NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本は本当に強い」U21日本代表、北朝鮮に3発勝利でGL首位通過 !

日本代表

※追記しました
AFC U-23選手権グループリーグ第3節が16日に行われ、U-21日本代表がU-23北朝鮮代表と対戦。前半32分にDF柳貴博(FC東京)、同43分にMF三好康児(札幌)のゴールで前半だけで日本が2点をリードすると、後半に北朝鮮に1点を返されながらも、同28分にFW旗手怜央(順天堂大)が加点し、3-1の勝利を収めた。3連勝で首位通過を決めた日本は、19日の準々決勝でA組2位のウズベキスタンと対戦する。

 2連勝で決勝トーナメント進出を決めている日本は、13日の第2戦タイ戦から先発全員を入れ替え、この一戦を迎えた。システムは変わらず3-4-2-1を採用し、GKに波多野豪(FC東京)、最終ラインは右から柳、DF庄司朋乃也(金沢)、DF古賀太陽(柏)、ボランチにMF伊藤洋輝(磐田U-18)、MF森島司(広島)、右アウトサイドにMF長沼洋一(岐阜)、左にMF浦田樹を配置し、シャドーに三好、旗手、1トップにFW小松蓮(産業能率大)を並べた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半6分にゴールを脅かしたのは日本だった。伊藤が蹴り出したCKのこぼれ球に反応した三好が左足ダイレクトで合わせたシュートは枠を捉えたものの、ゴールマウス内にいた相手選手にブロックされて先制点を奪うには至らず。さらに同21分には伊藤がミドルレンジから積極的にシュートを狙うも、相手GKの正面を突いてしまった。

 その後も主導権を握って試合を進めると、前半28分に好機を創出するが、中央突破した旗手のラストパスに走り込んだ伊藤が狙ったシュートは枠を捉え切れず。しかし同32分、伊藤が蹴り出したFKをゴール前の柳が左足で押し込み、日本が先制に成功した。さらに同42分には右サイドから切れ込んだ長沼のスルーパスで抜け出した旗手が決定機を迎えるも、シュートは枠を捉え切れなかった。

 しかし、前半終了間際の同43分、前線に運んだ旗手のスルーパスから左サイドを駆け上がった伊藤の折り返しを、中央に走り込んだ三好が左足で冷静に蹴り込んでリードを2点差に広げる。

 日本が1-0とリードしたまま後半を迎えると、後半7分に自陣深くで古賀のパスミスを奪われると、最後は波多野と1対1になったFWキム・ユソンにネットを揺らされ、北朝鮮に1点差に詰め寄られてしまう。この失点は日本にとって今大会初失点となった。その後も圧力を強める北朝鮮に押し込まれる展開となるが、体を張った粘り強い守備で同点ゴールを許さずに試合を進めていく。

 すると後半27分、PA内で仕掛けた旗手がDFキム・ナムイルのファウルを誘ってPKを獲得。旗手自身がキッカーを務め、蹴り出したシュートはポストに弾かれながらも、相手GKに当たってゴールラインを割り、再びリードを2点差に広げた。

 リードを広げた日本ベンチが動き、同29分に三好に代わってMF高木彰人(G大阪)、同33分に浦田に代わってMF遠藤渓太(横浜FM)がピッチへと送り込まれる。その後は北朝鮮に攻勢を許すが、同40分にキム・ユソンに至近距離から放たれたヘディングシュートを波多野が弾き出すなど、得点を許さず。3-1の勝利を収めてGL首位通過を決めた。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?236252-236252-fl

japan wins over north korea in the #AFCU23 Championship 2018

   

【フランスの反応】「怪物だ」川島、ビッグセーブでMOM選出!現地サポが絶賛!酒井宏樹はベストイレブンに選出!

川島永嗣

リーグ1は13日に第20節を行い、日本代表GK川島永嗣所属のメスは敵地でディジョンと対戦し、1ー1でドローとなった。川島は公式戦4試合連続で出場となった。

 リーグ戦2試合、クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)と公式戦直近3試合で正GKの座を掴んでいる川島は、その出場した試合で3連勝を達成。残留に向けて1歩ずつ勢いに乗り始めた中で、18年のリーグ戦初戦を迎えた。

 しかしメスは試合開始早々から苦しい状況に陥る。開始30秒、ディジョンは最前線でボールを受けたMFフレデリック・サマリターノがメスの最終ラインをドリブルで強引に突破。PA内に入り込むと、川島が守るゴールの右隅を狙い、先制点を決めた。

 失点を許して序盤から追う展開になったメスだが、その後は拮抗状態になり、前半を0-1で折り返す。後半16分には再びメスにピンチが訪れる。右サイドからのクロスをファーサイドのサマリターノが豪快な右足ボレーで合わせるが、川島が好セーブ。また同30分には、右CKのこぼれ球をまたしてもサマリターノがPA手前から左足シュートで狙うが、川島が横っ飛びでボールをキャッチし、追加点を許さない。

 メスは後半40分にMFマシュー・ドセビィに代えてFWノラン・ルーを投入。すると同44分、攻め立てるルーに対し、後手に回るディジョン守備陣は中途半端なクリアでボールを宙に浮かせてしまう。ルーはそのボールを逃さず、PA手前から右足ダイレクト。鋭い弾道はゴール左隅に突き刺さり、終了間際に1-1と試合を振り出しに戻した。

 劇的な形で1-1となり、試合はそのまま終了。守備で耐え抜き、攻撃でチャンスを狙い続けたメスはフレデリック・アンツ監督の采配が的中し、貴重な勝ち点1を手にした。このドローでメスはリーグ戦4試合負けなし(2勝2分)に。入れ替え戦となる18位までも勝ち点7差とまだ厳しい状況は続くが、4試合連続で勝ち点を獲得し、勢いは少しずつ付いてきている。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?236096-236096-fl

Eiji #Kawashima élu lhomme du match @DFCO_Officiel - @FCMetz

   
GIANT KILLING(55) (モーニング KC) GIANT KILLING(55) (モーニング KC)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2020年 7/23 号 パッション 新世界を生き抜く子どもの育て方
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 7/16 号 戦術リストランテVI ストーミングvsポジショナルプレー (footballista)
フットボールクラブ哲学図鑑 (日本語) footballista(フットボリスタ) 2020年7月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) アオアシ (20) (ビッグコミックス)
最新記事
【海外の反応】「日本の未来だ」久保建英のゴールに鳴り止まない称賛の声!リーグ公式もキング久保と称える!
【海外の反応】「なんて至宝だ」久保建英、今季4ゴール目!海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「やっちまった」大迫がロシア移籍!?ロストフ公式がFC東京・橋本拳人の写真と取り違える失態!
【スペインの反応】「驚愕だ」岡崎慎司、値千金の決勝ゴール!今季11点目!現地サポが称賛!
【海外の反応】「只者ではない」鎌田大地のプレー集を見た海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「おかしいよ」ソンフンミンにロリスが激昂で一触触発!原因は怠慢な守備!?ソンを擁護する声も!
【海外の反応】「おめでとう」大迫勇也先発のブレーメン、1部残留が決定!アウェーゴール差でハイデンハイムに競り勝つ
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR