NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「無礼だ」遠藤航同僚が挑発プレーでゴール!相手FWが激怒!賛否両論の声!前転スローインから衝撃ゴール!

スーパーゴール/動画

6日、ブンデスリーガ第10節ブレーメンvsシュツットガルトの一戦が行われ、1-2でシュツットガルトが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は80分までプレーし、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場していた。

問題となったのは、0-1とシュツットガルトのリードで迎えた後半アディショナルタイムだった。ブレーメンDFエメル・トプラクのバックパスが中途半端になったところを、シュツットガルトのFWサリス・ワマンギトゥカが奪い、後は無人のゴールに流し込むだけという場面になった。

しかし、ワマンギトゥカはあえてスピードを落とすと、相手GKイリ・パブレンカの様子を伺いながらボールを止める。パブレンカが追いかけ、ボールに追いつく手前でワマンギトゥカがゴールに蹴り込んだ。

このプレーには、ブレーメンFWダビー・ゼルケも激怒してワマンギトゥカに詰め寄り、主審からはワマンギトゥカにイエローカードが提示されていた。

ワマンギトゥカは試合後に自身のインスタグラムを更新。「僕はすべての試合で対戦相手を尊重している。2つ目のゴールは、この重要なゲームでチームのために時間を稼ぎたいと思ってやったことだ。ブレーメンゴールキーパーと相手のためにやったことではない」と釈明。プレーに煽る意図はなく、あくまで勝利のために取った手段だと主張している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0660fa7ac52910086823eb442e24535e6e85b9f1
Davie Selke lashes out at Silas Wamangituka’s unsportsmanlike conduct

サリス・ワマンギトゥカの挑発プレー動画

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・これは本当に無礼だ



ブレーメンサポ>
・俺が見てきた中でも一番汚い選手だわ



<ヘルタ・ベルリンサポ>
・彼がおちょくっているよ 笑



 ・究極の時間稼ぎだ



   <ザルツブルクサポ>
   ・罰を受けない時間稼ぎだ。インプレー中だしね、良すぎるわ。


   

外国人「スポーツに政治を持ち込むな」黒人差別に抗議する膝つきポーズにファンがブーイング!賛否両論の声!【海外の反応】

プレミアリーグ/イングランド

イギリス環境・食糧・農村地域省のジョージ・ユースティス大臣が、5日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第16節ミルウォール対ダービー・カウンティ戦での出来事に言及した。6日、イギリス紙『ガーディアン』が伝えた。

 イングランドのプロリーグでは6月のリーグ再開以降、5月にアメリカで黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警察官に頸部を圧迫され亡くなった事件を受け広がりを見せた「Black Lives Matter」運動に賛同し、キックオフ前に人種差別に反対の意思を示す片ひざ立ちのポーズを取っている。だが、新型コロナウイルスによる中断後から約9カ月ぶりに本拠地『ザ・デン』へ集まったミルウォールのサポーターは、選手たちの“テイク・ア・ニー”が始まった瞬間に猛烈なブーイングを浴びせた。

ミルウォールのサポーターは以前から暴力行為や人種差別的なチャントなどで物議を醸してきたが、今回の“事件”も大きな波紋を呼ぶことになる。ネット上でブーイングへの非難が相次ぐ中、イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)やイングランドサッカー協会(FA)は、「反人種差別的な活動に対して能動的な批判を行う観客の振る舞いを非難する」との公式声明を発表した。

 キックオフ前に片ひざ立ちをせず、一人だけ立って拳を高く突き上げていたダービーのFWコリン・カジム・リチャーズは、自身の公式Twitterで『ザ・デン』の観客を非難。「何度でも言うよ。僕は誇りを持って立っているんだ」とキックオフ前のポーズが持つ意味を主張し、ブーイングを「絶対的な恥」と表現した。また、同クラブの暫定監督を務めるウェイン・ルーニーも「誰もその行動を容認しない」とブーイングに否定的な立場を取った。

 一方、「Black Lives Matter」については運動が広がった当初の理念が失われているとの指摘もなされており、片ひざ立ちポーズへのブーイングを支持する声があるのも事実。ユースティス大臣は「過去のサッカーの人種差別には明らかな問題があり、差別に対して挑むのは正しいことだ」と語りつつ、「私の個人的な見解としては、BLMは実際のところ、平等を支持する私たちのほとんどが信じているものとは異なる政治運動だ。これにどう向き合うかは、個人が自由に選択できる。(ミルウォールのサポーターがブーイングという)特定の手段で自らの意見を示すことを選んだのなら、それは常に尊重されるべきだ」とブーイングに一定の理解を示した。

 ミルウォールのギャリー・ローウェット監督は試合後、「選手たちは(BLMについて)政治的な側面は支持しないと言っているものの、差別に反対する側面は支持している」とコメントし、選手と観客の思惑が同じことではないと強調。また、ミルウォールも6日にクラブ公式サイトを通じて、次のような公式声明を発表している。

「ここ数カ月、サポーターの復帰に備えてたゆまぬ努力をしてきましたが、ポジティブでエキサイティングであったはずの場面は完全に影が薄くなりました。それらの努力に貢献した人々の間には、計り知れない失望と動揺が広がっています。この事件の影響は選手は経営陣だけでなく、ミルウォールの評判を高めるため日々熱心に取り組むクラブやコミュニティトラストのスタッフ・ボランティアにも及んでいます。今後数日間、クラブ、アカデミー、コミュニティトラストのスタッフは、Kick It Out(※反差別のNGO団体)などの団体と話し合い、短期的および長期的な解決策を模索します」
https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20201206/1150805.html
Millwall booing the knee

ミルウォールサポーターのブーイング動画

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<オランダ>
・最低のファンだな、追放しろ



<リバプールサポ>
・恥ずべきだ、でも(ミルウォールのサポーターだから)驚かないわ



 <イングランド>
 ・マルクス主義者の運動にまだ膝をついて参加してることが衝撃的だね



<ロンドン>
・人種差別の過去がある(ミルウォールの)ファンだから、予想できたことだ。



<リーズ>
・いいね。これをあまりに長くやり過ぎている。スポーツに政治を持ち込むべきではない。


   
イニエスタ・ジャパン! 日本に学んだ 人生で大切なこと イニエスタ・ジャパン! 日本に学んだ 人生で大切なこと




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2022年 1/27 号 第100回全国高校サッカー選手権決算号(サッカーマガジン増刊
ブルーロック(17) BE BLUES!~青になれ~ (46)
ワールドサッカーダイジェスト 2022年 1/20 号 Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2021 (エルゴラッソ)
アオアシ (26) GIANT KILLING(59)
最新記事
【ベルギーの反応】「バケモンだ」伊東純也、1ゴール1アシスト1PK奪取の大活躍!現地サポが絶賛!
【ドイツの反応】「恐ろしい」奥川雅也、圧巻の4戦連続ゴール!現地サポから称賛続出!
【海外の反応】「アンチは黙れよ」南野拓実、バースデーゴール!現地サポが称賛!
【ドイツの反応】「日本のロナウジーニョだ」鎌田大地、超絶ゴール!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「連れ戻せ」久保建英、鮮烈FKゴールを海外のレアルファンが絶賛!
【スペインの反応】「天才だ」久保建英、圧巻ゴール!直接FKを叩き込む!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「売り物ではない」冨安健洋がバルセロナへ移籍!?デマ情報に踊らされる海外のファン!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

世界一カンタンな自信のつけ方

【PS4】ELDEN RING (【予約特典】アドベンチャーガイド&マップポスター・ジェスチャー「リングのポーズ」 同梱)
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR