NO FOOTY NO LIFE

    


外国人「日本は違うと思ってた」Jリーグがプレミア化!?最上位リーグ新設、外国人枠撤廃など検討に海外のJリーグファンから反対の声噴出!【海外の反応】

Jリーグ

Jリーグが4月1日付で抜本的な改革を検討する「リプランニング推進サポートチーム」をたち上げることが29日、関係者の話で分かった。木村正明専務理事(53)が中心となり、外部からも有識者を招いて、J1の上位にあたるプレミアリーグの創設、外国籍選手枠の撤廃、J参入の緩和策などを本格的に検討する。村井満チェアマン(61)の任期満了となる来年度までに方向性を示す。

 関係者によると、同チームはリーグ、クラブの将来を見据え、既存のルールや形にとらわれない改革案を検討する場になるという。目玉の一つがプレミアリーグ構想で、J1の上位にあたる新リーグを新設。参加クラブをJ1の18クラブ(今季はコロナ禍で20クラブ)から、10~14程度に減らす案だ。頭打ちが懸念されるリーグとクラブの経営規模を拡大する案として注目している。

 現在はJリーグが試合の放映権を一括管理し、契約金を各クラブに配分する。配分金は同じカテゴリー内均一で、人気クラブとそうでないクラブの格差が生まれにくい。共存共栄の方針で運営してきたが、Jリーグは来年で30周年を迎え、競争へと舵(かじ)を切っていく方針。プレミア構想では、クラブが独自に放映権を管理する案なども検討される見通しだ。

 助っ人枠の撤廃、東京都区内のJクラブ誕生へ向けたJ参入緩和策など、現行のルールを超えた議論が交わされる。今後の30年を見据え、Jリーグが大きく変わる可能性がある。

 ◆Jリーグの外国籍選手登録 外国籍選手の登録制限はなし。J1では試合時、ベンチ入り可能および同時出場は最大5人。J2、3は同4人。Jリーグと提携するタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール国籍の選手は、外国籍選手としてカウントされない。

 ◆放映権 コロナ禍前の2018~19年シーズン、イングランド・プレミアリーグの放映権は高騰した。同シーズンの放映権収入1位はリバプールの約200億円。2位がマンチェスターCの約199憶円、3位がチェルシーの約191億円。Jリーグは、「DAZN(ダゾーン)」と17年から10年契約総額約2100億円の契約を締結。現在は、J1各クラブに3億5000万円、J2クラブには1億5000万円、J3には3000万円が、それぞれ配分金として支給されている。
https://hochi.news/articles/20210330-OHT1T50003.html
J league 2021 season

海外のJリーグファンの反応をまとめました

<パリ>
・お願いだからやめてください!!!



<フランス>
・気に入らねえ



<ロンドン>
❐クラブ数10~14で外国人枠撤廃して日本の"プレミアリーグ"。トップクラブは相当な収入をあげるかもしれないが、日本サッカーの核心部分を壊すと思う。



 <スペイン>
 ・これが実現する可能性はどのぐらい(何パーセント)?



   <ロンドン>
   ❐すぐに実現するとは思わないが、最終的には実現すると思う


   

【海外の反応】「東京五輪日本代表のオーバーエイジ3枠は誰にすべきだと思う?」

日本代表

東京五輪に開催国枠で出場するサッカーU―24日本代表のオーバーエージ(OA)枠に、日本代表主将のDF吉田麻也(32=サンプドリア)が最有力候補に挙がっていることが31日、分かった。25日の親善試合・韓国戦、30日のW杯アジア2次予選モンゴル戦は精神的支柱としてけん引。東京五輪代表を兼任する森保一監督(52)の信頼も厚く、招集されれば12年ロンドン五輪に続く2度目のOA枠での出場となる。

 東京五輪で金メダル獲得を目指すU―24日本代表に強力な“助っ人”だ。A代表の主将を務める吉田は25日の韓国戦では「Jリーグの1・5倍(の力)で戦え」と若手を鼓舞。国内組で初招集された選手が多い中、先頭に立って日の丸を背負う覚悟を示すなど、その強いリーダーシップは関係者から高く評価されている。

 複数の関係者によれば、27日にJFA夢フィールド(千葉)で行われたU―24日本代表の練習を吉田が視察する予定だったという。当日は午前からU―24日本代表が、午後からA代表が同施設で練習する予定だった。スケジュールの都合で実現こそしなかったが、吉田のOA枠での招集はすでに水面下で動いている。

 3月シリーズでは東京五輪世代でただ一人、A代表に招集されたDF冨安健洋(22=ボローニャ)とセンターバックでコンビを組み、2試合連続の完封勝利に大きく貢献した。すでに“A代表コンビ”の関係性が築かれているだけに、最終ラインでの連係面の問題もない。東京五輪代表と兼任する森保監督も全幅の信頼を置いている。

 最大3のOA枠には吉田のほかに、FW大迫勇也(30=ブレーメン)、MF遠藤航(28=シュツットガルト)が有力視されている。モンゴル戦でハットトリックを決めた大迫は得点力、遠藤はボール奪取力でともに日本代表の生命線を担う。前線、中盤、そして最終ラインでA代表の屋台骨を支えてきた3人が加われば、初の金メダル獲得へ期待も高まる。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2021/04/01/kiji/20210401s00002014165000c.html
Which players will be the over age U24 Japan SamuraiBlue additions

海外の日本サッカーファンの反応をまとめました

・問題はオーバーエイジを誰をすべきかだ。俺ならフォワード、セントラル・ミッドフィルダーを連れて行くね。最後の枠は控えセンターバックか控えキーパーにするかも。センターバックの方が好ましいが、瀬古は既に堅実な3番手のセンターバックだからな。



<ブラジル>
■俺ならU24代表の穴を埋められる選手をオーバーエイジに選ぶね。守備的MFと左サイドバックのポジションだ。なので俺なら遠藤航と長友を選ぶ。あと必要な時に戦術変更するために控えのオプションとして大迫も。
 
 オーバーエイジのキーパーを招集する必要はないと思う。日本には既に堅実なGKのオプションが4人いるから(沖、谷、大迫、中野小次郎)



◆大迫がオーバーエイジの当確者だと思っていたが、最近の彼の状態は憂慮すべきかも。オーバーエイジの枠は、たぶん吉田と酒井(宏樹)、最近の調子を考えたら鎌田/鈴木優磨/守田英正なども検討されるかも。



 <ポーランド>
 ・鈴木優磨と森保監督の間にあったことを考えたら、彼は構想に入らないと思う ;)


   
FIFA 23【予約特典】- PS5 FIFA 23【予約特典】- PS5




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2022年 8/25 号 ワールドサッカーダイジェスト 2022年 8/18 号
SOCCER KING (サッカーキング) 2022年 9月号 プレミアリーグ開幕ガイド 2022-23
GIANT KILLING(61) ブルーロック(20)
BE BLUES!~青になれ~ (48) アオアシ (28)
最新記事
【海外の反応】「Jリーグが改善すべき点は何だと思う?」
【海外の反応】「日本は正しかった」ハリルホジッチ監督、3度目のW杯直前解任が正式決定!海外のファンから賛否両論の声!
【海外の反応】「上手すぎる」鎌田大地、レアル相手に堂々たるプレー!海外のファンから称賛続出!CL王者マドリーが欧州スーパー杯制覇!
【海外の反応】「格好いい」トヨタがイタリア名門クラブの胸スポンサーに?海外のファンから期待の声!
【海外の反応】「ぼったくりだ」ビール1240円!コーラ735円!英国クラブの高すぎる価格設定に批判が噴出!
ベルギー人「日本人向けの保護施設みたいだ」岡崎慎司が香川真司と再会!?シント・トロイデンの練習参加へ!現地サポは困惑..【海外の反応】
【海外の反応】「異常だ」鹿島、ヴァイラー監督電撃解任に海外の日本ファンが騒然!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

地球の歩き方 JOJO ジョジョの奇妙な冒険

FIFA 23【予約特典】- PS4

deartech(ディアテック) カウンセリング プレシャンプー
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR