NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「新たなヒーローだ」宇佐美、ゴールで鮮烈デビュー!内田篤人はクロスでオウンゴールを誘発!

宇佐美貴史

ブンデスリーガ2部第5節でFW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフと、DF内田篤人の所属するウニオン・ベルリンが対戦した。今夏2部へと移籍した宇佐美と内田はともにベンチスタートとなった。

 開幕から無敗をキープしている両者の試合は17分、ホームのデュッセルドルフが先制に成功する。左CKのこぼれ球をペナルティエリア内中央のマルセル・ゾボトカが右足でゴール左隅に押し込み、先制点を挙げた。

 失点を喫したウニオンは攻勢に出たものの、反撃にはつながらず、流れは再びデュッセルドルフに。27分、右サイドでパスを受けたベニト・ラマンがドリブルで中央に切り込んで左足を振り抜くが、これはわずかに枠の右。29分には、高い位置でボールを奪ったゾボトカがドリブルで持ち上がり、エリア内からシュートを放つが、相手GKのセーブに阻まれた。

 ウニオンは1点ビハインドで折り返したが、69分に試合を振り出しに戻す。右CKで、内田のライバルである右サイドバックのクリストファー・トリメルが中央にボールを供給。これにダミル・クライラフが頭で合わせると、シュートは左ポストを叩き、ゴールネットを揺らした。

 デュッセルドルフは74分、ラマンを下げて宇佐美を投入。ウニオンは75分、アカキ・ゴギアを下げて内田を送り出す。宇佐美と内田が新天地デビューを飾り、日本人対決が実現した。

 すると78分、エリア内右でパスを受けた内田が華麗なターンから中央へ折り返し。これが相手DFカーン・アイハンのオウンゴールを誘い、ウニオンが逆転に成功した。

 デュッセルドルフは83分、宇佐美がエリア内右から鋭いグラウンダーのクロスを送るが、これは相手GKにキャッチされる。それでも84分、ロングスローのクリアボールにエリア内中央の宇佐美が反応。右足ダイレクトボレーを叩き込み、同点ゴールを奪った。

 さらに終了間際の90分、デュッセルドルフはフロリアン・ノイハウスが右足ミドルシュートを決め、劇的ゴールで勝ち越しに成功。このままタイムアップを迎え、デュッセルドルフが3-2で勝利し、4連勝を飾った。一方のウニオンは今シーズン初黒星となった。なお、宇佐美は74分からの出場で移籍後初ゴールを記録。内田は75分から出場し、オウンゴールを誘発する活躍を見せた。

 デュッセルドルフは次節、17日に敵地でグロイター・フュルトと対戦。ウニオンは15日にアイントラハト・ブラウンシュヴァイクをホームに迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00640624-soccerk-socc

Wechsel #Usami kommt für @RamanBenito uchida #F95FCU

   

【ドイツの反応】「お前は神だ」武藤嘉紀がスーパーボレー弾!現地マインツサポがゴールを絶賛!

武藤嘉紀

迷うことなく左足を振り抜き、ダイレクトで豪快に。

 日本代表FW、武藤嘉紀が鮮烈ゴールだ。
 
 9月9日、ブンデスリーガ3節のマインツ対バイヤー・レバークーゼンの一戦。ホームのマインツは、22分にMFドミニク・コールに先制点を決められる苦しい展開に。3-4-2-1システムの1トップで先発した武藤は敵DFの厳しいマークに遭いながらも積極的に裏のスぺースを狙い、クサビのボールを的確なポストで捌くなど、攻撃に厚みをもたらしていく。
 
 そして迎えた44分、スーパーゴールが生まれる。
 
 左サイドを駆け上がったSBダニエル・ブロジンスキの鋭いクロスを、ファーサイドで待ち受けた武藤は巧みに身体をひねり、左足のハーフボレーで豪快にインパクト。ドイツ代表GKベルント・レノもノーチャンスな一撃を見舞い、スコアを振り出しに戻した。武藤は待望のリーグ戦初ゴールだ。
 
 後半に入って攻勢を仕掛けるマインツは、57分にリスタートからCBアブドゥ・ディアロが頭で決めて逆転に成功。さらに71分にMFズアト・ゼルダルが加点し、3-1の快勝を収めた。開幕2連敗の悪しき流れを見事に断ち切り、武藤はエースの面目躍如だ。終了間際の交代時には、ホームサポーターから喝采を浴びた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00029818-sdigestw-socc

Mainz [1]-1 Leverkusen - Yoshinori Muto

   

【海外の反応】香川の出場を求める声も..ドルトムントは数的有利を生かせずフライブルクとドロー

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガ第3節が9日に行われ、フライブルクドルトムントが対戦した。

 ドルトムントはピエール・エメリク・オーバメヤンやマリオ・ゲッツェらがスタメン。日本代表を途中離脱した香川真司はベンチスタートとなった。

 序盤から主導権を握るドルトムントだったが、18分にアクシデント発生。マルク・バルトラが負傷し、エムレ・トプラクとの交代を余儀なくされた。28分、フライブルクはヨリッチ・ラヴェがマルセル・シュメルツァーの足首を踏んでしまう。主審はイエローカードを提示したが、ビデオ判定の結果レッドカードで一発退場に。シュメルツァーもプレー続行不可能となり、ダン・アクセル・ザガドゥがピッチに立った。その後もドルトムントがボールポゼッションで優位に立つも、堅い守りを崩すことができずスコアレスで前半を折り返す。

 後半に入り63分、マキシミリアン・フィリップのシュートは枠のわずかに上。その後もドルトムントが攻め続けるが、なかなかゴールネットを揺らすことができない。78分にはゲッツェを下げて、今夏獲得したアンドリー・ヤルモレンコを投入する。しかし、最後まで得点を挙げることができずタイムアップ。

 試合は0-0で終了。ドルトムントは開幕からの連勝が2でストップした。
 
 次節、フライブルクはアウェイでレヴァークーゼンと、ドルトムントはホームで大迫勇也が所属するケルンと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00640194-soccerk-socc

Gute Besserung an @Schmelle29 und @MarcBartra #SCFBVB 0_0

   

日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖(amazon) (アディダス)adidas サッカー 日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖 DRN93 [メンズ]




Ads by amazon
セレッソ大阪 2017 ルヴァンカップ優勝記念特別号 【特別付録】優勝記念ジャンボポスター付き (サッカーマガジン12月号増刊) パリ・サンジェルマン特集号 パリは燃えているか 2017年 12月号 [雑誌] (ワールドサッカーキング増刊)
anan (アンアン)2017/11/01[アスリートに夢中! ] サッカーダイジェスト 2017年 11/23 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2017年12月号 ワールドサッカーダイジェスト 2017年 11/16 号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 12/7 号 [雑誌] ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする 自主性・向上心・思いやりを育み、子どもが伸びるメソッド
最新記事
【海外の反応】日本代表の観客動員数は世界屈指だった!
【オランダの反応】「並外れている」堂安律に拍手喝采!MOMに選出!現地サポが称賛!
【海外の反応】「移民の結果だ」W杯出場を決めたモロッコ代表のスタメン全員が欧州育ちだった
【海外の反応】「称賛を」浦和レッズ、アジア制覇に王手!アウェーでアル・ヒラルと価値あるドロー(ACL決勝第1戦)
【海外の反応】「笑い者だ」香川先発のドルト、浅野躍動のシュツットガルトに敗戦
【海外の反応】「優勝できるわ」W杯で見られないスター選手達が豪華すぎると話題に(画像あり)
【海外の反応】「日本はドイツと11回同組に」W杯抽選シミュレーターを試してみた結果..
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱) 【Amazon.co.jp限定特典】ボトルネックストラップ 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR