NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「信じられない」浦和レッズ、奇跡の大逆転でACL準決勝進出決定!

アジアチャンピオンズリーグ

※追記しました
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、準々決勝第2戦を行い、10年ぶりのアジア制覇を目指す浦和レッズとクラブ史上初の4強入りを狙う川崎フロンターレが埼玉スタジアムで激突。第1戦のアウェー戦を1-3で落としていた浦和が、前半19分に先制されながらも、その後4点を奪って4-1の逆転勝利を収め、2戦合計5-4としてベスト4進出を決めた。浦和は準決勝で上海上港(中国)と対戦する。-ゲキサカ

REDSOFFICIAL complete an incredible comeback to reach the #ACL2017 semi-finals

   

【フランスの反応】「お前は悪くない」酒井宏樹を現地マルセイユサポが擁護!不可解な交代をした監督には非難殺到!

酒井宏樹

選手本人も「なぜなのか分からないし、説明もなかった」。
 
日本代表DFの酒井宏樹が所属するマルセイユは9月10日(リーグ・アン5節)、本拠地ヴェロドロームにレンヌを迎えた。
試合は1-3で敗れ、前節モナコ戦の1-6惨敗に続く手痛い連敗。2勝1分け2敗で10位に転落し、ルディ・ガルシア監督への風当たりが強くなっている。
 
 フランスのメディアが首を傾げたのが、38分の酒井の交代だった。マルセイユはその時点で0-2とリードされていたが、どちらのゴールも左サイドを崩されてのもの。
酒井はむしろ及第点以上の出来を見せており、右サイドバックをブナ・サールに変更する理由が見当たらない。左のパトリス・エブラと間違えたのではないかと、皮肉るメディアもあるほどだ。
 
どの媒体も、試合後に酒井が吐露した率直な意見を掲載している。
「なぜ交代になったのか分からない。(監督から)説明はなにもないし、そんなに悪いプレーをしていたとは思わないんですが……」
 
サッカーサイトの『20Minutes』は、「完全な選択ミスで采配ミス。サカイは最終ラインの強度を保とうと懸命だった。サールを投じたところでなにかが変わるはずもない」とばっさり。
「ガルシアはモナコ戦の後から周辺が騒がしくなり、冷静なチームマネジメントができなくなっているのではないか」と推測した。
 
老舗専門誌の『France Football』も同調する。こちらは「奇妙な采配が対戦相手の失笑を買う」と題し、ベンチで戦況を眺めていたレンヌの右サイドバック、ロマン・ダンゼのコメントを紹介した。
テレビ局『Canal+』の取材に応じ、31歳のフランス人選手はこう話したという。
 
「なんだっただろ、あれは。まったく理解できないよ。カードをもらっていたわけでもないし、むしろサカイは良くやっていたんじゃないかな。不必要な交代だったよね」
 
それに加えて同誌は、「OM(マルセイユの愛称)の守備は目も当てられないレベルだったが、交代すべきはサカイではなかっただろう。まったくの驚きだった」と書き綴っている。
 
高級紙『Le Monde』は「もはや乱心としか思えない交代だった。チームから外すべきは問題の種を作るエブラだ。
試合後にサポーターが怒りを爆発させていたのも理解できる、酷い采配だった」と、指揮官の責任を追及した。
 
開幕5試合で4度先発し、右サイドバックのファーストチョイスだった酒井の立場はどうなるのか。
解任の噂が飛び交うガルシア監督の動静とともに、マルセイユへの関心度が俄然高まっている。

木曜日のヨーロッパリーグ開幕戦、名門がホームに迎えるのは、トルコのコンヤスポルだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00029886-sdigestw-socc

Rudi Garcia au sommet de son art il sort Sakai pour Sarr

   

【海外の反応】「メッシFCだ」メッシが圧巻の2ゴール!バルサ、ユヴェントス相手に昨季の雪辱を果たす!

チャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ(CL)・グループD開幕節が12日に行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウにユヴェントスを迎えた。

ユヴェントスはキエッリーニ、ケディラ、マルキージオ、マンジュキッチが負傷で欠場。加えてヘヴェデスをコンディション不良、クアドラードを出場停止で欠く。一方のバルセロナはアルカセルとラフィーニャを除き、全員を起用可能とした。

バルセロナはスペイン・スーパーカップのレアル・マドリー戦以降、初めてビッグクラブと対峙する。バルベルデ監督はこの一戦にメッシ、スアレス、デンベレの3トップを先発で起用している。

序盤、攻勢を強めたのはユヴェントスだ。6分、デ・シリオが左足で狙い、鋭いシュートがGKテア・シュテーゲンを襲う。その4分後にはピアニッチがミドルシュートを打ち、ドイツ人GKに好守を強いた。

対するバルセロナは18分、イニエスタがマテュイディに倒されてペナルティーアークでFKを得る。これをメッシが狙い、壁に当たってこぼれたボールをスアレスが右足で叩く。しかし、この場面ではGKブッフォンが立ちはだかる。

主審が前半の終わりを告げようとしたところで、試合が動く。先制したのは、バルセロナだった。44分、左サイドを駆け上がったアルバを囮にして、メッシがスアレスとのパス交換でバイタルエリアを破る。メッシの左足のシュートがベナティアの股を抜き、ネットを揺らした。これまでGKブッフォン相手にゴールを決めたことのなかったメッシだが、今回の対戦でその呪縛を破っている。

先制して気を良くしたバルセロナは51分、メッシのミドルシュートがポストに直撃。攻めに攻め続け、56分、ついに追加点を奪取する。メッシが右サイドを突破し、シュート性のクロスを送る。ユヴェントスDFが辛くもクリアしたこぼれ球を、ラキティッチが左足で押し込んだ。

カンプ・ノウのボルテージが最高潮に達する中、69分にバルセロナが3点目を手にする。カウンターからイニエスタのパスを受けたメッシが、ドリブルで中央に入って左足を振り抜く得意の形からゴール。メッシは早くも今季公式戦7得点目を挙げ、CL通算では116試合で96得点を記録している。

昨季ユヴェントスに敗れ、準々決勝で散ったバルセロナは、新たなエディションのCL開幕節で快勝して雪辱を果たした。4年ぶりの優勝に向け、素晴らしい滑り出しを見せている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000038-goal-socc
Barcelona 3-0 Juventus ⚽️ (Messi x2 and Rakitic) 2017


   

[アディダス] サッカー日本代表 2020 ホーム ジャージー [アディダス] サッカーウェア サッカー日本代表 2020 ホーム ジャージー




Ads by amazon
【完全保存版】横浜F・マリノス 2019 J1リーグ優勝記念号 特別付録:両面ジャンボポスター (サッカーマガジン2020年01月号増刊) エル・ゴラッソ 総集編 2019 川崎フロンターレ 365 (エルゴラッソ)
サッカー・J2論 (ワニブックスPLUS新書) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 01 月号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2020年1・2月合併号 アジアサッカー特集号 E-1&ACL (SOCCER KING 12月増刊)
高校サッカーダイジェスト(29) 2020年 1/21 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊 高体連vsJクラブユース 育成年代 日本サッカーの将来を担うのはどっちだ!? (TOKYO NEWS BOOKS)
最新記事
【海外の反応】「見せ場が..」久保建英先発も途中交代..マジョルカは10人でセルタと貴重なドロー!
【スペインの反応】「不可欠だ」香川真司、復活のアシスト!現地サポから称賛続出!
【海外の反応】「日本の楽勝だ」日本代表、ゴールラッシュで香港に圧勝!E-1連勝で日韓戦へ
【海外の反応】「南野のリバプール移籍確定だな」日本メディアにクロップ監督がこれからもっと頻繁に顔を合わせるだろうと獲得を示唆!
【海外の反応】「スーパーな選手が来た」香川真司との日々をクロップが回想!日本人選手を絶賛!
【海外の反応】「がっかりだ」南野拓実にマンU、ミランが争奪戦参戦もリバプールが制し..敗れたサポーターから落胆の声!
【海外の反応】「ロナウドと似てる」南野拓実獲得をリバプールの選手達が進言していた!C大阪時代から注目していた日本代表FWを1月獲得へ
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)

ポケットモンスター ソード -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード 配信
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR