NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本はやはり日本だ」U21日本代表、劇的ゴールでタイに勝利!決勝T進出決定!(U23アジア選手権)

日本代表

※少し追記しました
AFC U-23選手権グループリーグ第2節が13日に行われ、U-21日本代表がU-23タイ代表と対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半45分にDF板倉滉(仙台)が決勝点を奪い、日本が1-0の勝利を収めて決勝トーナメント進出を決めた。2連勝を飾った日本は16日のグループリーグ第3戦で北朝鮮と対戦する。

 10日の第1戦パレスチナ戦で1-0の完封勝利を収めて白星スタートを切ったチームは、先発4人を変更してFW田川亨介(鳥栖)、MF高木彰人(G大阪)、MF遠藤渓太(横浜FM)、DF原輝綺(新潟)を先発起用。システムは3-4-2-1を採用し、GKに小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右からDF原、DF立田悠悟(清水)、板倉、ボランチにMF井上潮音(東京V)、MF神谷優太(愛媛)、右アウトサイドにMF藤谷壮(神戸)、左にMF遠藤を配置し、シャドーに高木、MF岩崎悠人(京都)、1トップに田川を並べた。[スタメン&布陣はコチラ]

 勝てばグループリーグ突破が決まる日本だが、3-4-2-1のシステムを採用し、守備に回った際には5バックとなって低い位置に重心を置くタイを崩し切れない。敵陣深くまでボールを運べない時間帯が続くと、遠藤や神谷が果敢にミドルレンジから狙うも枠を捉え切れず。しかし、タイのカウンターには立田や板倉がきっちり対応してチャンスは作れせずにスコアは動かないまま試合は進む。

 すると、日本が立て続けにセットプレーからシュートチャンスを迎える。前半15分には神谷が蹴り出したCKの流れから立田が右足で狙うもGKに足でブロックされ、同17分には再び神谷のCKを今度は板倉がヘディングで合わせるもGKの守備範囲に飛んでしまう。同22分には高木のシュートコース上にいたPA内の田川にボールが渡り、決定機を迎えたものの、田川の右足シュートは枠上に飛んでしまった。

 0-0のまま後半を迎えても、攻める日本、守るタイの図式は変わらず。守備に重心を置くタイを攻略し切れずに時間が進むと、同18分に日本ベンチが動き、岩崎に代えてMF森島司(広島)を投入。さらに同28分には高木に代わってFW旗手怜央(順天堂大)がピッチへと送り込まれた。同37分には日本がフィニッシュまで持ち込むも、井上のパスをPA内で受けた田川のシュートはゴール左に外れた。

 その後も日本が押し込み続けるが、同41分にPA内でボールを受けた田川が鋭いターンから放ったシュートがGKに弾き出され、同43分に田川のシュートのこぼれ球に反応した旗手の決定的なシュートがポストを叩くなど、タイゴールをこじ開けられない。しかし同45分、井上のクロスを田川が落とすと、ゴール前の板倉が押し込んで1-0の勝利を収めた。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?236074-236074-fl

AFC U23 Championship 2018 Match Day 2 Group B japan 1 thai 0 itakura goal

   

【ポルトガルの反応】「この日本人はマシーンだ」中島翔哉の争奪戦が本格化!強豪ポルトが獲得レースに参戦!

中島翔哉

日本サッカー界期待の俊英・中島翔哉の獲得レースにポルトガルの名門が本格的に乗り出した。

 現地1月11日、ポルトガル・メディア『A Bola』は、ポルトポルティモネンセに所属する中島獲得に向けて動き出したことを具体的な情報を交えて報じている。

 今シーズンから海を渡り、ポルトガルポルティモネンセでプレーする中島は、ここまで公式戦17試合に出場し、7得点・3アシストを記録。その殊勝なパフォーマンスには、他国リーグのクラブも注目しており、リーグ・アンのサンテティエンヌや、ブンデスリーガのヴォルフスブルクとフランクフルトの興味が伝えられた。

 とりわけ、長谷部誠と鎌田大地という二人の日本人を抱えるフランクフルトは、獲得に熱心で、かなりの好条件を提示する準備を進めているという。

 そんななか、ここにきて中島獲得の最有力候補に躍り出たのが、ポルトだ。

 これまでも中島の動向を追ってきた『A Bola』によれば、ポルトは今冬の獲得を画策しており、この1月に中島の保有権を買い取ったポルティモネンセが設定している移籍金1000万ユーロ(約13億円)の減額交渉を行なっているようだ。

 その交渉をスムーズに進めるためにポルトは、現在、ポルティモネンセに期限付き移籍しているブラジル人DFのイナシオを完全移籍で提供し、さらに今シーズン終わりまでブラジル人FWのガレーノを貸し出すことを提案しているという。

 同メディアは交渉の進展具合について次のように綴っている。

「ポルトとポルティモネンセは良好な関係性を築いている。さらにナカジマもポルトに興味を持っていることを考えれば、今冬に移籍が実現する可能性は十分にある。ポルト側はかなりの自信を持っている」

 仮に現在国内リーグ首位に立つポルトに加われば、自身キャリア初のリーグ優勝の美酒も味わえる可能性が高く、さらにヴォルフスブルクやフランクフルトとは異なり、チャンピオンズ・リーグ出場も叶えられる。欧州での成功を望む中島にとってはキャリアアップの絶好の機会と言えるだろう。
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=34693

FC Porto estará a pressionar o Portimonense para ter Nakajima

   
アオアシ (26) アオアシ (26)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2021年 12/16 号 サッカーダイジェスト 2021年 12/9 号
footballista(フットボリスタ) 2022年1月号 Issue088 ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー
風間八宏の戦術バイブル サッカーを「フォーメーション」で語るな GIANT KILLING(59)
フットボールアルケミスト 5 ブルーロック(16)
最新記事
【海外の反応】「日本人は高潔なのに」古橋亨梧が倒れてスコットランド人が騒然!厳しい批判も!
【海外の反応】「並外れてる」冨安健洋、超絶ブロック!1対1で圧倒的な強さを見せるも..アーセナルはマンUに逆転負け..現地サポは称賛!
【海外の反応】「別格だ」古橋亨梧、鮮烈ゴールで今季14点目!現地サポから称賛続出!
【ドイツの反応】「脱帽だ」長谷部誠、来月38歳も衰え知らずの活躍を見せ現地サポが絶賛!契約延長を望む声も!
外国人「これが人種差別なの?」韓国人FWに「サムライ」「寿司」とマルセイユ関係者が人種差別発言!クラブの糾弾に困惑の声も!【海外の反応】
【海外の反応】「中東勢が得をする?」ACL大改革か!?外国籍選手枠の拡大、秋春制移行を議論へ!アジアのファンが騒然!
外国人「日本代表のベストメンバー11人を教えて!」【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

心が震えるか、否か。

FIFA 22 【予約特典】DLC 週間最優秀チーム1(TOTW1)選手アイテム & KYLIAN MBAPPÉレンタルアイテムFALSE & FUTアンバサダーレンタル選手ピック & キャリアモードホームグロウンタレント
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR