NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「日本の怪物」武藤嘉紀、逆転ゴールとPK獲得の活躍!劇的勝利のマインツは残留が決定的に

武藤嘉紀

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、12日に行われたブンデスリーガ第33節、フランクフルト戦に後半から途中出場を果たし1ゴールを記録、4-2での勝利に貢献した。

 武藤は試合後のインタビューに応じ、ゴールシーンを振り返った。

「今日途中から入って、絶対自分で決めてやろうと思ってました。今シーズン、ドイツに来てから怪我もあって、ツラい時期もありました。でも、前を向いてひたむきに頑張った結果が、最後の最後で実ったのかなと思います」と辛い時期を乗り越え、ゴールを奪ったことを喜んだ。また「あそこから決めるのは難しいと思いましたけど、しっかりヘディングで当てることを意識しました。かなり練習してきた形だったので、練習通りのいいゴールになりました。(クロス)ボールも速かったですし、距離もあったので上を狙おうと思いました」とコメント。

 続けてPKを獲得した場面について「完璧ですね、狙ってました。相手も疲れていたので仕掛けられるのが一番嫌だと思ったので。(PKキッカーは)取られてしまいましたけど、まぁ一点取っていたので」と、PKを獲得したプレーは狙っていたことを言及した。

 最後に日本人ブンデスリーガ通算200得点目を挙げたことについて「そうなんですか、ラッキーでした。(自分のゴールが)記念すべき200点ですけど、そういうのはあんまり気にしないで、とにかく取れるだけ取らないといけないなと思います」と、もっと多くのゴールを奪うことを望んだ。

 今節の勝利で、ブンデスリーガ1部残留をほぼ手中に収めたマインツ。次節は19日、ケルンとアウェイで対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587250-soccerk-socc

Nach 0_2 noch 4_2 Note 2 für Muto und Cordoba

   

【海外の反応】「希望の光だ」香川が同点弾アシスト!ドルトムント、アウクスブルクと痛恨ドロー

香川真司

※試合後の反応を追記しました
現地時間13日にブンデスリーガ第33節の試合が行われ、ドルトムントはアウグスブルクと対戦。先制されるも同点に追いつき、ドルトムントとアウグスブルクは1-1の引き分けに終わっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010000-footballc-socc

kagawa assists agaist Augsburg 2017 1-1

   

サッカーゲームキング 2017年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 6/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 07 月号 [雑誌]
J LEAGUE SOCCER KING (Jリーグサッカーキング) 2017年 07 月号 [雑誌] THE WENGER REVOLUTION: Twenty Years of Arsenal ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集
ディエゴ・シメオネ 信念 己に勝ち続けるという挑戦 グアルディオラ総論
ゲームの支配者 ヨハン・クライフ ワールドサッカーダイジェスト 2017年 6/1 号 [雑誌]
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR