NO FOOTY NO LIFE

    


【イタリアの反応】「日本人は別格だった」冨安健洋、圧巻のセリエAデビュー!現地サポから称賛続出!

冨安健洋

今夏、セリエAボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋が、25日のリーグ開幕戦、エラス・ヴェローナ戦でデビューを飾った。1-1に終わった敵地での一戦でフル出場。右サイドバックで出場した冨安は、攻守において圧倒的な“数字”を残し、存在感を示した。データ分析会社「オプタ」が伝えている。

 背番号14の冨安は右サイドバックで出場。ボローニャは前半13分、ロングボールにFWリカルド・オルソリーニが抜け出したところで、ペナルティーエリア内でヴェローナのMFパベル・ダヴィドビッチに倒された。このPKをFW二コラ・サンソーネが同15分に決め、ボローニャは先制。だが、同37分に追いつかれ、後半から攻撃のギアを上げた。冨安も物怖じすることなくボールを受けて攻撃に参加。華麗なパスを何度も披露した。

 データ分析会社「オプタ」によると、この試合で冨安はタッチ数116回、パス89本、敵陣パス70本で両チーム最多を記録。また、タッチ数と敵陣パスは、1試合(インテルveUSレッチェ)が未消化ながら開幕節でリーグ最多となっている。また敵陣パス成功率は91.4%で同パスを40本以上記録した選手の中ではリーグベスト。まさに数字でも示した“最高”のデビューとなった。

 日本代表のセンターバックとして森保一監督が信頼を寄せる20歳。右サイドバックにも果敢に挑戦しながら、“守備の国”イタリアでは力強さだけではなく、攻撃センスもより一層磨かれているようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190826-00213099-soccermzw-socc
Tomiyasu vs Hellas Verona serie a debut

冨安健洋のタッチ集

コメント欄などから海外の反応をまとめました

※<>なしがボローニャサポーターの反応です

・冨安がセリエAデビュー戦で本当に印象的なプレーをしている
 足元の技術に自信があり、素早くて新しいリーグで全く心配なくやれている



<ドイツのアビスパ福岡サポ>
❏ハーフタイム:ヴェローナ 1-1 ボローニャ
 冨安の非の打ち所がないパフォーマンス! ✨



<アゼルバイジャンの日本代表サポ>
・冨安がなぜサイドバックなの?



ボローニャの番記者>
◆前半に好印象を受けたのは冨安だ
 足元が上手くて、個性を持っていてフィジカルとスピードがある



 <イタリアの日本代表サポ>
 ◇厳密に言うとこれは彼の本来のポジションではないからね!
  彼はずっとセンターバックをやってきたんだ
  ついに日本が偉大なセンターバックを見つけた(まだ20歳)


   

【スペインの反応】「違い作った」香川真司、移籍後初ゴール!現地サラゴササポが称賛!

香川真司

※追記しました
現地時間8月25日、ラ・リーガ2部の第2節が行なわれ、レアル・サラゴサが敵地で昇格組ポンフェラディーナと戦った。

 今月17日に行なわれたテネリフェとの開幕戦で、好プレーを連発して上々のスペイン・デビューを飾った日本代表MF香川真司は、4-3-1-2のトップ下で先発出場した。

 試合は、ホーム開幕戦での今シーズン初勝利を目指すポンフェラディーナが、序盤から積極果敢なフォアチェックを徹底。それに手を焼いたサラゴサはビルドアップで苦戦し、前線へ仕掛けられない時間が続いた。

 それでも地力に勝るサラゴサが少しずつ敵陣に攻め出ると、香川が起点となってチャンスを創る。16分にはバイタルエリアからアウトサイドにかけた絶妙なスルーパスをニエトに通して、惜しいシュートシーンを演出した。

 しかし、肉弾戦を強いるポンフェラディーナにペースを乱されたうえ、雨脚が強まった影響もあってか、本来のスピーディーな仕掛けが鳴りを潜めたサラゴサは前半終了間際には大ピンチを迎える。

 40分、FKからネットを揺らされたのだが、直後のVARの末に得点者となったバルカルセがオフサイドを取られて、ここは判定が覆り事なきを得た。

迎えた後半も試合は一進一退の攻防が続く。そのなかでシンプルなロングボールを2トップにつけ、前半よりも強引に敵陣へ侵入していったサラゴサだったが、ラストプレーの精彩を欠いて、相手の守備ブロックを突き崩せない。

 そのなかで59分に香川が大仕事をやってのける。右サイドからのクロスをエリア内でコントロールすると右足でシュート。これは相手DFにブロックされるもルーズボールにすぐさま反応して左足でねじ込んだ。

 その後、香川は71分にブランコと交代。ベンチへと下がる際には相手サポーターから痛烈なブーイングを受けていた。

 背番号23の鮮烈な一撃でリードを奪ったサラゴサだったが、試合終盤にポンフェラディーナのパワプレー気味の強引な攻めに押し込まれると、85分にバルカルセに決められて同点とされてしまう。

 そして、試合は1-1のまま、終了。サラゴサは香川の値千金のゴールを勝利に結びつけられずに開幕からの連勝スタートを逃した。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=63322
Real Zaragoza 1-1 SD Ponferradina Shinji Kagawa goal

コメント欄などから海外の反応をまとめました

試合開始から

◆香川がキーパーと1対1になるもシュートがキーパーの正面に
 でも、今のはオフサイドみたいだった
 


◆おお、香川から見事なパスもニエトのフィニッシュは上に
 良い崩しだった



・香川が出すパスはなんて危険なんだ
 ああいうのは決めないといけない



・香川が既に支配しようとしている、なんてパスだ



・香川がボールに触る度に何かが起こる



・うちは内容が良くなり試合に入ってきている



・香川がクオリティーの高さを見せている



・香川がボールを受けるために下がってきて展開することで
 うちがやりやすくなっている、とても良いね


   
アオアシ (22) アオアシ (22)




Ads by amazon
サッカー止める蹴る解剖図鑑 サッカープレーモデルの教科書 個を育て、チームを強くするフレームワークの作り方
GIANT KILLING公式コミックガイド フットボールダイジェスト ETU特集号 ワールドサッカーダイジェスト 2020年 11/19 号
サッカーダイジェスト 2020年 11/26 号 サッカーマガジン2021年1月号 (不屈のチームと選手)
さよなら私のクラマー(13) 組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊
最新記事
【海外の反応】「そんな馬鹿な」南野拓実、プレミア2位の衝撃のスタッツを残していた!?海外のファンが驚愕!
【スペインの反応】「イエスだ」久保建英を1月にレアルに連れ戻すか現地マドリーサポにアンケート!支持した割合は..
【海外の反応】「レアルはハーランドとエンバペ、どっちの獲得を優先すべき?」
【海外の反応】「まじかよ」久保建英、1月にビジャレアルから移籍を希望か!?現地紙の報道に海外のレアルファンから復帰を希望する声!
「久保建英はレアル首脳陣が一番信頼している若手だ」スペイン紙の報道に海外のファンからは賛否両論の声!【海外の反応】
【ベルギーの反応】「止まらない」伊東純也、圧巻の個人技からゴール!1G1Aの大活躍!現地サポから称賛続出!
【海外の反応】「もっと見たい」南野拓実、途中出場のリバプールはレスターに快勝!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR