NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「希望の光だ」伊藤達哉、鮮烈ホームデビューに現地HSVサポが絶賛!

伊藤達哉

いきなり現れた左ウィングが現地で話題に。低迷する名門に希望を与える存在。

ハンブルガーSV(HSV)の2軍に所属するFW伊藤達哉は9月30日に行われたブンデスリーガ第7節ブレーメン戦で、キャリアで初めてトップチームの試合に先発出場を果たしている。このダービーはスコアレスドローに終わるも、突然にHSV下部組織から現れた20歳の若手は“勝者”としてピッチを退いたと言えるだろう。

第5節ボルシア・ドルトムント戦からトップチームでメンバーに加えられている伊藤は、前節レヴァークーゼン戦で終盤に途中出場して1部デビューを飾っている。そして、ブレーメンとの“ノルトダービー”(“北のダービー”)には主将を務める日本代表DF酒井高徳とともにスタメンとして臨むと、左サイドで堂々と仕掛けるプレーはすぐさま観客を魅了した。

この一戦で伊藤は52分までプレー。ふくらはぎが両方ともつったため、悔しがりながらもベンチに下がった。しかしその際、HSVの本拠地、フォルクスパーク・シュタディオンの観衆は立ち上がり、大きな拍手を送っている。試合後にはマルクス・ギスドル監督も「イトウは我々のプレーを信じられないほど活性化した。この試合でファンのお気に入りの選手にもなったようだね」と称賛の言葉を口にしている。

またその上々のパフォーマンスを受けたドイツ紙『ビルト』は「HSVの未来となる3人」の一人として特に伊藤について紹介。HSVは2014年にドバイで開催された“アル・アイン・カップ”でMVPに選ばれた当時柏レイソルユース所属の伊藤に注目し、獲得に乗り出したと伝えている。同紙によると、マンチェスター・シティやインテルも同選手に目をつけていたという。「ヨーロッパに行くことが夢で、トライアルを2度ほど受けました」と話す伊藤だが、最終的には2015年HSVのU-19チームを新天地に選択したとのこと。

伊藤はまたドイツでの初シーズンはひざに重傷を負い、ドイツ語の習得に専念したことも明かしている。そして、ケガを乗り越えた伊藤は今シーズンドイツ4部に相当するレギオナルリーガを戦うHSVの2軍でPKを3度獲得するなどチームの得点の半数近くに絡む活躍を見せ、その才能が開花。下部リーグでは「伊藤を1対1で止めることはもはや不可能となっている」と報じる『ビルト』だが、ブレーメン戦でも両チーム最多のファウルを受けたことを指摘している。

なお同胞の酒井は、後輩のプレーについて「とても上手くやってくれましたね。勇気を持ってクオリティーを見せてくれました」とコメント。「彼のことをすごく誇りに思いますし、ブンデスリーガでやっていけるとも信じています」と初先発のパフォーマンスに“合格点”を与えている。このまま成長が続けば、『ビルト』が予想するとおり、伊藤は2020年の東京オリンピックに向けた五輪サッカー日本代表に選出される有力候補の1人となるかもしれない。-goal.com-

Tatsuya Ito looks a very impressive player a good dribbler

   

【ベルギーの反応】「一流の選手だ」森岡亮太、また1ゴール1アシストの活躍!久保裕也は今季2点目を記録!

森岡亮太

ベルギーリーグ第9節が30日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでアントワープと対戦し、3-0で勝利した。トップ下で先発フル出場した森岡は1ゴール1アシストの活躍。開幕から9試合で5ゴール6アシストとし、3戦ぶりの白星をもたらした。

 この日はアントワープのマンマークに近いタイトな守備に対し、うまく攻撃の形を作れずにいたベフェレン。前半13分にミドルレンジから森岡が強引に右足で放ったシュートは枠を大きく外れ、同アディショナルタイム3分に良い位置でのFKからMFイブラヒマ・セックが左足で直接狙ったシュートも左ポストの外側を通過した。

 0-0で前半を折り返すと、意外な形でスコアが動く。後半1分、森岡が右サイドのタッチライン際で2人の相手に追い込まれながらも粘り強くキープ。ボールがラインを割った直後、アントワープの選手たちがマイボールをアピールする中、DFローラン・ヤンスが素早くスローインで始め、受けたFWアレクサンダル・ボリェビッチがPA内右に進入する。角度のない位置から右足で打ったシュートがゴール左上に突き刺さり、ベフェレンが先制した。

 ゴール後、判定に納得のいかないアントワープの選手たちが主審に抗議を行い、MFファリス・ハルンがイエローカードを受ける。確かに問題となったスローインの場面で、ボールが外に出る直前に触っていたのは森岡のようにも見えており、後味の悪い得点シーンとなった。

 相手が徐々にフラストレーションをためる一方、冷静に隙を突いてチャンスを創出していくベフェレン。後半19分にはカウンターから左サイドのMFナナ・オポク・アンポマーがパスを出し、PA手前やや左のスペースで森岡が受ける。相手GKの動きを見ながら右足で丁寧にゴール右隅へ流し込み、3試合ぶりとなる今季5得点目を挙げた。

 後半36分には左CKからキッカーの森岡が右足でファーにクロスを供給。途中出場のFWトゥール・ディールクスが胸トラップから右足でゴール右に叩き込み、さらにリードを広げる。そのまま3-0で終了し、ベフェレンが3試合ぶりに勝ち点3を手にした。-ゲキサカ-

morioka goal and assist against Royal Antwerp

   
アオアシ (20) (ビッグ コミックス) アオアシ (20) (ビッグ コミックス)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 6/4 号 GIANT KILLING(54) (モーニング KC)
サッカーマガジン2020年7月号 (「リオ組」の現在地) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 06 月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) ブルーロック(9)
Number(ナンバー)1001「創刊40周年記念特集 日本サッカー希望の1ゴール。」 サッカーダイジェスト 2020年 5/14・28 合併号
最新記事
【ドイツの反応】「おめでとう」鎌田大地、待望のブンデス初ゴール!2得点に絡む活躍!ドローで連敗止める!
【海外の反応】「香川みたいだ」キミッヒの芸術的ループでバイエルンがドルトムントとの大一番を制す!
【海外の反応】日本サッカーと韓国サッカー、どっちが上なの?
【海外の反応】「プレミア歴代最高のアジア人選手は誰?」
「何を信じればいいのか..」久保建英の去就に影響も!?ウーデゴールのレアル復帰が決定的に!?現地紙が報道!【海外の反応】
【海外の反応】「給料なしだよな?」カンテ、コロナ感染懸念で練習参加を拒否!今季残り全試合欠場か..賛否両論の声!
【ドイツの反応】「生ける伝説だ」長谷部誠、契約延長発表で現地サポから感謝と歓喜の声続出!バイエルンに大敗で待望論も!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃(20) ポストカードセット付き特装版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR