NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「不可能ではない」久保との共演も!?レアルがハーランドとムバッペを両獲りへ!銀河系軍団構築か

レアル・マドリー

レアル・マドリーが今夏と来夏にまたがる大型補強の計画を立てているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーが獲得を狙う選手は、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランド、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペの2選手の模様。まずハーランドだが、レアル・マドリーはいまだに空いたままとなっている現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めのため、そしてFWカリム・ベンゼマのパートナー及び将来的な後継者として、ノルウェー代表FWに目をつけているとのことだ。

ハーランドの代理人であるミノ・ライオラ氏は、同選手が2021年までドルトムントに残り成長を続けることが得策と語っていたが、しかし19歳FWの精神的な成熟ぶりは目を見張るものがあり、そのため今夏にさらなるステップアップを果たす可能性があるという。『マルカ』によるとドルトムントは、ハーランドの契約解除金を7500万ユーロに設定している。

その一方でレアル・マドリーが常々獲得を目指してきたムバッペについては、来夏に引き入れることを目指す模様。ムバッペは新型コロナウイルスの感染拡大で欧州リーグが活動を停止している現状、中途半端な形でPSG退団を望んでおらず、また今夏にネイマールを放出する可能性があるPSGも二大スターを一度に手放すことに否定的であるという。

しかし2021年夏、レアル・マドリーが念願のムバッペ獲得を実現する可能性は十分にあるとのこと。『マルカ』はその理由として、レアル・マドリーとPSGは良好な関係を維持しており、またムバッペが2022年まで結ぶ契約を延長する意思がないことを挙げている。

ただしハーランドの獲得報道に対しては、ドイツ『ビルト』が反論。同紙は、ドルトムントとハーランドの契約に盛り込まれている契約解除条項が行使可能となるのは「早くとも2022年夏以降」と指摘。ドルトムントが2022年夏までは、ハーランドの現在の市場価値と見られる7200万ユーロを大きく超える金額を求める方針と伝えている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/737f339e7845162877ddfc8ba90e8510fa8fd2ba
Real Madrid aiming very high in the next two summer transfers Haaland then Mbappé

レアル・マドリーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<リバプールサポ>
・まじかよ、これが実現したら他のどのクラブにとってら終わりだ



◆ハーランド、ムバッペ、久保、ハキミ、(レンヌの)カマヴィンガ、
 ポグバ、アザールがレアルで一緒にプレーする?

 ペレス会長は第ニ次銀河系軍団を作ろうとしているのか?
 俺は間違いなく全面的に賛成だ!



 ・実現する可能性は極めて低いが
  実現したら、2020年のことは忘れられるかも



 ◆訂正:あとウーデゴールも!



   ・プリンスを忘れてはいけない



 ・俺ならポグバ獲得に10セントも払わないよ...



 ・第二次銀河系軍団は2009年にうちがロナウド、カカ、
  シャビ・アロンソ、アルベロア、ベンゼマなどを
  同じ移籍市場で獲得した時だ


   

【海外の反応】「嘘でしょ」日本が2022年W杯開催の可能性アリ?開催地変更なら日本かアメリカ!ブラッターFIFA前会長が言及

FIFA

元国際サッカー連盟(FIFA)会長のゼップ・ブラッター氏は、2022年ワールドカップ開催地が変更される可能性があると語った。

先日、2018年と2022年ワールドカップ招致を巡る汚職事件をアメリカのニューヨーク裁判所が告発。それぞれ、ロシアとカタールへの支持が集まるように複数のFIFA幹部が賄賂を受け取っていたとして、多くの幹部が起訴された。2022年のホスト国に立候補するカタールに票が流れるように、すでに死去した元南米サッカー連盟(COMNEBOL)会長ニコラス・レオス氏や元ブラジルサッカー連盟会長リカルド・テイシェイラ氏らに対して賄賂が支払われていたという。

この告発に対して、ロシアとカタールの両国は贈収賄疑惑を否定するものの、FIFAが2022年ワールドカップ開催地を変更する可能性が浮上しているという。そして15日、2015年の汚職事件の際にアメリカ司法当局から捜査対象に挙がり、同年6月に会長職を辞任したブラッター氏は、ドイツ『シュポルト・ビルト』で新たな候補地について言及した。

「ドイツも可能だろう。しかし、そうなれば2018年に次いでヨーロッパで続けて行われることになる。だから、ヨーロッパはファーストチョイスではない。2026年の代わりにアメリカ開催することも可能だ。彼らならできるはずだ」

「そして、日本だって可能だろう。彼らは2022年ワールドカップ開催国に立候補していた。幸い、2022年大会は32チームで行われるから、組織的な労力も2018年大会より大きくはならない」

アメリカは、隣国カナダとメキシコの3カ国共同で2026年大会のホスト国に決まっている。そのため、仮に2022年に繰り上げられた場合、再び新たな候補地を決めることになるようだ。一方の日本は、2020年オリンピックが新型コロナウイルスの影響で1年間先送りとなり、連続して国際的なイベントを開催できるかは不透明だ。

なお、大会まで残り2年となった段階で開催地を変更するには、スタジアムといったインフラ面などさまざまな課題があり、実現できるかは定かではない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/910123de96d399d0da0c2a83724db07ec6dc2b62
Former FIFA president Sepp Blatter suggested the 2022 World Cup could be moved to US or japan

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<フランクフルトサポ>
・嘘でしょ



・なぜカタールが開催権を失うんだ?



<カナダ>
アメリカはカナダとメキシコと共に2026年に
 ワールドカップを開催することが決まっているぞ



・何だって 🤔 カタールが開催権を失うところなのか?
 もしアメリカが2022年に開催したら、また2026年も開催するのか?



<リーベルサポ>
・理想を言えば2022ワールドカップは中国が開催すべきなんだよ
 (コロナウイルスの前)中国には既にスタジアムや
 交通機関が整った都市があるからな



<イギリス>
カタールが無駄にスタジアムを建設したことを想像してくれ 😬


   
GIANT KILLING(57) GIANT KILLING(57)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2021年 1/28 号 中村憲剛引退記念本 (18シーズンを完全網羅)
2020 Jリーグ総集編 2021年 2/8 号 エル・ゴラッソ イヤーブック 2020 J1 ・ J2 リーグ シーズンレビュー (エルゴラッソ)
Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2020 (エルゴラッソ) NumberPLUS「永久保存版 ディエゴ・マラドーナ」
DAYS(41) (講談社コミックス) ブルーロック(12) (講談社コミックス)
最新記事
【海外の反応】「悲しい」日本政府、東京五輪中止が必要と非公式に結論!英タイムズ紙の衝撃報道に外国人は落胆..
【海外の反応】「なんだコレ」武藤嘉紀、アトレティコからPK獲得..GKドミトロビッチが決めて海外のファンが驚愕!
外国人「市場価値が爆上がりするぞ」鈴木優磨、2戦連続2ゴール!得点ランク3位に浮上!現地サポが絶賛!【海外の反応】
【ドイツの反応】「怪物だ」堂安律、今季3ゴール目!3得点に絡む大活躍で現地サポが絶賛!
【スペインの反応】「もの凄いわ」久保建英、驚異的な技術でウエスカを翻弄!攻守で存在感!現地サポから称賛続出!
【海外の反応】「日本の新たな宝だ」三笘薫のプレー動画を見た海外のファンが絶賛!
スペイン人記者「日本人があんなにも..」柴崎岳、怒りをあらわに!ボールを蹴り上げ警告を受ける..現地サポからもレフリーに怒りの声!【【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR