NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「Jリーグは異常だ」史上最も熾烈なJ1残留争いが話題に!勝ち点41で5チームが並ぶ未曾有の大混戦に決着!

Jリーグ

かつてこれほど熾烈で、ハイレベルな残留争いがあっただろうか。2018年のJ1リーグは1日、14時キックオフで全9試合が行われ、最終順位が確定。前節までに17位柏レイソル、18位V・ファーレン長崎の自動降格が決まっていたなか、“最後の1枠”となる16位はドラマチックな展開の末にジュビロ磐田が13位から転落し、J1参入プレーオフへと回ることになった。

 未曽有の大混戦が続いていた今季の残留争い、最終節を前に16位となる可能性があったのは5チームで、最終節のカードは以下のとおりとなっていた。

【第33節終了時点の順位】
12位 横浜FM 勝ち点41(1)
13位 磐田 勝ち点41(-12)
14位 湘南 勝ち点40(-5)
15位 鳥栖 勝ち点40(-5)
16位 名古屋 勝ち点40(-7)

【最終節の対戦カード】
鹿島 vs 鳥栖(0-0)
川崎 vs 磐田(2-1)
横浜FM vs C大阪(1-2)
名古屋 vs 湘南(2-2)

 最大の注目が同勝ち点で並ぶ14位湘南と16位名古屋の一戦となるなか、いきなり湘南が前半に2点をリードして名古屋は窮地に立たされる。だが後半22分、30分とFWジョーがPKで2ゴールを決め、2-2の同点に追いつく。勝って残留を決めたい名古屋だったが、勝ち越しゴールは生まれず同点のまま終了。両者が勝ち点1を積み上げ勝ち点「41」となり、得失点差で上回る湘南の残留が決まった。

 一方、名古屋の運命は他会場の結果に委ねられることに。横浜F・マリノスはセレッソ大阪に1-2で敗れるも得失点差で12位を維持。また名古屋と同勝ち点で並んでいたサガン鳥栖は鹿島アントラーズと0-0で引き分け、こちらも勝ち点「41」で並んだが得失点差で上回り残留を確定させた。

 そして残すは前節終了時点で13位のジュビロ磐田と、すでに優勝を決めている川崎フロンターレの一戦。試合は終盤までスコアが動かなかったが、後半33分に残留を確定させたい磐田がFW大久保嘉人のゴールで先制する。だが同38分、川崎のDF奈良竜樹に同点ゴールを奪われると、後半アディショナルタイム4分、MF家長昭博にサイドを突破され際どいクロスを入れられると、オウンゴールで決勝点を献上してしまった。

 1-2と敗れた磐田は勝ち点を伸ばせず、得失点差「-13」により土壇場で16位転落。12月8日に開催されるJ1参入プレーオフ決定戦に回ることになった。
https://www.football-zone.net/archives/151423
5 teams tried to avoid the relegation playoff and eventually Jubilo Iwata that will get extra work because of a 90_4 goal

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<FOXスポーツの司会者>
Jリーグの信じられない最終節
 
 これが残留争いの最終順位

 名古屋のランゲラック、横浜のアンジェ監督、
 サガン鳥栖のトーレスがなんとか残留を決めた



<シンガポール>
Jリーグがどれだけとんでもないか、この順位表を見れば分かる



<スペイン>
・これだからJリーグが大好きなんだ 🙌


   

【オランダの反応】「日本最高の選手だ」堂安律、1ゴール1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!

堂安律

日本代表MF堂安律の所属するフローニンゲンは2日、ホームで最下位のNACと対戦し、5-2で大勝した。フローニンゲンは2試合ぶりの勝利。堂安はフル出場だった。

 今季最多となる大勝劇に堂安も大きく貢献した。まずは開始6分、右サイドから堂安がゴール前にロングボールを入れると、FWミムン・マヒが左足ダイレクトで合わせる。右クロスを叩いたシュートがそのままゴールネットに収まり、先制点になった。

 前半16分、そして後半11分に失点して逆転を許してしまったフローニンゲンだが、堂安がチームを救う。後半13分、右サイドから崩したフローニンゲンは、クロスボールからの混戦を堂安が蹴り込む。2試合ぶりとなる今季4点目でスコアをタイに戻す。

 さらにフローニンゲンは後半31分に堂安を起点にしたDFデヨファイシオ・ゼーファイクのゴールによって再逆転。同40分には堂安のパスを受けたマヒが、最初のシュートはGKに防がれたが、跳ね返りを押し込んで加点。同45分にはDFサミル・メミシェビッチにダメ押しゴールが生まれた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-07546374-gekisaka-socc

Doan Ritsu goal against NEC 2018

   

【海外の反応】「怪物だ」中島翔哉がゴラッソ!南野拓実はスーパーボレーでゴール!

中島翔哉

ポルトガル・リーグ第11節が2日に行われ、MF中島翔哉の所属する11位ポルティモネンセはホームで14位トンデラと対戦し、3-2で勝利した。3試合連続で先発フル出場した中島は、2-1の前半アディショナルタイム1分に今季5得点目を記録。結果的にこれが決勝ゴールとなり、3戦ぶりの白星に貢献した。

 ポルティモネンセは前半1分、トンデラのファーストチャンスからFWアントニオ・シャビエルに先制点を献上。それでも左サイドの中島を中心に反撃を仕掛けると、その中島が同12分にPA内左で倒され、PKを獲得する。同13分にキッカーのFWパウリーニョが左足でゴール左に蹴り込み、早い時間帯に同点に追いついた。

 前半29分にはMFエベルトンのスルーパスからFWジャクソン・マルティネスが抜け出し、左足で決めて逆転に成功。さらに同アディショナルタイム1分、中島が相手GKのパスをカットした流れからPA内左でボールをもらい直し、左足を思い切り振り抜く。豪快なシュートでニアを破り、10月7日の第7節スポルティング・リスボン戦(4-2)以来、4試合ぶりとなる今季5ゴール目を挙げた。

 2点リードで前半を折り返したポルティモネンセは後半17分にトンデラのFWトマネにネットを揺らされるが、同40分にトマネが2度目の警告で退場し、数的優位に立つ。試合はそのまま3-2でタイムアップ。最終的に中島の3ゴール目が決勝点となり、3試合ぶりに勝ち点3を獲得した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260658-260658-fl

Portimonense [3]-1 Tondela Shoya Nakajima goal

   

GIANT KILLING(54) GIANT KILLING(54)




Ads by amazon
footballista(フットボリスタ) ワールドサッカーダイジェスト 2020年 4/16 号
サッカーダイジェスト 2020年 4/9 号 サッカーマガジン2020年5月号 (J得点王の系譜)
ポジショナルフットボール教典 ペップ・グアルディオラが実践する支配的ゲームモデル ワールドサッカーダイジェスト 2020年 4/2 号 [雑誌]
アオアシ (19) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 4-5月合併号 [雑誌]
最新記事
外国人「日本人サッカー選手で歴代トップ3は誰だと思う?」【海外の反応】
【スペインの反応】「まだだ」久保建英が来季のレアルのスタメン入り!?現地紙予想に異論続出!
【海外の反応】「全盛期のC・ロナウドとロナウド(ブラジル)はどっちが上なの?」
【海外の反応】「ホラー映画みたいだ」サッカー観戦がコロナ感染拡大の原因!?生物爆弾だったと語るベルガモ市長に海外のファンは..
【海外の反応】「信じられない」コロナの影響で移籍金バブル崩壊か!?バイエルン元会長の予想に賛否両論の声!
【海外の反応】「凄すぎる」日本人選手が海外で決めた伝説のゴール集(動画あり)
【海外の反応】「ドイツ、なんて国だ」男前GKノイアー、従業員を助けたいと給与カットも厭わず!海外のファンが称賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR