破り、これが決勝点となった(85分に交代)。
 
 そのハイパフォーマンスを全国紙『AS』が絶賛。「ガク・シバサキはすでにヘタフェにおいて重要なプレーヤーだ。前半はジローナ、後半はヘタフェのペースで進んだゲームで、ゲーム唯一のゴールを挙げるなど継続的に質の高いプレーを披露した。とりわけボールタッチの質が素晴らしい。そして彼は気温38度の中でも最後まで走り続けたのだ」と書き綴り、「ガクは明らかな違いになっていた」という一文で締めた。
 
 ジローナがある地元カタルーニャの『Diary of Girona』紙は、おらがチームの試合内容を一刀両断。「ひどいピッチ状態と高温のため、見るべきものが少ないゲームだったが、後半の(ジローナの)低調ぶりは目も当てられない」とした。そして失点シーンについては、「ガクはじつに巧妙にディアビの財布をかすめ取ったんだ。そして(GKの)イライソスを難なく破った」と伝えた。「財布を盗む」は慣用句で、「穴を突いた」「ミスを見逃さなかった」という意味合いだ。
 
 老舗スポーツ紙『MARCA』は「後半のヘタフェで目立っていたのは怪我から戻った(CBの)ファン・カラと、ガク・シバサキである。とくにヘタフェの中盤におけるガクの存在は大きく、ひときわ異彩を放っていた。そして決勝点を挙げ、ヘタフェにプレーシーズン初勝利をプレゼントした」と報じている。
 
 数多の新戦力選手が加わり、中盤の定位置争いが激化しているヘタフェで、柴崎は着実に足場を固めている印象だ。リーガ・エスパニョーラは開幕まであと2週間。ヘタフェは8月20日、アステレィック・ビルバオの本拠地サン・マメスで第1節を戦う。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170806-00028505-sdigestw-socc

Un descomunal Gaku le da la primera victoria al Getafe

   

【スペインの反応】「この日本人はスペシャルだ」柴崎岳、リーガ1部ヘタフェ移籍が決定!現地サポから歓迎の声が相次ぐ!

柴崎岳

※タイトル変更しました
今夏にリーガエスパニョーラ1部に昇格を果たしたヘタフェが、日本人MF柴崎岳(25)の獲得を発表した。

柴崎は先の冬の移籍市場で、鹿島アントラーズからリーガ2部のテネリフェに半年間の契約で移籍。加入当初こそ適応の問題もあって出遅れたものの、その後には絶対的なレギュラーとして活躍した。テネリフェがリーガ1部に昇格した場合には、契約が自動で延長されるはずだったが、チームは1部昇格プレーオフ決勝で敗れていた。

柴崎はリーガ1部のクラブに移籍する意思を公言していたが、その移籍先は昇格プレーオフ決勝でテネリフェとともに戦い、惜しくも敗れた相手ヘタフェとなった。ヘタフェは公式HPで、「日本代表のガク・シバサキは今後4シーズンにわたりヘタフェの選手です」と4年契約を結ぶことを発表。21日に入団発表を行うことも併せて伝えている。

ヘタフェは1923年に創立されたスペインの首都マドリードに本拠を置くクラブで、2004-05シーズンにリーガ1部初昇格を果たし、以降堅実な経営とチームづくりによってリーガ1部に定着。コパ・デル・レイでは2度にわたって決勝に進出し、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)にも出場した。16-17シーズンには2部に降格したが、わずか1年で1部に復帰した。

憧れだったリーガ1部についに到達した柴崎。レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーら世界屈指の強豪がひしめく舞台から、2018年ロシア・ワールドカップ出場を目指す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000031-goal-socc

shibasaki Lozano play off

   

SAMURAI SOCCER KING 2017年 11月号 SAMURAI SOCCER KING (サムライサッカーキング) 2017年 11月号 [雑誌] (ワールドサッカーキング増刊)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 10/26 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2017年 11 月号 [雑誌]
壁を超える (角川新書) 月刊フットボリスタ 2017年11月号
技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する ワールドサッカーダイジェスト 2017年 10/19 号 [雑誌]
サッカークリニック 2017年 11 月号 [雑誌] 長友佑都の食事革命
最新記事
【ドイツの反応】「豚に真珠だ」ドルトムント前監督トゥヘルが中国の広州恒大へ?ドイツ紙が報道
「日本よりも強い」U17日本代表、イングランドと決勝T1回戦で対戦決定..今後の展望を語る海外のファン【海外の反応】
【海外の反応】「生きる伝説だ」中村俊輔の直接CK弾を古巣セルティックサポが絶賛!
【海外の反応】「なんて試合だ」香川出番なしのドルトムント、ライプツィヒに逆転負けでホーム無敗記録がストップ
【海外の反応】U17日本代表、痛恨ドローも決勝T進出決定!ニューカレドニアは歴史的勝ち点1獲得
【海外の反応】「可愛い」岡崎などの有名選手をFaceAppで女性にしてみた(画像あり)
「日本人の正確さよ」香川、ブンデス公式月間最優秀ゴール選出で再び称賛の嵐!【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱) 【Amazon.co.jp限定特典】ボトルネックストラップ 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR