NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「負けた気分だ」ドルトムント、痛恨PK献上で連勝が6でストップ

ドルトムント

ブンデスリーガは27日に第9節が行われ、ドルトムントヘルタ・ベルリンと対戦した。

今季開幕から公式戦12試合で10勝2分、未だ無敗を維持するドルトムント。さらに直近6試合で26ゴールと、攻撃陣が大爆発中。最高の状態で本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに、今季リーグ戦で王者バイエルンに勝利しているヘルタを迎えた。

先日のアトレティコ・マドリー戦(4-0)に続き、この試合でもゲッツェが最前線に。2列目はサンチョ、ロイス、ゲレイロが入った。なお、香川真司はベンチ外となっている。

立ち上がりから攻勢に出るドルトムントは、4分に連携からエリア内にロイスが飛び出しシュート。GKにブロックされたが、こぼれ球をサンチョが叩くなど、決定機を作っていく。16分には、サイドチェンジからハキミがミドルシュート。相手に当たって枠のわずか右に逸れていった。

主導権を握るドルトムントは、18分にネットを揺らす。ダフードがエリア内でパスコースを作ってロイスに送ると、最後はサンチョがおしゃれにヒールで流し込んだ。しかし、これはロイスの位置がオフサイドだったとして無効になった。

それでも緊張の糸が切れないドルトムントは、27分に今度こそ先制に成功する。自陣からのビルドアップで左に展開すると、飛び出したゲッツェがエリア内でGKをひきつけてラストパス。これをサンチョが押し込んだ。良い流れのまま、ホームチームが先手を取る。

ドルトムントが主導権を握る中で試合は進んでいったが、ヘルタは39分にドゥダのミドルで相手ゴールを脅かすと、41分に追いつく。ドルトムントのサイドチェンジをカットすると、カウンターを発動。左サイドのミッテルシュタットがパスを送ると、走り込んでいたカルーがトラップからネットを揺らした。試合は振り出しに戻る。前半は1-1で折り返した。

後半は互いにゴール前に迫る展開が続く。55分にはエリア内でロイスが倒されたと思われたが、ビデオ判定の結果ボックス外の判定でFKに。ロイスが直接ねらったが、枠の上に外れた。続く57分には、ヴィッツェルがドリブルで運んでハキミにパスを送ったが、シュートが枠をとらえない。

すると60分、ドルトムントは勝ち越しに成功。左サイドのワンツーでエリア手前に侵入したハキミが、ロイスにパスを送る。背番号11は触りきれなかったが、走り込んでいたサンチョ押し込んだ。

この日2ゴールを挙げたサンチョは、71分にお役御免に。プリシッチと交代した。ピッチに下がる際には、スタンドのファンはスタンディングオベーションで迎えている。攻め続けるドルトムントは、79分にゲレイロがGKとの一対一を迎える。ここはストップされた。

終盤にエリア内でヘディングを許したが、GKビュルキがファインセーブ。その後FKで飛び出したビュルキが触りきれず、ゴールは無人となったが、カルーのシュートはディアロが顔面でブロックした。

しかし、ドルトムントは90分にPKを献上。ザカドゥがゼルケを倒してしまう。キッカーのカルーは冷静にネットを揺らした。

結局試合はこのまま終了。2-2の引き分けに終わった。

この結果、ドルトムントの公式戦の連勝は「6」でストップ。決定機は数多くあったが、手痛い引き分けとなっている。なお、直近の7試合でのゴール数は28ゴールとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000026-goal-socc

Borussia Dortmund 2-2 Hertha BSC 2018

   

【海外の反応】「これは凄い」香川欠場のドルトムント、パコのハットトリックで劇的逆転勝利!

ドルトムント

※少し追記しました
ブンデスリーガ第7節が6日に行われ、首位のドルトムントはホームにアウクスブルクを迎えた。香川真司はケガで欠場している。

ミッドウィークにチャンピオンズリーグを戦ったドルトムントはパコ・アルカセル、マフムード・ダフード、ウカシュ・ピシュチェクなどがベンチスタートとなった。右サイドのジェイドン・サンチョの仕掛けを中心にチャンスを作り、14分にはマルコ・ロイスが折り返しをフリーで狙う。しかし、右足のシュートは枠を捉えられず、決定機を逃す。

すると22分、セットプレーからアウクスブルクが先制する。左サイドからのFKを得ると、フィリップ・マックスが左足で中央へと送り込む。中央で一瞬ルーズとなったボールに素早く反応したのはアルフレッド・フィンボガソン。左足でGKロマン・ビュルキの股間を抜き、先制点を奪う。

後半までアウクスブルクのタイトな守備が続き、ドルトムントの選手たちは苛立ちを溜めていく。それでも59分にパコ・アルカセルが投入されると、3分後にいきなり結果を残す。中盤でアクセル・ヴィツェルが拾うと、右サイドのサンチョへスルーパス。これをダイレクトで折り返すと、中でフリーのパコ・アルカセルが流し込み、同点弾を挙げる。アルカセルはドルトムントで出場した公式戦4試合でいずれもゴールを記録している。

同点となったことで、試合はよりオープンに。両チームにチャンスが訪れながら、決めきれない時間が続く。その展開に終止符を打ったのはアウクスブルク。71分、右サイドからのクロスがファーまで流れると、マックスが左足で押し込み、再びリードを奪う。

なんとか追いつきたいドルトムントはマリオ・ゲッツェを投入すると、直後にスコアが動く。80分、ラファエル・ゲレイロがFKからロブパスで壁を越すと、合わせたのはパコ・アルカセル。ゴール右からの角度のないところからニアサイドを抜き、再び試合はタイスコアに。

さらに84分には、右サイドからハキミのパスに斜めに動き出したゲッツェがキーパーとの1対1を制し、ついにドルトムントがリードを奪う。しかし、試合はこのままでは終らない。87分、マックスのコーナーキックにグレゴリッシュが合わせ、3-3に。

最後の最後にドラマが待っていた。アディショナルタイム、FKを得たドルトムント。キッカーは絶好調パコ・アルカセル。ゴール右から狙ったシュートは壁の上を超えてゴール右へ吸い込まれ、決勝点となった。ドルトムントは開幕からの無敗を続け、大きな勝ち点3を獲得している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010000-goal-socc

Paco Alcácer freekick goal Dortmund 4-3 Augsburg

   

【ドイツの反応】「早く良くなって」香川負傷欠場..ドルトムントはモナコに快勝!

ドルトムント

※追記しました
現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節、ボルシア・ドルトムントモナコはホームのドルトムントが3-0で勝利した。ドルトムントに所属するMF香川真司はベンチ外だった。

 ホームの大歓声を背にしてCLホーム開幕戦を迎えたドルトムントは試合を優位に運ぶが33分と39分のチャンスをものに出来ず。一方のモナコも17分にティーレマンスがフリーでミドルシュートを打つもドルトムントGKビュルキの好セーブもありこちらも得点を挙げられない。

 無得点が続く中で迎えた51分、後半から出場したブルン・ラーセンがサンチョのスルーパスをペナルティーエリア内で受けワントラップから右足でシュート、これが決まりドルトムントが先制する。勢いに乗ったドルトムントは69分にロイスが得たPKのチャンスをアルカセルが外してしまうが、直後の72分にゴール前でロイスのパスを受けたアルカセルがGKを交わし落ち着いて決めリードを広げる。

 リードを広げたドルトムントは終了間際にロイスがダメ押し点を挙げる一方でモナコ攻撃陣を無失点に抑え3-0で快勝した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00291696-footballc-socc

Borussia Dortmund 3 - 0 AS Monaco UEFA Champions League

   

【海外の反応】「信じられない!」香川ベンチ外のドルトムント、2点差からの逆転勝利で首位浮上!

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガ第6節が29日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでレヴァークーゼンに4-2で2連勝を飾った。香川は公式戦4試合ぶりにベンチ外だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00840065-soccerk-socc

Bayer Leverkusen 2 - 4 Borussia Dortmund 2018

   

【海外の反応】「現実とは思えない」香川途中出場のドルトムント、圧巻の7ゴールでニュルンベルクに大勝!

ドルトムント

※追記しました
ドルトムントは、ホームでニュルンベルクに7-0と大勝を収めた。

前節ホッフェンハイムになんとか追いつき、1-1のドローで終えたドルトムント。勝利が欲しいホームでの一戦では、香川真司はベンチからのスタートとなった。対する今季初勝利をねらうニュルンベルクでは、久保裕也が5試合連続の先発出場を果たした。

試合は、立ち上がりからドルトムントが圧倒。9分にラーセンが先制点を奪うと、これを皮切りに圧巻のゴールショーを披露。ロイスの2ゴールハキミ、アカンジ、サンチョ、ヴァイグルと6人で大量7ゴールを奪い、ホームで大勝を収めた。なお、香川は62分に途中出場、久保はフル出場を果たしている。

フランクフルトは、敵地でボルシアMGに1-3と敗戦。長谷部誠がフル出場した一戦では、後半に2点をリードされる苦しい展開に。74分にレビッチのゴールで1点差に詰め寄るものの、85分に3失点目を喫し、万事休す。リーグ戦4試合未勝利となった。

その他、フォルトゥナ・デュッセルドルフはホームでレバークーゼンに1-2と敗戦。宇佐美貴史は74分に途中出場し、今季初出場を果たしている。ライプツィヒはホームでシュトゥットガルトに2-0と勝利。マインツとヴォルフスブルクは0-0のスコアレスドローに終わった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000026-goal-socc

Dortmund 7-0 Nürnberg 2018

   

SOCCER KING (サッカーキング) 2019年 05月号 SOCCER KING (サッカーキング) 2019年 05月号




Ads by amazon
GIANT KILLING(51) (モーニング KC) アナリシス・アイ (小学館新書)
月刊サッカーマガジン 2019年 06 月号 特集:令和元年 Jの明星 ーいま見るべきヤングガンズー [特別付録:オリジナルFOOTISTAシリアルコード WCCF FOOTISTA 2019] サッカーダイジェスト 2019年 4/25 号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2019年 5/2 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2019年5月号
フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢 内田篤人 悲痛と希望の3144日
最新記事
【海外の反応】「本当に強い」サンフレッチェ広島、韓国の大邱に連勝!F組首位浮上!
【フランスの反応】「日本人が来たら素敵だ」久保建英争奪戦にPSGが参入!?フランス人の反応は?
【海外の反応】香川真司先発のベシクタシュ、劇的ゴールでシバスに勝利!
【スペインの反応】「頼りになる」柴崎岳、2ゴールに絡む活躍!現地サポが称賛!
【オランダの反応】「日本は成長している」サガン鳥栖U17、名門アヤックスU17に完勝!衝撃を受ける現地サポーター
【海外の反応】「驚異的だ」長友佑都、待望の移籍後初ゴール!現地サポから称賛続出!
【海外の反応】「アジア人への差別は酷い」韓国代表ソン、イングランドで差別を受けてきたと激白し話題に..
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

龍が如く5 夢、叶えし者 【同梱特典】『龍が如く5 夢、叶えし者』オリジナルサウンドトラックのプロダクトコード 同梱 - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR