NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「ウイイレか?」リーズの新エンブレムが酷すぎて炎上!

ユニフォーム・胸スポ・エンブレム

リーズは2019年にクラブ創設100周年を迎える。それを記念してバッジ(エンブレム)の刷新を企画。半年近い時間をかけ、1万人のファンや関係者の意見を募りながらデザインを確定させた。クラブがそのデザインに込めたメッセージは、「パッションと唯一無二のアイデンティティー」。2019-20シーズンのスタートから使用する予定だった。
 
 しかしながら、ホームページ上に公開するとほんの数時間で万単位の批判メッセージが寄せられた。「ひどい」「ダサい」「小学生の作品のよう」「ギョッとする」「ショッキング」などなど、デザインを否定する意見が相次いだのだ。ついにはホームページ上で反対の署名運動が起こり、なんと25日時点で7万人がサインする事態に発展。キニアー社長は「こんなに凄まじい反対を受けるとは想像していなかった」と驚きを隠さず、「練りに練って発表の日を迎えたが、こういう結果になり残念だ。ファンの声を真摯に受け止めたい」と語りかけた。
 
 クラブは「今後どのように協議していくかなどの詳細は、来週中に発表します」との声明文をリリースしている。

年明けにリーズ入団を果たし、すぐさまスペイン2部のクルトゥラル・レオネサに貸し出された井手口陽介。1年半後、リーズのキットを身に纏う日本代表MFの左胸には、はたしてどんなデザインの新エンブレムが添えられているのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180126-00035081-sdigestw-socc

Leeds Uniteds new crest

   

外国人「日本のテレビ番組は面白いな」メッシが体育会TVで見せた神業キックが話題に!【海外の反応】

メッシ

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと言えば、変幻自在のドリブル突破と世界最強の決定力で数々のゴールを陥れてきた。その能力によって様々なイベントに引っ張りだこだが、ペルーメディア「el comercio」では日本のスポーツバラエティー番組の“難しすぎる挑戦”を見事クリアした様子が伝えられている。

 同メディアが紹介したのは、数々のアスリートが難しすぎる技に挑戦する日本の人気番組だが、メッシが今回挑んだのはサッカーゴールに設けられた20個のパネルを、制限時間100秒以内にすべて抜いていくというもの。左右と高低の両方を合わせるキック精度の高さが求められるが、メッシはテンポ良くポンポンとパネルを抜いていく。最後に残ったのは、最も難しいゴール右上隅の「5番」だったが、何本か蹴るうちに感覚をつかんだメッシは、いとも簡単に5番を抜いてみせた。

 7.77秒を残して20枚すべて抜いた神業キックに、同サイトもビックリ仰天だったようだ。次のように記している。

「リオネル・メッシは複雑怪奇な挑戦をした。彼は何千回ものプレーで我々を驚かせ続けてきた。その一方で、日本での番組ではメッシが“不可能を可能にする”ミッションをどう達成するかを映像で見せていた。メッシによるシュートは、まるで弓のように20枚のパネルを射抜いた」

 ピッチ上での圧倒的な存在感はもちろん、テレビ番組でのチャレンジ一つ取っても難業を軽々とクリアするメッシ。視聴者を楽しませるという意味でもやはり、世界ナンバーワンプレーヤーなのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00010018-soccermzw-socc

japanese_shooting_challenge_ft_messi_20_targets.jpg

   

【海外の反応】「予想外だ」韓国も撃破のウズベキスタンがベトナムとの決勝戦へ!(U23アジア選手権)

アジア

AFC U-23選手権中国2018の準決勝が23日に行われた。

 カタールと対戦したベトナムは、2試合連続でPK戦を制し、初の決勝に駒を進めた。試合は39分、FWアクラム・アフィーフにPKでの先制点を許したが、ベトナムは69分にMFグエン・クアン・ハイが自身のシュートのこぼれ球を押し込んで、振り出しに戻す。終盤に入って87分にFWアルモエズ・アリの勝ち越し弾を浴びたものの、直後の88分には再びグエン・クアン・ハイが左足ミドルシュートを沈めて同点。このまま延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入すると、GKブイ・ティエン・ドゥンが2本ストップする活躍を見せ、ベトナムが4-3で制し、決勝進出を果たした。

 準々決勝日本を4-0で破ったウズベキスタン韓国と対戦。開始33分にエリア内へ抜け出したFWザビキージョ・ウリンボエフが先制点を奪うが、後半に入って58分にセットプレーからDFファン・ヒョンスに同点ゴールを許す。74分にはMFチャン・ユノが2枚目のイエローカードを受けて退場し、韓国が10人となったが、スコアは動かず延長戦に突入。すると、粘りを見せていた韓国も力尽き、数的有利のウズベキスタンが99分にMFアジジョン・ガニエフの豪快ミドル弾で勝ち越し、110分にMFヤスルベク・ヤフシボエフ、121分にDFアクラムジョン・コミロフの追加点で、最終的に4-1で勝利。こちらも初の決勝進出となった。

 カタールと韓国の3位・4位決定戦は26日に行われ、ベトナムウズベキスタン決勝は翌27日に行われる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00705947-soccerk-socc

Uzbekistan defeat Korea Republic in extra-time to reach the #AFCU23 Final

   
GIANT KILLING(56) NumberPLUS「完全保存版 内田篤人 2006-2020」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2020年 10/8 号 NumberPLUS「完全保存版 内田篤人 2006-2020」
Number(ナンバー)1011号「久保建英、リーガをゆく。」 (Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー)) ワールドサッカーダイジェスト 2020年 10/1 号
再起は何度でもできる (日本語) 鉄人中澤佑二の食トレ (日本語)
BE BLUES!~青になれ~ (41) (日本語) ポジショナルフットボール 実践論
最新記事
【フランスの反応】「日本人だけが..」長友佑都と酒井宏樹が先発で奮闘も評価は分かれる..
【海外の反応】「スーパー有能だ」鈴木武蔵、2試合連続ゴール!中山雄太はゴールでMOMに選出!
【海外の反応】「別格だ」鎌田大地、2アシストの活躍!海外のファンが称賛!
【スペインの反応】「正気ではない」香川真司、サラゴサと契約解除報道!現地サポーターの反応は..
【海外の反応】「怪物だ」南野拓実、2ゴール1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「恥を知れ」前回王者アルヒラルがまさかのACL強制敗退!現地サポから不満噴出!
【海外の反応】「妥当だ」酒井宏樹への人種差別などでネイマールに最大20試合出場停止の厳罰の可能性!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE

FIFA 21 ULTIMATE EDITION【限定版同梱物】最大24個のレアゴールドパック & カバー選手のレンタルアイテム(FUT5試合) & キャリアモードの地元出身選手 & FUTアンバサダー選手ピック & スペシャルエディションのFUTユニフォームとスタジアムアイテム 同梱
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR